ばらCafe ラビアンローズ @京都・嵯峨嵐山「バラだらけのメルヘンカフェ」2018年春営業スタート

今回の「京都カフェブログ」は、京都の嵐山にある穴場カフェばらCafe ラビアンローズ」さんの紹介です。なんと、春と秋にしか開店しないというカフェで、バラの時期にだけコッソリと営業しているのです。カフェにはバラの花が咲き乱れバラを使ったケーキやコーヒー・紅茶などを1000円程度で楽しむことができます。前からあるカフェですが、まだまだ嵐山では知られていないカフェですよ。

では、この「ばらCafe ラビアンローズ」さんはいったいどんなカフェなのでしょうか。

広告

バラの花に囲まれた「ばらCafe ラビアンローズ」2018年5月3日から春営業スタート


ばらCafe ラビアンローズが2018年5月3日から春営業スタートしています

ばらCafe ラビアンローズが2018年5月3日から春営業スタートしています

今回の「京都カフェブログ」は、嵯峨嵐山で春と秋にだけ営業する珍しいカフェ「ラビアンローズ」さんでローズティーとバラのケーキを食べて来ました。

この「ラビアンローズ」さんでは、敷地内でバラの花をたくさん育てており、バラの花に囲まれてカフェができるという嵯峨嵐山では比較的マニアックな場所にあるカフェなんです。

今年も、マダムがオープン告知をしていたので、さっそく春営業のスタート日に訪問してきました。

まだまだ知られていないのですが、嵐山では人気が出てもおかしくないカフェです。

ばらCafe ラビアンローズ 店内の様子


「ばらCafe ラビアンローズ」の店内、バラを全体に使ったメルヘン世界

「ばらCafe ラビアンローズ」の店内、バラを全体に使ったメルヘン世界

ばらCafe ラビアンローズ」さんは、カフェの内外すべてをバラだけで装飾した店内になっています。

テーブル席すべてにバラが活けられており、外の庭園にはたくさんの種類のバラが植えられているのが「ばらCafe ラビアンローズ」さんというカフェなのです。

2018年は例年通りくらいの春営業スタートで、まだ満開には少し早かったのですが、そろそろバラの花が咲き始めていました。

ばらCafe ラビアンローズでは、カップやハンカチなどのバラ雑貨もたくさん扱っていますばらCafe ラビアンローズでは、カップやハンカチなどのバラ雑貨もたくさん扱っています

ばらCafe ラビアンローズでは、カップやハンカチなどのバラ雑貨もたくさん扱っています

店内はワンフロアで、2名~4名テーブル席がいくつも並んでいます。

もちろん、椅子もバラをデザインしたものです。

可愛らしいマグカップが1000円ちょっとで販売、バラのジャムや紅茶も売られており、特にハンカチの取り揃えはなかなかのものでした。

・マグカップ 1080円~
・ハンカチ 540円~
・ローズティー 1620円~
・ローズクッキー 540円~
可愛らしいマグカップが1000円でした

可愛らしいマグカップが1000円でした

バラのハンカチが540円で売られています

バラのハンカチが540円で売られています

ばらCafe ラビアンローズ メニューと値段


ばらCafe ラビアンローズ、ケーキとクッキーにゼリーのセットが3種類

ばらCafe ラビアンローズ、ケーキとクッキーにゼリーのセットが3種類

「ばらCafe ラビアンローズ」さんのメニューは、ローズコーヒーもしくはローズティーにケーキやクッキーがセットになったものが1050円からとなっていました。

ローズコーヒーは、バラ酒で香りを付けたもので、ローズティーはバラの香りが豊かな紅茶です。

コーヒーもしくは紅茶を選ぶ事ができるので、今回はローズティーをチョイスしました。

・ローズケーキセット 1050円
・ローズクッキーセット 1050円
・ローズゼリーセット 1200円

ばらCafe ラビアンローズ 庭のバラはそろそろ満開


カフェの準備ができるまで敷地内にあるたくさんのバラを見て待ちます

カフェの準備ができるまで敷地内にあるたくさんのバラを見て待ちます

では、カフェの準備ができるまで「ばらCafe ラビアンローズ」さんの敷地内にあるたくさんのバラを見て待つことにします。

バラを見ながらカフェを楽しむことができるカフェは、京都でも「ばらCafe ラビアンローズ」さんくらいだと思います。

バラが植えられているのは「お庭」という感じではないのですが、カフェの周囲にバラの生け垣があって、そこに多種多様なバラが植えられていました。

ばらCafe ラビアンローズ 敷地内にはたくさんのバラが育てられています

ばらCafe ラビアンローズ 敷地内にはたくさんのバラが育てられています

マダムに聞いたところ、だいたい6月中旬くらいまでは営業するということで、それまではバラの花を楽しみながらカフェができそうでした。

ということでバラを見ながら、ケーキの準備を待っていると、用意が出来たマダムが呼びに来てくださいました。

すでに咲き始めているバラもちらほら

すでに咲き始めているバラもちらほら

まだツボミのバラもあり、だいたい6月中旬まではバラを楽しめるそうです

まだツボミのバラもあり、だいたい6月中旬まではバラを楽しめるそうです

ローズケーキセット(1050円)実食レビュー


バラのロールケーキはバラのジャムと花をあしらった甘いケーキです

バラのロールケーキはバラのジャムと花をあしらった甘いケーキです

さて、今回は「ローズケーキセット(1050円)」を実食レビューしたいと思います。

バラのロールケーキは、バラのジャムと花がトッピングされ、生クリームとバラクリームで香りの良いケーキになっています。

特にバラのジャムは甘さもあって、ほどよい甘さのロールケーキに香りと甘さをトッピングしていました。

ローズティーもバラの花が浮かんでおり香り豊かです

ローズティーもバラの花が浮かんでおり香り豊かです

ばらCafe ラビアンローズ」さんは、バラだったらなんぼでもあるというカフェなので、ケーキにもローズティーにも「バラの花」が添えられているのが特徴です。

紅茶にもワインレッドのバラの花が浮かんでいて、ほのかにバラ香りがしてきます。

なにもかもが「バラ」で出来ている・・・・

そんなカフェが「ばらCafe ラビアンローズ」さんなのです。

ばらCafe ラビアンローズ への行き方(アクセス方法)


バラの花に囲まれた「ばらCafe ラビアンローズ」

バラの花に囲まれた「ばらCafe ラビアンローズ」

さて「ばらCafe ラビアンローズ」さんへの行き方(アクセス方法)です。

訪問は春営業オープン日の開店直後だったので、まだお客さんはいらっしゃいませんでしたが、ゴールデンウィーク真っ盛りの京都では少し歩くと観光客の方がたくさんいらしゃいました。

そう、ここは京都の一大観光地「嵐山」なのです。

嵐山のメインストリートから十分歩いていける距離ですが、駅で言えば、京福(嵐電)の「嵐電嵯峨駅」が最寄りになります。

「嵐電嵯峨駅」の踏切を南へ、すぐに三叉路になっているのですが「真ん中の道(左斜めへ向かう)」を入るとスグ左側に看板が見えます。

ばらCafe ラビアンローズ 看板が目印ですがバラが咲いているので分かります

ばらCafe ラビアンローズ 看板が目印ですがバラが咲いているので分かります

この付近は、ゴールデンウィークにも関わらず、観光客はほとんど来ない穴場です。

お客さんもどちらかというと地元の方が多く、まだまだ知られていないのですが、バラに囲まれてカフェができるお店なので人気が出てもおかしくないカフェだと思います。

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町24
営業時間:10時~17時
定休日:木曜日
URL:http://rosekyoto.blog90.fc2.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。