roastery DAUGHTER / gallery SON @京都・七条堀川が2018年12月7日新店オープン

京都駅からも近い「七条堀川」で、焙煎珈琲豆の専門店「roastery DAUGHTER / gallery SON」が2018年12月7日に新店オープンしています。パッケージングの素敵なお店で、たぶん人気が出そうなお店です。運営は北大路の人気カフェ「WIFE&HUSBAN (W&H)」です。

営業日や営業時間は短めなので、行く場合には公式サイトのチェックが必須です。

ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON 2018年12月7日新店オープン


京都の七条堀川にある建物、実は「WIFE&HUSBANの焙煎珈琲豆」の店

京都の七条堀川にある建物、実は「WIFE&HUSBANの焙煎珈琲豆」の店

京都の七条堀川にある古い看板建築っぽい建物があるのですが、ふと見ると「COFFEE」と書かれていました。

近づいてみると・・・・

お店の名前は「ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON」と長く、コーヒー豆の立派な焙煎機が置かれていました。

焙煎珈琲豆の販売のみを行う店です

焙煎珈琲豆の販売のみを行う店です

今回、カフェのカテゴリーで紹介していますが・・・・カフェはありません

実は、こちらのお店は「焙煎珈琲豆の販売のみを行う店舗」で、カフェは北大路にあるのです。

お店の正体は「WIFE&HUSBANの焙煎珈琲豆専門店」


WIFE&HUSBANの焙煎珈琲豆専門店です

WIFE&HUSBANの焙煎珈琲豆専門店です

この「ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON」なのですが、実は北大路にあるカフェ「WIFE&HUSBAN (W&H)」の焙煎珈琲豆専門店です。

開店日は「2018年12月7日 12時から」で、営業日は週3日程度です。

北大路のカフェもそうなのですが、ブランドとか雰囲気にはこだわりがかなりあるお店で、こちらの焙煎珈琲豆専門店もパッケージなどにかなりのこだわりがありそうでした。

ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON 営業時間と定休日


ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON(七条堀川)

ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON(七条堀川)

「ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON」の営業時間と定休日なのですが、営業日は少なめなので必ず公式サイトでチェックする必要があります。

営業時間は「12時~18時30分」営業日は「営業カレンダーで要確認」です。

ちなみに、最初の写真はたまたま通りかかった時の撮影なのでお店は「CLOSE」の状態です。

京都府京都市下京区鎌屋町22(MAP
営業時間:12時~18時30分
定休日:不定休(営業カレンダーで要確認
公式サイト:http://www.wifeandhusband.jp/

ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON アクセス方法

では、この「ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON」さんの場所はどこなのでしょうか。

一言で言えば「七条堀川」で、京都市バスの「七条堀川バス停」眼の前です。

JR京都駅からは徒歩10分かからない場所で、歩いていくことが可能ですが、JR京都駅から「205系統」で行くこともできます。

駐車場などはないので、近隣のコインパーキングを使うか、徒歩で行くか、バスで行くかになります。

ROASTERY DAUGHTER & GALLERY SON このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。