2019年7月8日オープン GOGO COFFEE (ゴーゴーコーヒー、金閣寺、カフェ新店)

京都市バス「金閣寺道バス停」のところに新しい和カフェ(コーヒースタンド)が新店オープンします。店名は「GOGO COFFEE(ゴーゴーコーヒー)」で、枯山水をテーマにした和のインスタ映カフェです。オープン日は2019年7月8日9時となっています。

広告

金閣寺前に和のコーヒースタンド「GOGO COFFEE」が新店オープン


2019年7月8日オープン GOGO COFFEE (金閣寺、カフェ新店)

2019年7月8日オープン GOGO COFFEE (金閣寺、カフェ新店)

2019年7月8日に新店オープン、金閣寺道バス停前のカフェ「GOGO COFFEE(ゴーゴーコーヒー)」さんです。

金閣寺では珍しいコーヒースタンドで、和をテーマに枯山水など取り入れたインスタ映するテイクアウトコーヒー専門店になっています。

コーヒー以外には和菓子工場とフレンチシェフがコラボ開発した「どらやきアイス」などの和菓子スイーツも販売されていました。

店内は最近流行りのカフェスタンドで広いお店です(GOGO COFFEE)

店内は最近流行りのカフェスタンドで広いお店です(GOGO COFFEE)

金閣寺道バス停目の前でオープンした「GOGO COFFEE」

金閣寺道バス停目の前でオープンした「GOGO COFFEE」

お店は「アラビカ京都嵐山」の山口淳一さん監修、コーヒーの紙カップなどを手がける会社「BMT」運営、焼き菓子などを手がけるパティシエール阪本久枝さんとのコラボ店舗です。

焼き菓子とコーヒー、さらにタピオカドリンクまであり、インスタ映するお店となっています。

店内には座れるベンチとカウンターがありました

店内には座れるベンチとカウンターがありました

金閣寺前は、こういうインスタ映するスタンドカフェがなかったので今後に期待です

金閣寺前は、こういうインスタ映するスタンドカフェがなかったので今後に期待です

GOGO COFFEE メニューと値段


インスタ映しそうなカップに入ったタピオカドリンクは650円です

インスタ映しそうなカップに入ったタピオカドリンクは650円です

メニューは「コーヒー&ティータピオカドリンククリームチーズどら焼き」で、タピオカドリンクの値段は650円となっています。

コーヒーもエスプレッソが300円から、カフェラテは450円からとなっています

コーヒーもエスプレッソが300円から、カフェラテは450円からとなっています

エスプレッソが300円から、カフェラテは450円。

インスタ映するタピオカドリンクは650円ですが、そちらを飲んでいるお客さんが多かったです。

GOGO COFFEE(ゴーゴーコーヒー)営業時間やアクセス方法


GOGO COFFEE は金閣寺道バス停前(2019年7月8日撮影)

GOGO COFFEE は金閣寺道バス停前(2019年7月8日撮影)

では、この期待の新店「GOGO COFFEE(ゴーゴーコーヒー)」さんの営業時間やアクセス方法についてです。

場所は金閣寺道バス停前です。

住所は「京都府京都市北区衣笠街道町13−7」で、西大路通沿いになります。

営業時間は9時~18時30分となっています。

この界隈では「koto カフェ(2019年4月1日オープン)」や「Cafe Green Garden(2019年3月3日オープン)」があり、金閣寺にもインスタ映を狙った洒落たカフェのオープンが続いています。

京都府京都市北区衣笠街道町13−7
営業時間:9時~18時30分
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/gogocoffee_kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。