2019年4月1日新店オープン cafe GROW x Can★Do (京都・嵐山)

嵐山にカフェとCan★Do(キャンドゥ)がコラボしたユニークなお店が新店オープンです。カフェは「cafe GROW Arashiyama」で、キャンドゥは「100円ショップ Can★Do 嵐山嵯峨店」となっており、店内で繋がっています。併せて「cafe GROW x Can★Do」と書かれた看板があり、京都バス本社の一階にあるというお店です。

※正しくは「café GROW」です。

広告

嵐山に「cafe GROW x Can★Do」が2019年4月1日新店オープン


嵐山で新店オープンした「cafe GROW x Can★Do」

嵐山で新店オープンした「cafe GROW x Can★Do」

2019年4月1日、京都の嵐山に新しいカフェが新店オープンです。

お店の名前は「cafe GROW x Can★Do」で、なんとあの100円均一ショップ「Can★Do」さんとのコラボカフェなんです。

店内は「Can★Do」と繋がっています

店内は「Can★Do」と繋がっています

カフェは「cafe GROW Arashiyama」というのが正式名称、店内は「100円ショップ Can★Do 嵐山嵯峨店」と繋がっています。

オーナー様がカフェを経営、さらにキャンドゥとフランチャイズ契約をして100円ショップも同時オープンというお店なんです。

ということで、早速この「cafe GROW Arashiyama」さんでコーヒーを飲んで来ました。

cafe GROW Arashiyama ってどんなカフェ?


外にバスが見えるカフェ「cafe GROW Arashiyama」

外にバスが見えるカフェ「cafe GROW Arashiyama」

カフェはケーキやコーヒーがある立ち寄りやすい感じのお店です。

上の写真が店内ですが、外を見ると京都バスがたくさん並んでいます。

実はここ「京都バス本社」の建物なのです。なんか、バスマニアが放っておけない系のカフェになりそうな予感もしますね!

コーヒーは420円から、紅茶もあります

コーヒーは420円から、紅茶もあります

コーヒーは420円からで、紅茶もあります。

他にもサンドイッチやケーキ、軽食にカレーもありました。

朝8時からモーニングサービスもあり、この界隈はゲストハウスもいくつかあるので、結構需要がありそうです。

カレーは750円からあります

カレーは750円からあります

モーニングサービス(8時~10時30分)は500円~750円

モーニングサービス(8時~10時30分)は500円~750円

cafe GROW Arashiyama 営業時間と定休日


cafe GROW Arashiyama 営業時間は8時~19時30分

cafe GROW Arashiyama 営業時間は8時~19時30分

ということで、こちらの「cafe GROW Arashiyama」さん、営業時間は「8時~19時30分」となっていました。

定休日はないので「不定休」ということにしておきます。

京都府京都市右京区嵯峨明星町
営業時間:8時~19時30分
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/cafe_grow

cafe GROW Arashiyama アクセス方法

では、最後に場所を紹介します。

三条通を嵐山へ向かう途中、車折神社の少し手前にあり、かなり目立つ建物です。

駐車場はないのですが、お向かいにコインパーキングがあります。

車折神社も近く、観光客も地元の方も多く通る道沿いで、100円ショップ併設という便利なお店なので一度行かれてみてはいかがでしょうか。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。