2019年10月25日オープン 富小路 天ぷら まつ井

京都の富小路三条下ルで2019年10月25日に新店オープンした「富小路 天ぷら まつ井」さんへ行って来ました。店主さんは先斗町の「天ぷら きたむら」で修業された方、サクサクとした食材の味わいがよく味わえる天ぷらのお店です。

2019年10月25日オープン 富小路 天ぷら まつ井


2019年10月25日オープン 富小路 天ぷら まつ井

2019年10月25日オープン 富小路 天ぷら まつ井

2019年10月25日、京都・河原町の富小路通に天ぷらのお店が新店オープンしました。

お店の名前は「富小路 天ぷら まつ井」さん。

カウンターで揚げたて天ぷらを食べることができるお店で、店主さんは先斗町の「天ぷら きたむら」で修業された方です。

カウンターで揚げたて天ぷらを食べることができるお店

カウンターで揚げたて天ぷらを食べることができるお店

ランチはリーズナブルで「天丼 900円~」からあり、「海老天丼(1100円)、穴子天丼(1000円)、ミックス天丼(1200円)」がありました。

また「わかれ天ぷらプレート(1450円)」という限定10食のランチもあり、お惣菜やデザートの付いた定食もあります。

わかれ=天ぷらとご飯が別という意味で、いわゆる定食タイプになったものです。

今回はこの「わかれ天ぷらプレート」を食べてみたいと思います。

わかれ天ぷらプレート 実食レビュー


わかれ天ぷらプレート(1450円)

わかれ天ぷらプレート(1450円)

ということで、こちらが「わかれ天ぷらプレート(1450円)」です。

衣はとてもサクッサクとした食感で、油の香ばしい香りが最初に、その後の海老からはキリッとした海の香りが漂います。

食材の風味がよく出ているので低温で揚げているけど、衣はとてもサクサク感があって美味しい天ぷらです。

天然海老
旬の魚
野菜天
お惣菜
ミニデザート
ごはん
味噌汁
衣はカリカリ、とても香ばしいです

衣はカリカリ、とても香ばしいです

見た感じも食べた感じも「ごま油」で揚げてあるのかなと思うほど香ばしいです。

ただ、ここは京都。

関西の天ぷらは小麦粉に卵を入れないで普通の油で揚げますね。

衣はサクサクで、油の風味を感じつつも食材の旨味が凝縮されている天ぷらでとても美味でした。

】関東→ごま油、関西→サラダ油
】関東→卵使用、関西→卵不使用
】関東→つゆで、関西→塩で

富小路 天ぷら まつ井 はどこにある?


富小路 天ぷら まつ井 は「富小路三条下ル」にあります

富小路 天ぷら まつ井 は「富小路三条下ル」にあります

では「富小路 天ぷら まつ井」さんははどこにあるのでしょうか?

場所は「富小路三条下ル」で、錦市場から富小路を上がったところにあります。

営業時間は「11時30分~15時30分」がランチ、ディナーは「17時30分~23時」となっています。

富小路通や隣の麩屋町通は老舗の割烹や料亭も多い立地ですが、気楽に入りやすい天ぷら屋さんでした。

京都府京都市中京区朝倉町540
営業時間:11時30分~15時30分、17時30分~23時
定休日:水曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。