ゴスペルハウスコーヒー @京都市北区「牧師様が淹れるコーヒースタンド」レビュー

今回は京都市北区にある超マニアックなコーヒースタンドの紹介です。コーヒーを淹れてくれるのは牧師さんで自家焙煎のフェアトレードコーヒーが破格の300円で飲めるカフェなんです。お店は「Gospel House COFFEE(ゴスペルハウスコーヒー)」です。

広告

教会にあるカフェスタンド「Gospel House(ゴスペルハウス)」へ行って来た


Gospel House(ゴスペルハウス)は教会にあるコーヒースタンドなんです

Gospel House(ゴスペルハウス)は教会にあるコーヒースタンドなんです

今回の「京都カフェブログ」は、京都市北区にあるマニアックなスタンドカフェを紹介します。

実はだいぶ前からあるお店なのですが、ほとんど知られていないカフェなんです。

お店の名前は「Gospel House COFFEE(ゴスペルハウスコーヒー)」さんといい、実は教会にあるカフェスタンドなんです。

教会の牧師さんが淹れたカフェ(ゴスペルハウス)

教会の牧師さんが淹れたカフェ(ゴスペルハウス)

コーヒーを自家焙煎して淹れてくるのは・・・・

牧師さん

京都でも、こんなコーヒースタンドってなかなかありませんよね。

牧師さんが淹れたコーヒーでひとやすみ


コーヒーを自家焙煎して淹れてくる牧師さん!

コーヒーを自家焙煎して淹れてくる牧師さん!

ということで「Gospel House(ゴスペルハウス)」さんで牧師さんの淹れてくれたコーヒーを飲んでひと休みしてきました。

自家焙煎の珈琲豆を使っていて、フェアトレードのコーヒーが破格の300円で飲むことができます。

コーヒー豆は100gで450円から販売。

収益は社会問題解決のために寄付されているコーヒースタンドなんです。

コーヒーはホット・アイス(300円)、収益は社会のために使われます

コーヒーはホット・アイス(300円)、収益は社会のために使われます

コーヒーは発展途上国からフェアトレードで輸入されたものを使用

コーヒーは発展途上国からフェアトレードで輸入されたものを使用

コーヒー豆も発展途上国からフェアトレードで輸入されたものを使用。

適正価格で買い取ることで、原産国の人たちの生活を支えられるように配慮されています。

深煎りでフルーティーな豆で、ハンドドリップで丁寧に時間をかけて淹れてくれ、祈りのこもった美味しいコーヒーでした。

フェアトレードコーヒー 300円
オーガニック・ハーブティー 300円
ワッフルセット 500円
韓国伝統茶 300円

Gospel House COFFEE(ゴスペルハウスコーヒー)営業時間やアクセス方法


Gospel House(ゴスペルハウス)入口はこちら

Gospel House(ゴスペルハウス)入口はこちら

では、この「Gospel House COFFEE(ゴスペルハウスコーヒー)」さん、どこにあるカフェなのでしょうか。

場所は「京都府京都市北区大宮南田尻町29−2」、地図だと「日本キリスト教団ゴスペルハウス教会」として登録されています。

ラーメン店「天骨庵 慶心」さんのお向かいにある教会の中にあります。

営業日は「火曜日、水曜日、木曜日」のみ、営業時間は「12時~17時」です。

テイクアウトのみですが、コーヒースタンドの前にベンチがありますよ(雨天注意)。

京都府京都市北区大宮南田尻町29−2
営業時間:12時~17時
営業日:火曜日、水曜日、木曜日
公式サイト:http://gsph.org/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。