CAFEかめだ @京都・千本丸太町にある「謎のカフェ」へ行く

今回は京都にあるちょっとマニアックなカフェを紹介します。場所は千本丸太町、ネット地図に未掲載なのですが2011年から営業しているカフェです。そして、そこには懐かしい「ホイップコーヒー」や「チョコホイップトースト」があったのです。

京都・千本丸太町にある謎のカフェ「CAFEかめだ」さんへ行って来た


千本丸太町にある謎のカフェ「CAFEかめだ」さん

千本丸太町にある謎のカフェ「CAFEかめだ」さん

京都の千本丸太町西入ルに一軒の目立たないカフェがあります。

とても年季を感じる外観で、相当前からあるのだろうと思っていたのですが、どうやら開業は2011年11月25日のようです。

そのカフェというのが・・・・

CAFEかめだ

さんです。

店頭には「Cafeかめだ」と手書きで書かれている

店頭には「Cafeかめだ」と手書きで書かれている

店頭には「Cafeかめだ」と手書きで書かれています。

そのロゴの特徴的な見た目からは2009年1月24日に西大路妙心寺道の南西角(地図)で開業していた定食屋さん「どんぶりカフェかめだ」さんが移転したカフェだと思われました。

カレーライスにナポリタン、コーヒーに・・・・ん?!トーストがある!

カレーライスにナポリタン、コーヒーに・・・・ん?!トーストがある!

店頭のメニューも手書きで、コーヒーや紅茶が400円からとなっています。

看板のメニューもパソコンに頼らない主義で完全手書きなのが味わい深いですね。

また、食事メニューもあって「カレーライスナポリタン」と書かれていて、カレーの自作画が貼ってありました。

ファンシーな感じのカフェです(Cafeかめだ)

ファンシーな感じのカフェです(Cafeかめだ)

ということで入店!

ファンシーな感じの店内で女性店主さんがひとりで切り盛りされています。

個人的にはこういう感じのカフェが大好き

個人的にはこういう感じのカフェが大好き

実は個人的にはこういう感じのカフェが大好きなんで、ドキドキしながらメニューを見ると・・・・

スゲーのがありました!

CAFEかめだ ファンシーなトーストを実食レビュー


注文するのは絶対にこれだと思ったやつ

注文するのは絶対にこれだと思ったやつ

メニューをパラパラめくっていると・・・・

絶対に注文せなアカンやつがありました!

そう「ホイップコーヒー」です。

ホイップコーヒー(450円)

ホイップコーヒー(450円)

昔のカフェにはよくあったのですが、最近はとんと見ないコーヒーメニューです。

ブレンドコーヒーにホイップクリームを浮かべただけですが、これが美味しいんですよね。

ちなみに値段は450円です。

チョコホイップトーストをセットして800円です

チョコホイップトーストをセットして800円です

そして、このホイップコーヒーに合わせるべきなのがこれ!

チョコホイップトースト!

クリームにクリームの組み合わせ、これはバブルの時代に乙女がハマった黄金の組み合わせに間違いありません!

30年ぶりくらいに食べたこの組み合わせ

30年ぶりくらいに食べたこの組み合わせ

これ絶対美味いやつです。

なんかもぉ30年ぶりくらいに食べた組み合わせで、超満足でした。

CAFEかめだ はどこにある?


千本丸太町西入ル、徒歩1分くらいの南側にあります(CAFEかめだ)

千本丸太町西入ル、徒歩1分くらいの南側にあります(CAFEかめだ)

では「CAFEかめだ」さんはどこにあるカフェなのでしょうか?

場所は千本丸太町西入ル。

そこから徒歩1分くらいの南側に「CAFEかめだ」はあります。

営業日は週3日「火曜日土曜日日曜日」と、毎月1日と15日のみの営業です。

営業時間は「10時~18時」になっています。

なかなかマニアックなカフェでよきでした!

〒604-8403 京都府京都市中京区聚楽廻中町
営業日:週3日(火曜日、土曜日、日曜日)と毎月1日と15日
営業時間:10時~18時


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。