寿司ふじ井 @京都・枡形商店街 2019年2月8日新店オープン

2019年2月8日に「寿司ふじ井」さんが京都の枡形商店街で新店オープンしています。ランチには「にぎり寿司」があり、値段は並で1200円上で1800円となっていました(税別)。カウンター形式のお店で夜は立呑みもできるようです。

広告

寿司ふじ井 が京都・枡形商店街で2019年2月8日新店オープン


京都・枡形商店街で新店オープンした「寿司ふじ井」さん

京都・枡形商店街で新店オープンした「寿司ふじ井」さん

京都の枡形商店街に新しい寿司屋さんが新店オープンしていました。

お店の名前は「寿司ふじ井」さんでカウンターで食べるお寿司屋さんです。

昼はランチがあり、夜は立呑みどころのようになるみたいでお酒のメニューも充実しています。

場所は出町柳から近い「枡形商店街」の西端で商店街入口すぐ右角です。

寿司ふじ井 メニューと値段


メニューと値段(寿司ふじ井、ランチ)

メニューと値段(寿司ふじ井、ランチ)

前述したように昼はランチのにぎり寿司のお店になっており、値段は800円~1800円まであります。

お寿司と丼ものがあり、いずれも小鉢と赤出汁がセットになっていました。

値段は税別でにぎり寿司(上)が1800円となっていますが、限定5食の「まかない丼」は800円とリーズナブルです。

にぎり寿司(上)1800円
にぎり寿司(並)1200円
まかない丼 800円
お子様セット 750円
メニューと値段(寿司ふじ井、ディナー)

メニューと値段(寿司ふじ井、ディナー)

夜は昼と同じ「にぎり寿司」と、お作りや揚げ物にオツマミなどがあります。

また「ほろよいセット(800円)」といったメニューがあるそうです。

にぎり寿司(特上)3000円
にぎり寿司(上)2000円
にぎり寿司(並)1500円

まかない丼(寿司ふじ井)実食レビュー


まかない丼(寿司ふじ井)800円

まかない丼(寿司ふじ井)800円

ということで、寿司ふじ井さんの「まかない丼(800円)」を食べてみました。

賄いなので、基本メニューで使う食材の中から使わない部分のみを集めて使ったもののようで「まぐろイカ」などを使った海鮮丼になっていました。

粘りのあるトロロは自然薯でしょうか、強い粘りがあり美味しいトロロです。

まぐろ とろろ イカの海鮮丼です

まぐろ とろろ イカの海鮮丼です

チーズやエビなどを使った小皿とガリ、赤出汁味噌汁も付いてきます

チーズやエビなどを使った小皿とガリ、赤出汁味噌汁も付いてきます

チーズやエビなどを使った小皿も付いてきて、さらにガリと赤出汁味噌汁も付いてきます。

コスパは良い方かなと思いますし、赤出汁味噌汁もとても美味しいものでした。

食材も良いものを使われているので、今度は握り寿司を食べてみたいですね。

寿司ふじ井 への行き方(アクセス方法)


寿司ふじ井、枡形商店街の西入口で営業しています

寿司ふじ井、枡形商店街の西入口で営業しています

では、この2019年2月8日に新店オープンした「寿司ふじ井」さんの場所についてです。

前述のように枡形商店街の西入口(寺町通沿い)で営業しています。

昼の営業時間は「11時30分~」ということでしたが、2月17日は京都マラソンもあったからか13時過ぎには閉店されていました。

京都府京都市上京区表町 今出川上る東入表町26 寺町通(地図
営業時間:昼は12時~14時30分、17時30分~21時
定休日:日曜夜、月曜日

寿司ふじ井 SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。