2019年6月9日オープン たこ焼き いけちゃん (太子道、たこ焼き新店)

京都の太秦に美味しいタコ焼き屋さんが2019年6月9日に新店オープンしていました。お店の名前は「たこ焼き いけちゃん」で太子道沿いにあります。2019年6月9日~11日までのオープン3日間は「タコ焼き半額セール」もやってます。

広告

2019年6月9日オープン たこ焼き いけちゃん


タコ焼きと唐揚げ、牛すじ煮込みもある「たこ焼き いけちゃん」

タコ焼きと唐揚げ、牛すじ煮込みもある「たこ焼き いけちゃん」

2019年6月9日オープン「たこ焼き いけちゃん」へ行って来ました。

場所は太子道、京都市右京区太秦安井馬塚町に新しく開店したばかりの「タコ焼き屋」さんです。

地元の方だとご存知だと思いますが、太子道で食べ物の新店は珍しく、飲食店もさほどありません。

しかし、探すと穴場のお店が多い立地でもあるのが太子道です。

2019年6月9日に新店オープンしたばかりです(たこ焼き いけちゃん)

2019年6月9日に新店オープンしたばかりです(たこ焼き いけちゃん)

最近では4月12日に太子道を少し東へ行ったところでオープンした「お惣菜バル Okaeri」さんが激ウマでしたが、今回オープンした「たこ焼き いけちゃん」もタコ焼きがふんわりとクリーミーで、まるでグラタンのような雰囲気のタコ焼きでビックリしました。

実はこのタコ焼きがめちゃくちゃ旨かった!

実はこのタコ焼きがめちゃくちゃ旨かった!

お店はテイクアウト専門で、タコ焼きは6個で350円です。

味は「ソースソースマヨしょうゆしょうゆマヨ塩だれだし」と定番から選べます。

また、珍しいですが「揚げたこ」もあって、こちらも6個350円になっていました。

メニューに「国産唐揚げ」があるのが珍しいですね。一般的には鶏肉はメキシコ産が安くて旨いのですが、こちらでは国産鶏を使用しています。

たこやき 6個 350円
たこやき 8個 450円
あげたこ 6個 350円
国産からあげ 5個 380円
国産牛すじ煮込み 480円

たこ焼き いけちゃん 実食レビュー


こちらが、ふんわり柔らかいタコ焼きです!

こちらが、ふんわり柔らかいタコ焼きです!

今回はソースマヨのタコ焼きをチョイスしました。

見た感じソースが少なめなのですが、実はこれが大正解

食べてみると、生地に含まれた出汁の味わいをよく感じることができます。

それに風味のよい鰹節、さらにシャキとした青ねぎが味に深みを与えていました。

前述したように、中は柔らかくて、マヨネーズの風味と合わせるとまるでグラタンのような雰囲気もあるタコ焼きです。

なかなかお薦めのタコ焼き屋さんなんで、お近くの方はぜひオープン3日間の「タコ焼き半額セール」でゲットしてみてください(2019年6月9日~11日まで)。

たこ焼き いけちゃん 営業時間やアクセス方法


太秦の太子道沿いにある「たこ焼き いけちゃん」

太秦の太子道沿いにある「たこ焼き いけちゃん」

ということで、京都市右京区太秦にある「たこ焼き いけちゃん」の紹介でした。

実は、ここへ到着する前に2軒食べ歩いて腹パンパンで行ったのですが、美味すぎてペロリと食べてしまいました。

場所は太子道なのですが、西小路通よりやや西側で、葛野大路通へ向かう途中の北側にあります。

営業時間は「11時~19時」まで、夕食に食べられる唐揚げや牛すじ煮込みもあるので重宝すると思います。

京都府京都市右京区太秦安井馬塚町2−7
営業時間:11時~19時
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。