京都カツ わらじや @京都・東山「京都名物 巨大 わらじカツ」実食ビュー

京都の東山に巨大な「わらじカツ」を食べることができるレストラン「京都カツ わらじや」さんが2019年4月8日に新店オープンしています。清水寺すぐ手前、清水坂を上がった松原通にあり、清水寺すぐ手前のお店です。わらじカツは豚肉を叩いて薄く広げたものにパン粉を付けて揚げた「巨大とんかつ」のことで、それを自家製のフルーティーなソースで食べることができます。

広告

京都名物 巨大 わらじカツ を京都・東山で食べて来た


京都名物 巨大 わらじカツ を京都・東山で食べて来た

京都名物 巨大 わらじカツ を京都・東山で食べて来た

京都の東山に巨大な「わらじカツ」を食べることができるお店が2019年4月8日に新店オープンしています。

清水寺すぐ手前「京都カツ わらじや」さんというお店です。

わらじカツというのは日本全国どこにでもありますが、豚肉を叩いて薄く広げたものにパン粉を付けて揚げた「巨大とんかつ」のことです。

草鞋(わらじ)と呼ばれるのは、豚肉2枚をつなげて揚げてあるのが「わらじに似ていたから」というのが発祥のようです。

豚肉を薄く伸ばして揚げたトンカツのこと(わらじカツ)

豚肉を薄く伸ばして揚げたトンカツのこと(わらじカツ)

上の写真を見るとおり、豚肉を薄く伸ばして揚げたトンカツなのでパン粉の風味をとても強く感じます。

またとても大きく見えるので、お腹いっぱいになるという食べ物です。

関東に住んでいた頃は、わらじカツは学生がお腹いっぱいになるためのメニューという認識でしたが、関西では普通に食べられていたので移住してきて驚いた覚えがあります。

わらじカツは「京都カツ わらじや」さんで食べることができます

わらじカツは「京都カツ わらじや」さんで食べることができます

前述のように、京都で「わらじカツ」は2019年4月8日に新店オープンした「京都カツ わらじや」さんで食べることができるので行って来ました。

店内は洋風で広く快適です

店内は洋風で広く快適です

この「京都カツ わらじや」さん、清水寺のすぐ手前という一等地にあり、店内は洋風で広く快適なレストランです。

わらじカツは「ビーフカツレツ、ポークカツレツ」の2種類

わらじカツは「ビーフカツレツ、ポークカツレツ」の2種類

わらじカツは「ビーフカツレツ、ポークカツレツ」の2種類。

牛肉は国産和牛、豚肉は京丹波ポークがありますが、ここは「ポークカツレツ」一択です。

ポークカツレツの自家製ソースが美味しくて、わらじカツによく合っているのでオススメだからです。

わらじビーフカツレツ 1980円
わらじポークカツレツ(わらじカツ)1480円
レア牛カツ 1980円
チキンカツ 1280円
エビフライ 1480円
ミックスフライ 1880円
唐揚げ 1280円
オムライス 1180円
カレーライス 1100円
カツカレー 1480円

京都カツ わらじや 「わらじポークカツレツ」実食レビュー


京都カツ わらじや 「わらじポークカツレツ」

京都カツ わらじや 「わらじポークカツレツ」

こちらが、東山にある「京都カツ わらじや」さんの名物「わらじポークカツレツ」です。

京丹波ポークを薄く伸ばしたカツが2枚つながって揚げてあり、かなり大きいトンカツだと思ってもらって良いと思います。

それにライスとスープがついて1480円(税別)で、立地のことを考えればかなり頑張ったお値段だと思います。

自家製ソースは食べてみる価値あり

自家製ソースは食べてみる価値あり

この「わらじカツ」には自家製ソースがたっぷりとかかっています。

甘酸っぱくてフルーティー、玉ねぎベースのソースで、果物やワインなんかも使われていると思います。

これが京丹波ポークの「わらじカツ」にとてもよく合っていて、最後まで飽きずに食べることができるようになっていました。

わらじカツは肉より衣の率が高いのでソースが大事です

わらじカツは肉より衣の率が高いのでソースが大事です

わらじカツという食べ物は普通のトンカツと比べて、肉より衣の率が高い食べ物です。

そのためソースが大事で、量も多く感じることから食べ飽きるかどうかはソースが決め手なのです。

「京都カツ わらじや」さんのソースはフルーティーさが素晴らしく、このソースで食べる「わらじポークカツレツ」がオススメです。

京都・東山「京都カツ わらじや」はどこにある?


京都・東山「京都カツ わらじや」は清水坂の先「清水寺」のすぐ手前です

京都・東山「京都カツ わらじや」は清水坂の先「清水寺」のすぐ手前です

では、この「わらじカツ」を食べることができるレストラン「京都カツ わらじや」は京都・東山のどこにあるのでしょうか?

通りとしては松原通というところですが、場所は清水坂の先「清水寺」のすぐ手前というと分かりやすいでしょう。

ただし、清水寺へ向かう途中だと看板が見えないので通り過ぎる可能性があります。

目印として「源久秀」の看板を探すと良いでしょう。

お店は源久秀の二階にあります。

京都府京都市東山区清水1丁目269−1 源久秀 2階
営業時間:10時30分~19時
定休日:不定休
公式サイト:https://kyoto-cutlet-warajiya.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。