たこ焼き屋サンガ @京都・西京極「プリップリッの大ダコ入り」実食レビュー

京都・西京極駅前にある大きなタコが入っている「たこ焼き屋サンガ」さんへ行って来ました。値段は10コで400円、普通より2倍は大きいかなというタコが入った「たこ焼き」のお店です。

今回はこの「プリップリッの大ダコ入り」たこ焼きを実食レビューします。

広告

大きなタコが入っているというたこ焼き屋「サンガ」


大きなタコが入っているというたこ焼き屋「サンガ」さん

大きなタコが入っているというたこ焼き屋「サンガ」さん

今回の「京都グルメ」は、大きなタコが入っているというたこ焼き屋「サンガ」さんへ行って来ました。

場所は西京極駅で、駅の近くには「西京極スタジアム」つまりサッカーチーム「京都サンガ」のホームスタジアムがある場所です。

駅前という立地もありますが、スタジアムへ向かう方や桂川までハイキングへと向かう方々が次々とたこ焼きを買いに来るお店です。

では、この「たこ焼き屋サンガ」さん、どのくらい大きなタコが入っているというのでしょうか。

西京極駅までたこ焼きを食べに行って来ました。

本当にタコが大きいのか実食レビュー


鰹節、マヨネーズ、甘辛ソースのタコ焼き、中身のタコはどれくらい?

鰹節、マヨネーズ、甘辛ソースのタコ焼き、中身のタコはどれくらい?

ということで、本当に大判タコが入っているのか確認しがてら、たこ焼き屋サンガさんのタコ焼きでお昼ご飯をいただくことにしました。

表面はカリッとしているようには見えますが、実際には程よく柔らかいタコ焼きなので、持っていると重力に従って垂れ下がってきます。

タコ焼きの上には「鰹節マヨネーズ甘辛ソース」と見た目は普通のシンプルなタコ焼きです。

タコ焼きの中にはタコが!

タコ焼きの中にはタコが!

当たり前の話ですが、タコ焼きの中にはタコが入っています。

食べてみると、確かに大きめのタコの食感が口の中で感じられ、大きめのタコを使っているのが分かりました。

味も程よく、美味しいタコ焼きです。

他店よりも一回りくらい大きいタコでした

他店よりも一回りくらい大きいタコでした

比較写真がないので分かりづらいかもしれませんが、他店よりも一回りくらい大きいタコのサイズです。

上の写真で見てもらうとわかりやすいかなと思います。

他店だとこれの半分サイズもありえるので、看板に偽りなしと言えるでしょう。

プリップリッの大ダコ入りタコ焼き「たこ焼き屋サンガ」

プリップリッの大ダコ入りタコ焼き「たこ焼き屋サンガ」

たこ焼き屋「サンガ」値段とメニュー


たこ焼き屋「サンガ」値段とメニュー

たこ焼き屋「サンガ」値段とメニュー

たこ焼きは「たこ焼き、ネギ盛り」の2種類で、個数によって値段が変わってきます。

6個入りで400円、一般的なお値段ですが、タコが大きいことを考慮すればお得感がありますね。

なお、10個入りのほうがコスパが多く割安になっています。

鉄板焼きのお店なので、他にも「焼きそば、お好み焼き、ネギ焼き」もありますよ。

・大玉たこ焼き 400円(6個) 500円(8個) 580円(10個)
・ネギ盛りたこ焼き 430円(6個) 530円(8個) 610円(10個)
・焼きうどん 600円
・ホルモン味噌うどん 880円
・お好み焼き 600円~
・ネギ焼き 650円~
・焼きそば 500円

たこ焼き屋「サンガ」へのアクセス方法


西京極駅出て左手、徒歩1分にある「たこ焼きサンガ」

西京極駅出て左手、徒歩1分にある「たこ焼きサンガ」

「たこ焼きサンガ」さんへのアクセス方法ですが、阪急京都線「西京極駅」改札を出てすぐです。

改札から左へ向かうと、徒歩1分かかりませんので、サッカー観戦へ向かう前に立ち寄るのにも全く問題ありません。

タコが大きいのをキャッチコピーにしているたこ焼きは、京都でもあまり見かけないので、そういうニーズがある時に候補のひとつになりそうでした。

京都府京都市右京区西京極西池田町9−1
営業時間:11時~23時
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。