2019年7月1日新店オープン Lignum (リグナム、岡崎、ベーカリーカフェ新店)

2019月7月1日に京都・岡崎エリアでカフェ「Lignum(リグナム)」が新店オープンです。スイーツや自家製パンがあり、広いお店にテーブルがゆったりと並んでおりオシャレなベーカリーカフェになっていました。平安神宮から徒歩5分かからない場所にあります。

広告

ベーカリーカフェ「Lignum」2019年7月1日新店オープン


琵琶湖 岡崎疎水のほとりにカフェ「Lignum」が新店オープン

琵琶湖 岡崎疎水のほとりにカフェ「Lignum」が新店オープン

京都の岡崎エリアに新しい形態のカフェが新店オープンです。

お店の名前は「Lignum」で、リグナムという材木を意味する言葉です。

スイーツや自家製パンのお店で、朝8時からブレックファースト営業もされています。

パンを買うだけでも、または普通にカフェすることもできます(Lignum)

パンを買うだけでも、または普通にカフェすることもできます(Lignum)

すもものパイ・タルト+自家製バニラアイス(900円)

すもものパイ・タルト+自家製バニラアイス(900円)

・スイーツや自家製パンのカフェ
・場所は岡崎エリア(平安神宮近く)
・2019年7月1日オープン
落ち着いた雰囲気でレストランみたいですがカフェです(Lignum)

落ち着いた雰囲気でレストランみたいですがカフェです(Lignum)

店内は大きなテーブルもあって、岡崎マダムが午後のひとときを楽しんでいました。

写真を見た感じでは、とても落ち着いたレストランみたいに思われるかもしれませんが、あくまでもカフェです。

まだまだオープンしたばかりで知られていませんが、近くには安室奈美恵さんのマンションや武豊・佐野量子夫妻の豪邸があるので、もしかしたらお忍びで食べにくるかもしれませんね。

ベーカリーカフェ「Lignum」メニューと値段


クロワッサン(220円)食べた後からグワッとバターの香りが口中に広がるタイプ

クロワッサン(220円)食べた後からグワッとバターの香りが口中に広がるタイプ

パン屋さんでもあるので、パンは6種類ほど日替わりで並んでいます。

クロワッサンはシットリしたもので、食べた後からグワッとバターの香りが口中に広がるタイプで好みのものでした。

クロワッサン 220円
パンオショコラ 300円
ライ麦ベーグル 200円
カンパーニュ 500円
バゲット 300円
季節のコールドプレスジュース 1000円
季節のフレッシュフルーツジュース 1000円
コーヒー 500円
カフェ・オ・レ 600円
紅茶 600円
フレッシュジュース 600円~700円
ブランチサンド 1000円~1300円
サラダ 1300円
スープ 1200円
ブレックファースト 900円~1300円

※ドリンクはセットだとコーヒー300円になります。

フルーツパフェ 1400円
平飼い卵のカスタードプリン 600円
京宇治濃茶の抹茶プリン 600円
ブルーチーズ・テリーヌ 850円
チョコレート・テリーヌ 850円
自家製アイスクリーム 650円
月替りパイ・タルト 900円
キャラメルシュークリーム 450円
ドーナツ 400円

ベーカリーカフェ「Lignum」営業時間やアクセス方法


2019年7月1日新店オープン カフェ「Lignum」外観

2019年7月1日新店オープン カフェ「Lignum」外観

このカフェ「Lignum」さんの営業時間や定休日についてです。

場所は「京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36−1」ですが、分かりやすく言えば岡崎・琵琶湖疏水のところで平安神宮の南側になります。

カフェ「Lignum」前の疎水、桜が綺麗な場所です

カフェ「Lignum」前の疎水、桜が綺麗な場所です

上の写真は春の岡崎・琵琶湖疎水で、その先に見えるのは「みやこめっせ」です。

桜の時期は絶景の場所でのカフェになるはずです

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36−1
営業時間:8時~18時
定休日:月曜日


主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。