四葉きゅうり(すうようキュウリ)今では懐かしい昔の胡瓜を実食レビュー

今ではなかなか見かけない昔のキュウリ「四葉きゅうり」をもらいました。トゲ(イボ)が多い四川キュウリの先祖にあたる胡瓜で、昔よく売られていたのはこの品種です。「四葉」と書いて「すうよう」と読むように元は中国が原産で、戦時中に日本に輸入されて広まりました。

では、この昔はよく見た「四葉きゅうり」は、なぜ今は売られなくなったのでしょうか。

広告

今ではなかなか見かけない「四葉きゅうり」


今ではなかなか見かけない「四葉きゅうり」

今ではなかなか見かけない「四葉きゅうり」

今回紹介する「京都の野菜」は、四葉きゅうり(すうようキュウリ)です。

といっても京都だけのものでなく、昔はよく売られていた懐かしいキュウリで、今では見かけることがない野菜です。

特徴的なのは表面の「トゲ(イボ)」

そういえば、昔のキュウリってトゲトゲが多くて、それを手のひらで擦って取ってから食べたりしたものです。

四葉きゅうり のトゲ


四葉きゅうり のトゲ

四葉きゅうり のトゲ

上の写真が「四葉きゅうり」のトゲ(イボ)です。

表面に白い点が見えますが、この部分が「トゲ(イボ)」になります。

白いのは「ブルーム」という脂質で、野菜や果物は自分を守るために表面に「ブルーム」を出して水分の蒸発や病原菌の侵入を防ぐのです。

そのため、このブルームがあることが新鮮な証拠と言えるのです。

話はそれましたが、トゲ(イボ)があるキュウリは今では敬遠されてしまっています。

なぜなら、出荷で移送される間にトゲ(イボ)が取れてしまって、そこから水分が蒸発したり、野菜が腐り始めたりするので「トゲ(イボ)」の存在が敬遠されてしまったからです。

四葉きゅうり はバリバリした食感が特徴


四葉きゅうり どんな味がするのでしょうか

四葉きゅうり どんな味がするのでしょうか

では「四葉きゅうり」は、今のキュウリと比較してどんな味や食感がするのでしょうか。

最近のキュウリはパキッと折れ、シャキシャキとかポキポキとした食感が特徴です。

この「四葉きゅうり」は、やや繊維質ですぐには折れず、バキバキとした食感が特徴のキュウリでした。

キュウリ臭さはあまりなく、新鮮だからか水分が多く、ほんのり甘味があります。

ですが食べているうちに、やや苦味を感じるキュウリで、昔のキュウリはこんなんだったなぁと思いながら食べました。

四葉きゅうり まとめ


四葉系はトゲ(イボ)が少し多めで中国産の四川胡瓜に似ています

四葉系はトゲ(イボ)が少し多めで中国産の四川胡瓜に似ています

四葉系はトゲ(イボ)が多めなのが特徴です。

見た目はイボの多い「四川きゅうり」に似ていますが、「四川きゅうり」は「四葉きゅうり」を品種改良したものです。

最近のキュウリはトゲ(イボ)が少ない品種が好まれており、最近は見かけることがない幻の胡瓜と言えるでしょう。

・昔よく売られていたキュウリ
・トゲ(イボ)が多い
・繊維質でバリバリした食感
・やや苦味がある

「四葉きゅうり」は中国が原産で、戦時中に韓国経由で日本に輸入されてきたそうです。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。