天丼 元亀 @京都・一乗寺 デカ盛り海鮮かき揚げ丼【新型コロナ対策・天丼のテークアウト】

新型コロナウイルス対策でテークアウトばかりしているのですが、ちょっと面白いテークアウトがないかと思って「デカ盛りテークアウト」をしてきました。お店は京都・一乗寺の「天丼 元亀」さん、こちらデカ盛りの天ぷら屋さんですが「テークアウト対応店」なのです。

新型コロナウイルス対策で、デカ盛り海鮮かき揚げ丼をテークアウト


新型コロナウイルス対策で、デカ盛り海鮮かき揚げ丼をテークアウト!

新型コロナウイルス対策で、デカ盛り海鮮かき揚げ丼をテークアウト!

本日の「京都グルメ」は「新型コロナウイルス対策めし」の一環でテークアウトの天丼を買いに行って来ました。

行ったお店は一乗寺ラーメン街道にあるお店「天丼 元亀」さん。

メインストリートにある天ぷらのお店なので、ご存じの方も多いと思いますが、入店したことがある方は多くはないと思います。

なぜなら、店頭に書かれた値段は一乗寺ではそれなりに良いお値段だからですが、実はここ・・・・

デカ盛り天ぷら

のお店なのです。

海鮮かき揚げ丼のサイズ比較

海鮮かき揚げ丼のサイズ比較

海鮮丼は直径15cmはあるであろうサイズですが、最初の写真のように厚みも10cmはあるという巨大サイズ

中には「エビイカ玉ねぎ」など、海鮮と野菜がたっぷり入ったかき揚げ丼なのです。

海鮮と野菜がたっぷり入った厚み10cmの巨大かき揚げ丼

海鮮と野菜がたっぷり入った厚み10cmの巨大かき揚げ丼

かき揚げ大好き人間なので、サイズと量を見て「おぉぉ!」と思いました。

イカ・エビがたくさん入っており海鮮の香りが漂ってきます。

かき揚げとライスは別々に盛ってくれます

かき揚げとライスは別々に盛ってくれます

ライスは500gまで同一料金、上の写真でライス400gです。

かき揚げ丼だけで満腹になるサイズで、この量を店内で食べるのは「食べ残しリスク」があります。

今回は「テークアウト」なので気兼ねなく注文。

食べきれなくても2回に分ければ完食できますね!

ライスの量は食券を渡す時に自ら申告を

ライスの量は食券を渡す時に自ら申告を

ライスの量は食券を渡す時に自ら申告をします。

値段は1200円です(海鮮かき揚げ丼)

値段は1200円です(海鮮かき揚げ丼)

ちなみに値段は1200円です。

海鮮かき揚げ丼としては高い部類ですが、かき揚げのサイズとライスの量が増やせるので食べられる人にだけおススメです。

今は新型コロナウイルス対策でテークアウトをする人が多いと思います。

ということで、今回は普段はちょっと手が出ない「デカ盛りグルメ」のテークアウトに挑戦してみました。

天丼 元亀(京都・一乗寺)はどこにある?


天丼 元亀(京都・一乗寺)

天丼 元亀(京都・一乗寺)

では「天丼 元亀(京都・一乗寺)」さんはどこにあるデカ盛りのお店なのでしょうか?

一乗寺ラーメンストリートの中ほど、「池田屋」と「キラメキの豚」のお向かいにあります。

蕎麦やうどんのセットもあって、天丼などはテークアウトが可能になっています。

どのメニューも盛りが多いので、満足できるお店だと思いますよ。

〒606-8185 京都府京都市左京区一乗寺高槻町1 ラ・ウェンゲン
営業時間:11時30分~22時30分
定休日:不定休
公式サイト:https://motokame2002.com/

このお店の口コミは?


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。