のばら珈琲 @京都・西陣にある超ノスタルジックな隠れ家カフェ

今回の「京都カフェブログ」は、地元の西陣にある超ノスタルジックな隠れ家カフェの紹介です。ほぼ知られていない「教えたくない喫茶店」で、昭和初期のデザインや調度品の雰囲気が良い超マニアックなお店です。お店の名前は「のばら珈琲」さん、京都でも屈指の分かりづらさとノスタルジックさがあるカフェです。

広告

京都・西陣にある超ノスタルジックな喫茶店「のばら珈琲」さん


京都の路地の向こうに見えるのは・・・・喫茶店(カフェ)

京都の路地の向こうに見えるのは・・・・喫茶店(カフェ)

京都市上京区、いわゆる「西陣エリア」と呼ばれるところの住宅地の隙間の奥にカフェがあります

それが「のばら珈琲」さん。

京都は基盤の目のような街で、ひとつの区画が四角い街ということもあり、道路沿いに民家が建つと、どうしても中央部分がポッカリと空くのです。

しかし、そこにも家があり、そこへ通じる道を「路地」と呼んでいます。

この「のばら珈琲」さんも、京都の路地を入った奥にある喫茶店なんです。

唯一、そこがカフェであると分かるのがポストの「ノバラコーヒー」という文字

唯一、そこがカフェであると分かるのがポストの「ノバラコーヒー」という文字

エイギョウシテイマスとあれば営業中(たまに出し忘れあります)

エイギョウシテイマスとあれば営業中(たまに出し忘れあります)

そんな路地の奥なので、外からは営業しているかはよくわかりません

いえ、そこにカフェ(喫茶店)があることすらもよくわかりません。

その存在を示すのは、唯一「ポスト」だけで、「ノバラコーヒー」とだけ書かれています。

そして、営業中かどうかを示すのが「エイギョウシテイマス」という札。

これが出ていれば営業中ですが、時々出し忘れていることもあったりしてお茶目です。

路地の奥にある「のばら珈琲」

路地の奥にある「のばら珈琲」

路地の奥には民家が一軒、洋風の古いお宅をカフェにして営業されています。

入口は観音開きのドアから、中は靴を脱いであがります

入口は観音開きのドアから、中は靴を脱いであがります

入口は観音開きのドア。

古いお宅なので、若干開けづらいものの、それも良い味わいがあります。

お店の中は靴を脱いであがるようになっているので、スリッパに履き替えて入店してください。

「のばら珈琲」ってどんなお店?


ノスタルジックすぎるカフェ(のばら珈琲)

ノスタルジックすぎるカフェ(のばら珈琲)

じゃあ、どんなカフェかというと、上の写真のような「ノスタルジックすぎるカフェ」だったりするわけです。

家具は洋風、中は和室があったりしますが、昭和初期くらいの洋風と和風が合体した京都の町家によくあるデザインです。

グラスや時計に飾り物、オーナーさんであるマダムの趣味でしょうか、昭和前半(3年~8年)くらいの懐かしい品々が飾ってあります。

オーナーさんであるマダムの趣味でしょうか

オーナーさんであるマダムの趣味でしょうか

昭和初期のモダンガールを使った「クラブ白粉(おしろい)」のポスター

昭和初期のモダンガールを使った「クラブ白粉(おしろい)」のポスター

なんで、昭和前半くらいか分かるかというと、飾ってある人形のデザインとか、貼ってある「クラブ白粉(おしろい)」のポスターが昭和初期のモダンガールのデザインだからとか理由はあるのですが、確認したわけではないので定かではありません。

日本が精神的に一番豊かだった時代です

日本が精神的に一番豊かだった時代です

まぁ、ただ調度品のノスタルジックさは「日本が精神的に一番豊かだった時代」のもので、明治末期~昭和初期(戦前)までのものだと思います。

そういう雰囲気、そして路地の奥という立地、外界の喧騒が一切届かない「シーン」とした空間で、今回はコーヒーとケーキを食べて来ました。

のばら珈琲のケーキとコーヒー


のばら珈琲のケーキとコーヒー(合わせて700円)

のばら珈琲のケーキとコーヒー(合わせて700円)

今回は「コーヒーと苺のショートケーキ」を注文しました。

どちらも350円、とても庶民的なお値段です。

昭和50年代くらいの懐かしい味わい

昭和50年代くらいの懐かしい味わい

ケーキは程よく甘く、とても美味しい上に懐かしい味わいです。

最近流行りのみたいのではなく、昭和50年代くらいから町でケーキ屋さんをしているお店の風情があるというか、小さい頃食べてたショートケーキの味わいというか、そういう懐かしい味わいです。

コーヒーは350円

コーヒーは350円

コーヒーは深めの味わい、酸味とかそういうんじゃなくて、じっくり香ばしい味わいです。

私はこういうコーヒーのほうが好きで、最近の浅煎りとか酸っぱいのとか、フルーティーとか言ってるやつは好きじゃありません。

ここのコーヒーは、とてもすんなりと飲めるコーヒーで、昔ながらの喫茶店という味わいになっていました。

ちなみに写真が暗いのは「店内が薄暗い」からです。

場所的に日当たりはよくないのですが、明かりも少し暗めにしてあります。

そして、奥まっているから「とても静か」で、外の喧騒が一切聞こえてこない・・・・

とても落ち着く、不思議な空間でした。

メニューと値段(のばら珈琲)

コーヒーは350円、昭和のお値段です

コーヒーは350円、昭和のお値段です

雰囲気はとても良いお店ですが、値段は気取っていません。

コーヒーもケーキも350円、両方注文しても700円。

とても良心的なお値段です。

あんまり知られていないし、居心地いいし、値段も手頃なカフェと言えます。

珈琲 350円
紅茶 350円
たんぽぽ珈琲 350円
ミルク珈琲 420円
アイス珈琲 420円
アイスミルク珈琲 450円
アイス紅茶 400円
ココア 450円
ホットミルク 400円
サンドウィッチ 500円
パリパリサンド 350円~430円
苺のソーダ水 500円
苺ミルク 450円
苺タルト 280円
苺のショートケーキ 350円
甘夏のタルト 280円

営業時間やアクセス方法(のばら珈琲)


のばら珈琲、営業時間は11時30分~19時まで

のばら珈琲、営業時間は11時30分~19時まで

さて「のばら珈琲」さん、営業時間は11時30分~19時までです。

でも、きっとたぶんですが・・・。一番良いのは夕方です。

外が薄暗くなって、明かりが灯る頃がたぶん一番ステキな時間だと思います。

地元の喫茶店なので、また行きたいカフェのひとつです。

京都府京都市上京区蛭子町655
営業時間:11時30分~19時
定休日:月曜日、火曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。