肉弁当が500円!堀川紫明にある「牛京(ごきょう)」は地元民御用達の弁当屋さん

京都の美味くて安い焼肉弁当のお店を紹介します。肉弁当が500円!堀川紫明にある「牛京(ごきょう)」さんで、地元民御用達の弁当屋です。日替わりで肉弁当が500円で買えるというお得なお店、それでいて牛肉専門店なので美味しいというお店なのです。

肉弁当が500円!堀川紫明にある「牛京(ごきょう)」は地元民御用達の弁当屋さん


牛タン丼弁当、これおいくらか分かりますか?

牛タン丼弁当、これおいくらか分かりますか?

夏になると食べたくなるのが・・・・

肉!

スタミナの源、夏の暑さによる疲れも肉さえあれば乗り切れるというものです。

だけど、この肉・・・・

お高い

安い肉もあるけど美味しくないし、安くて美味しい肉が食べられる店ってないのかと思う方も多いことでしょう。

地元民が弁当を買い求め集まる店が堀川紫明にある「牛京(ごきょう)」

地元民が弁当を買い求め集まる店が堀川紫明にある「牛京(ごきょう)」

実はあります。

安くて美味い肉が食べられるお店が京都の北大路・堀川紫明にあるのです。

それが・・・・

牛京(ごきょう)

さんです。

牛京(ごきょう)で牛タン丼弁当をテークアウト!値段は500円!


牛京(ごきょう)で売られている肉弁当の数々

牛京(ごきょう)で売られている肉弁当の数々

この「牛京(ごきょう)」さん、11時になる前から周辺に住む住民の皆さんが集まってきてはお弁当を買って行くという地元民御用達のお弁当屋さんなのです。

メニューは7種類ほどあるのですが、すべて炭火で焼いたお肉のお弁当です。

さらに、このお弁当は800円から1000円で販売されているのですが、曜日によって各種お弁当が500円~800円に値下げ販売されているのです。

日替わりで安くなる肉弁当はこちら!

日替わりで安くなる肉弁当はこちら!

炭火焼特上サーロインステーキ丼 1000円(月曜日は800円)
炭火焼カルビ丼 800円(火曜日は500円)
炭火焼白ホルモン丼 800円(水曜日は500円)
炭火焼赤ホルモン丼 800円(木曜日は500円)
炭火焼和牛ヒレサイコロステーキ丼 1000円(金曜日は800円)
炭火焼牛タン丼 土曜日に500円で販売
炭火焼牛ハラミ丼 800円(日曜日は500円)
土曜日は牛タン丼が500円!

土曜日は牛タン丼が500円!

土曜日は牛タン丼が500円なので、もちろんそれを購入しました。

塩ダレにレモン、牛タンの量も多くて500円とは思えない内容のお弁当です。

お肉も良いものなので美味しい牛タン丼なのです

お肉も良いものなので美味しい牛タン丼なのです

安くてもお肉専門店のお弁当なので肉も良いものです。

日曜日は「ハラミ丼」が500円

日曜日は「ハラミ丼」が500円

ちなみに、日曜日は「ハラミ丼」が500円

これはもう買いに行くしかないですね。

牛京(ごきょう)営業情報


牛京(ごきょう)は堀川紫明西入ル北側です

牛京(ごきょう)は堀川紫明西入ル北側です

では、このお得で美味いお肉弁当が食べられる「牛京(ごきょう)」さんはどこにあるのでしょうか。

場所は堀川紫明西入ル北側です。

こちらの店舗が本店で「牛京 西陣本店」と言い、お弁当のテークアウト販売はこちらの店舗で行われています。

お弁当販売は10時頃から、10時30分からは先着でコロッケがもらえるそうです。

〒603-8158 京都府京都市北区紫野宮西町3−3(地図
営業時間:10時~15時(売り切れまで)
定休日:不定休


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。