2019年4月27日新店オープン STYLE COFFEE (京都・河原町丸太町)

京都の河原町丸太町にコーヒースタンド「STYLE COFFEE」さんが2019年4月27日に新店オープンしました。中煎りの焙煎豆の販売やハンドドリップ・エスプレッソ・ラテの持ち帰りコーヒーも販売されています。今回はコーヒーを買って京都御苑で飲んで来ました。

広告

STYLE COFFEE (京都・河原町丸太町)が2019年4月27日新店オープン


STYLE COFFEE (京都・河原町丸太町)

STYLE COFFEE (京都・河原町丸太町)

2019年4月27日にコーヒスタンドが河原町丸太町で新店オープンしました。

お店の名前は「STYLE COFFEE(スタイルコーヒー)」で、焙煎豆とドリップコーヒー、他にもエスプレッソなどがテイクアウトできるカフェです。

場所は京都御苑すぐ近く、コーヒーを持って御苑でカフェタイムを楽しみました。

コーヒースタンド「STYLE COFFEE」

コーヒースタンド「STYLE COFFEE」

スタイルコーヒーから京都御苑までは徒歩3分くらいです

スタイルコーヒーから京都御苑までは徒歩3分くらいです

スタイルコーヒーから京都御苑までは徒歩3分くらいなので、天気が良ければコーヒーを持って歩いていくと良いでしょう。

御苑内は公園になっており、ベンチや木陰もたくさんあるからです。

コーヒーは中煎りでコーヒー本来の味わいがします

コーヒーは中煎りでコーヒー本来の味わいがします

コーヒーは中煎りのハンドドリップにしました。

コーヒー本来の酸味や甘みを感じ、美味しいコーヒーです。

御苑も天気が良いけど観光客が少ないエリアで飲んだので、気分良くコーヒーを味わうことができました。

STYLE COFFEE メニューと値段


フィルター(ハンドドリップ)もしくはエスプレッソかラテの3種類から選びます

フィルター(ハンドドリップ)もしくはエスプレッソかラテの3種類から選びます

メニューは「フィルターコーヒーエスプレッソラテ」から選び、フィルターの場合はコーヒー豆を選びます。

フィルターコーヒー 450円から
エスプレッソ 400円
ラテ 500円
コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類

フィルターの場合、値段は400円からです。

コーヒー豆に何を選ぶかで、値段が450円など少し変わります。

今回は「グアテマラ」をチョイスしたので450円になりました。

メニューは、左に豆の特徴(Chocolate Creamy など)が書かれており、右に英語で豆の名前が書かれていました。

日本人にはとても分かりづらいもので、これは改善したほうがいいかなぁと少し思いました。

STYLE COFFEE 営業時間やアクセス方法


STYLE COFFEE 営業時間は「8時~18時」です

STYLE COFFEE 営業時間は「8時~18時」です

では「STYLE COFFEE」の営業時間やアクセス方法についてです。

平日は「8時~18時」の営業で、土日のみ「9時~17時」となっています。

定休日は火曜日です。

京阪「神宮丸太町駅」から徒歩5分ほど、河原町丸太町を上がったところにあるのですが、スッキリとしたお店なのでわからず通り過ぎないように注意してください。

京都府京都市上京区桝屋町360 1
営業時間:8時~18時(土日は9時~17時)
定休日:火曜日
公式サイト:https://www.stylecoffee.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。