2019年10月13日オープン 八十八良葉舎 (京都・車折神社駅、カフェ新店)

2019年10月13日に京都・車折神社駅前徒歩3秒のところに、なんとカフェスタンドが新店オープンです。お店の名前は「八十八良葉舎(はとやりょうようしゃ)」さんで、日本茶専門のスタンドです。

広告

2019年10月13日オープン 八十八良葉舎


2019年10月13日オープン 八十八良葉舎

2019年10月13日オープン 八十八良葉舎

京都の車折神社駅前に新しくカフェスタンドが新店オープンです。

お店の名前は「八十八良葉舎」さん、これで読み方は「はとやりょうようしゃ」と読みます。

訪問したところ「日本茶抹茶オレ」などがある日本茶スタンドとなっていました。

日本茶スタンドです(八十八良葉舎)

日本茶スタンドです(八十八良葉舎)

店主さんは地元出身の方で親戚の雑貨屋さんの左1/3ほどをカフェスタンドに改装してオープンしています。

もうひとり女性の方は嵐山のアラビカで働いていた方で、お二人ともバリスタ出身とのことでした。

器を選んで「濃茶」を点てます(八十八良葉舎)

器を選んで「濃茶」を点てます(八十八良葉舎)

まずは器を選んでもらいます。

そして、今回は抹茶ラテを注文したので目の前で抹茶(濃茶)を点ててもらえます。

抹茶ラテ(八十八良葉舎)

抹茶ラテ(八十八良葉舎)

その抹茶にホットミルクを注いで「抹茶ラテ」が出来上がりです。

濃いめの抹茶とミルクティーで美味しい抹茶ラテで、今回は砂糖なしでいただきました。

メニューと値段(八十八良葉舎)

メニューと値段(八十八良葉舎)

抹茶ラテは550円から1100円まであり、数字は抹茶のランクって言っていたように記憶しています(ちょっと曖昧)。

他にもお菓子付きの抹茶や玉露もありました。

羊羹(有名店のものでした)

羊羹(有名店のものでした)

お菓子は「小福(180円)」と「羊羹(ようかん、150円)」がありましたが、小福はまだ発売前でしたので羊羹をいただきます。

有名なお店の羊羹で抹茶と合う甘さ、気楽な感じで日本茶を楽しめるお店が「八十八良葉舎」という日本茶スタンドでした。

八十八良葉舎 営業情報


八十八良葉舎(店舗外観写真)

八十八良葉舎(店舗外観写真)

では「八十八良葉舎」さんの営業情報についてです。

車折神社駅から徒歩3秒、本当に駅前なのですぐに分かります。

営業時間は「10時~18時」で、定休日は「不定休」となっていました。

この投稿をInstagramで見る

【終盤戦】 . . カウンターの工事も終盤戦。

八十八良葉舎さん(@8108kyoto)がシェアした投稿 –

京都市右京区嵯峨朝日町22-66
営業時間:10時~18時
公式サイト:https://www.8108kyoto.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/8108kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。