2020年8月7日オープン coffee roast Yui (京都コーヒー、烏丸紫明)

京都市北区の烏丸紫明西入ルに京都コーヒーの自家焙煎所「coffee roast Yui」が新店オープンしています。オープン日は2020年8月7日で、しばらくはプレオープンとのことです。焙煎豆の販売の他、300円でコーヒーをテークアウトすることもできます。プレ期間中は定価から30%引きの値引きサービスもありましたのでお得に購入が可能です。

2020年8月7日オープン coffee roast Yui


2020年8月7日オープン coffee roast Yui (京都コーヒー、烏丸紫明)

2020年8月7日オープン coffee roast Yui (京都コーヒー、烏丸紫明)

京都・烏丸紫明に新しくコーヒーロースター「coffee roast Yui」さんが、2020年8月7日に新店オープンしました。

平たくいえば「自家焙煎のコーヒー豆を販売するお店」ですが、お店の雰囲気はロースターというよりも、コーヒースタンドという雰囲気のお店です。

実際にこちらで焙煎した珈琲豆で入れたコーヒーを飲んでいくこともでき、ホット・アイスともに1杯300円でテークアウトできるようになっています。

現在はプレオープンでコーヒー豆が3割引きで販売

現在はプレオープンでコーヒー豆が3割引きで販売

現在はプレオープンでコーヒー豆が3割引きで販売されています。

焙煎は横浜・近江八幡にある老舗ロースターで技術を学んだそうで、15種類以上の生豆から好みの焙煎で販売してくれるそうです。

また、豆を購入すればテークアウトコーヒーを1杯サービスしてくれます。

このお店のメニューは?


アイスコーヒー(300円)

アイスコーヒー(300円)

今回はテークアウトメニューのアイスコーヒー(300円)をいただいてみました。

アイスコーヒー用に焙煎されたもので、軽やかな飲み口ですが、花のような香りがするコーヒーです。

香りは口の中によく残るほどで、飲み終わってからもコーヒーの香りがするほどでした。

森や草原にいるような香りのコーヒー

森や草原にいるような香りのコーヒー

飲みやすいコーヒーであるのと、値段も300円とお気軽な価格帯です。

場所が烏丸紫明西ル2筋目南側なので、車でも行きやすい場所だと思います。

コーヒー豆は200gで1000円程度から、プレ期間中(いつまでかは不明)は30%引きなので自分好みの焙煎を探しに行ってみるのも良いでしょう。

このお店への行き方や営業時間は?


場所は烏丸紫明西ル2筋目南側(coffee roast Yui)

場所は烏丸紫明西ル2筋目南側(coffee roast Yui)

では「coffee roast Yui」さんは京都のどこにある焙煎所なのでしょうか。

北大路駅からなら烏丸通を南下して徒歩10分かかりません。

紫明通りは広いので車で行くのも特に問題はなく、行きやすい立地だと思います。

営業時間は「11時~18時」で、週末は10時から営業しています。

焙煎は10分~20分ほどかかるので、待っている間はサービスのコーヒーを飲んで、目の前の公園で待つのも良いですね。

〒603-8156 京都府京都市北区小山中溝町2−13(地図
営業時間:11時~18時(土日祝は10時から営業)
定休日:火曜日および不定休
公式サイト:https://coffee-roast-yui.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/coffee.roast.yui/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。