2019年7月27日オープン here there kyoto(京都・西洞院三条、カフェ新店)

2019年7月27日オープンに京都・西洞院三条で開業したカフェ・ビュッフェ新店「here there kyoto」さんへ行って来ました。カフェは「here」で、ビュッフェは「there」という店名。京都では珍しくコーヒーとカヌレがテーマのカフェです。

最新情報:2019年8月12日にリリースされた稲垣吾郎さんが演出する「BISTRO J_O」と「J_O CAFE」のカフェをアドバイザーをしている山口淳一さんのカフェはこちらです。

広告

2019年7月27日オープン here kyoto


京都の西洞院三条で新店オープンしたカフェ「here kyoto」

京都の西洞院三条で新店オープンしたカフェ「here kyoto」

今回の「京都カフェブログ」は、2019年7月27日に新店オープンしたカフェ「here kyoto」さんへ行って来ました。

場所は京都の西洞院三条、周囲にはホテルやゲストハウスの多い京都の繁華街からも近い場所です。

この「here kyoto」さんも「椛(なぎ)京都三条」というホテルの一階にあるカフェなんです。

広い店内はカフェとビュッフェが同居しています

広い店内はカフェとビュッフェが同居しています

実はこのお店、店名が2つあります。

ひとつが「here」で、こちらは8時~19時までコーヒーとカヌレがテーマのカフェとして利用可能です。

7時~10時まではモーニング、10時~15時まではランチのビュッフェ

7時~10時まではモーニング、10時~15時まではランチのビュッフェ

もうひとつが「there」というビュッフェで、7時~10時まではモーニング、10時~15時まではランチのビュッフェを食べることもできるようになっているんです。

コーヒーとカヌレがテーマのカフェ「here kyoto」

コーヒーとカヌレがテーマのカフェ「here kyoto」

場所は同じですが、今回はカフェ「here」さんを利用ということになります。

前述のようにカフェはコーヒーとカヌレがテーマとなっており、コーヒーやカフェラテにカヌレを食べることができるようになっています。

↓ 先月から ↓ カヌレを食べ歩くと宣言していたので、このお店・・・・

個人的にはなかなかタイムリーなカフェになりますね。

さて、こちらのお店なのですが、嵐山の有名なカフェスタンド「アラビカ京都嵐山」で働いていた山口淳一さんのお店です(ラテアートの2014年度世界チャンピオン)。

ん? なんかその話し前にもありましたよね。

そう、金閣寺道前で新店オープンしたカフェ「GOGO COFFFEE」さんも山口淳一さんが監修したカフェでした。

広いワンフロアで立派なお店です

広いワンフロアで立派なお店です

2019年7月8日に「GOGO COFFEE」に行った時、お店の方から「西洞院御池を下がったところにも新店を出すんです」と教えてもらっていたのが、今回紹介する「here」さんなんです。

工事中に一度見に来て「オオバコだなぁ」と感心したのですが、いざオープンして入店してみるとやはり広いお店でした。

コーヒーとカヌレがテーマのカフェ here kyoto


入口すぐで注文します

入口すぐで注文します

さて、今回はコーヒーとカヌレがテーマのカフェ「here kyoto」さんを利用してきました。

店内に入るとすぐ目の前にレジカウンターがあり、そこで注文をすることになります。

1000万円くらいするコーヒーロースター

1000万円くらいするコーヒーロースター

奥には1000万円はするであろうコーヒーロースターが鎮座しており、自家焙煎へのこだわりを感じます。

注文から約10分、カフェラテとカヌレを受け取って好きな席へと向かいます。

最近流行りのカフェによくある天井吊り下げ式のドライフラワー

最近流行りのカフェによくある天井吊り下げ式のドライフラワー

店内はコンクリ色を基調にしたお店で、最近流行りのスタイルです。

こういう感じのお店、大阪にはあるのですが、京都では先日紹介したカフェ新店「CAFE attmos.」さんでも見たデザインです。

天井からドライフラワーを釣ってあるのも同じです(白川通にあるカフェ&ドライフラワーのお店のものでしょうか)。

カフェラテの味わいは嵐山のアラビカさんとソックリです

カフェラテの味わいは嵐山のアラビカさんとソックリです

カフェラテの味わいは嵐山のアラビカさんと同じでクリーミーに泡立ったものです。

ずいぶんと美味しいもので、これに関しては定評のあるバリスタのお店だけあります。

カヌレは特徴はあまりなく甘いものです

カヌレは特徴はあまりなく甘いものです

カヌレはもうちょっと特徴が欲しいかなと思いました。

表面はやや柔らかめで少しカリッとした食感、中はシットリのカヌレです。

甘みは強めだと思います。

卓上コンセントあります!

卓上コンセントあります!

here there kyoto メニューと値段


カヌレは350円、カフェラテは500円です

カヌレは350円、カフェラテは500円です

ちなみに、今回食べたカヌレは350円で、カフェラテは500円となっています。

コーヒーの値段はブレンドとシングルオリジン(単一品種)で少し違って、アイスとシングルオリジンが50円ほど高めの設定でした。

ブラックコーヒー 400円
エスプレッソ 300円
エスプレッソマキアート 350円
アメリカーノ 400円
カフェラテ 500円
ココアラテ 600円
カヌレ 350円

here there kyoto 営業時間やアクセス方法について


御池通から西洞院通を下がって行くと分かりやすいかも

御池通から西洞院通を下がって行くと分かりやすいかも

営業時間は前述のとおり「8時~19時」で、これはカフェの時間です。

食事(ビュッフェ)は7時~10時まではモーニング、10時~15時まではランチとなっています。

場所は御池通から西洞院通を下がって行くと分かりやすいです。

細い道で一方通行ですが、自転車・バイクは少し駐輪可能かなと思います。

京都府京都市中京区姉西洞院町524番地
営業時間:8時~19時
定休日:
公式Instagram:https://www.instagram.com/here.kyoto/
公式サイト:http://coffeehere.world/

SNSの口コミや評判(感想)


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。