たこ焼き 8個200円 @京都・墨染「京都で二番目に安い たこ焼き屋」実食レビュー

今回の「京都案内」は、伏見区のたこ焼き屋さんで、墨染駅すぐ前にある「京都で二番目に安い」たこ焼きのお店です。店名はないみたいですが、たこ焼きの値段は「200円(8個)、300円(15個)、500円(24個)」と、かなりのコスパを誇ります。中にはキャベツもタコも忘れずに入っており良心的なお値段です。

では、この墨染の「たこ焼き屋」さんの「たこ焼き」はどんな「たこ焼き」なのでしょうか。

広告

京都で二番目に安い たこ焼き屋が京都・墨染にある


京都で二番目に安い たこ焼き屋 8個で200円

京都で二番目に安い たこ焼き屋 8個で200円

今回の「京都案内」は、墨染駅すぐ近くにある「京都で二番目に安い たこ焼き屋」さんの紹介です。

たこ焼きのお値段は、なんと8個で200円

15個で300円という驚きのコスパな「たこ焼き」なのです。

お店の名前は・・・・

屋号(店名)がないので「墨染のたこ焼き屋さん」と呼ぶしかありません。

墨染のたこ焼き屋さん 8個で200円からの激安価格


墨染のたこ焼き屋は駅前の駐輪場で販売中

墨染のたこ焼き屋は駅前の駐輪場で販売中

そので「墨染のたこ焼き屋さん」なのですが、駅前にある駐輪場の片隅、プレハブでの営業をされています。

女将さんは人なつっこい感じの陽気な方で、目の前で焼いた「たこ焼き」を「京都で一番おいしいよぉ」と渡してくれました。

値段は個数が多いほどコスパも良くなっていく設定で「200円(8個)300円(15個)500円(24個)」で販売されています。

8個 200円
15個 300円
24個 500円

墨染のたこ焼き 実食レビュー


墨染のたこ焼き、少し甘みのある出汁のきいた「たこ焼き」です

墨染のたこ焼き、少し甘みのある出汁のきいた「たこ焼き」です

では、この「京都で二番目に安い たこ焼き」は、どんなたこ焼きなのでしょうか。

上の写真が15個で300円という良コスパな「たこ焼き」です。

甘いソースに青のりとかつお節パウダーが振りかけてあって、味わいもコクもある「たこ焼き」です。

生地もほんのり甘みというか出汁の味わいがするので飽きることなく、キャベツもタコもきちんと入っている良心的な作り方です。

サイズは普通で大きくはないのですが、これで300円だったら「コスパの良い たこ焼き」だと言えるでしょう。

墨染のたこ焼き への行き方(アクセス方法)


場所は「墨染駅」の交差点です

場所は「墨染駅」の交差点です

さて、このコスパの良い墨染の「たこ焼き屋」さんなのですが、京阪本線「墨染駅」の南東すぐ「墨染(すみぞめ)」交差点のすぐ近くです。

中国料理 福園さんというお店があるのですが、その北にある「京阪墨染駐輪場」の片隅で営業されています。

営業時間や定休日などは不明というか聞くの忘れましたが、平日昼間の訪問で開店されていました。

ちなみに「京都で二番目に安い」と書きましたが、内容的には「一番安い」かもしれません。

京都府京都市伏見区深草北新町641
営業時間:不明
定休日:不明


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。