2019年7月23日オープン おうちでコーヒーるるる(京都・一乗寺、カフェ新店)

京都の一乗寺、疎水沿いの裏道に新しくカフェが新店オープンしています。お店の名前は「おうちでコーヒーるるる」さんで、2019年7月23日に開業したばかりです。小さいお店ですが、自家焙煎のコーヒー豆の販売、さらにスタンド形式のカフェが併設されています。

広告

2019年7月23日オープン おうちでコーヒーるるる


おうちでコーヒーるるる、一乗寺にあるカフェで2019年7月23日開業

おうちでコーヒーるるる、一乗寺にあるカフェで2019年7月23日開業

2019年7月23日に新店オープンしたカフェおうちでコーヒーるるる」さんへ行って来ました。

場所は一乗寺、ちょっと分かりづらい場所にありますが、一乗寺ラーメンストリートからもめっちゃ近いところにあるカフェです。

店名の「おうちでコーヒー」のとおり、普通の個人宅の入口がカフェに改装されているという面白いお店でもあります。

メニューは「コーヒー、たっぷりコーヒー、アイスコーヒー、カフェ・オ・レ」

メニューは「コーヒー、たっぷりコーヒー、アイスコーヒー、カフェ・オ・レ」

コーヒーは350円から「コーヒーたっぷりコーヒーアイスコーヒーカフェ・オ・レ」という構成となっていました。

コーヒー 350円
たっぷりコーヒー 400円
アイスコーヒー 400円
カフェ・オ・レ 400円

おうちでコーヒーるるる のアイスコーヒー


おうちでコーヒーるるる のアイスコーヒー(400円)

おうちでコーヒーるるる のアイスコーヒー(400円)

この「おうちでコーヒーるるる」さんの店内には小型の焙煎機があります(自家焙煎カフェ)。

ということで、今回は自家焙煎のアイスコーヒーをいただきました。

味わいはスッキリ系で、ブラックで飲んでも苦味が気にならず、キリッとした爽やかな苦味の中に、ほんのり甘みも感じるコーヒーで好みのものです。

試作品のコーヒーゼリー

試作品のコーヒーゼリー

お店は小さめ、メニューも少なめではあるのですが、一乗寺のラーメン街道からも近く自転車やバイクでも気軽に立ち寄れる裏通りにあるところが個人的な需要にマッチしました。

ユルフワ系のご夫婦が経営されています(おうちでコーヒーるるる)

ユルフワ系のご夫婦が経営されています(おうちでコーヒーるるる)

オーナーご夫妻も面白い方たちで、分かりやすくいえば「ユルフワ系カフェ」です。

京北の「松橋雑貨店」さんのようにフワフワとのんびりしながらコーヒーを飲むことができるカフェで、なかなか良いカフェが一乗寺にできたもんだなぁと思いました。

自家焙煎のコーヒー豆も販売されています

自家焙煎のコーヒー豆も販売されています

おうちでコーヒーるるる 営業時間やアクセス方法


おうちでコーヒーるるる、営業時間は11時~17時

おうちでコーヒーるるる、営業時間は11時~17時

さて、この「おうちでコーヒーるるる」さんの場所についてです。

前述のように「一乗寺」で、ラーメンストリートの「焼肉やる気」さんの交差点を西へ入ったところです。

最近、近くでオープンした「まるさか洋食堂」さんがすぐ近くなのですが、疎水沿い入ったところなので見落としがちなエリアです。

営業時間は「11時~17時」定休日は「日曜日、月曜日、火曜日」は三連休なのでご注意ください。

京都府京都市左京区高野竹屋町27−2
営業時間:11時~17時
定休日:日曜日、月曜日、火曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/ru3coffee/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。