ダイニングcafeいろは @京都市最北!イノシシのいるカフェ

今回の「京都案内」は京都市内最北の飲食店(カフェ)「ダイニングcafeいろは」さんを紹介します。京都市左京区の北東ギリギリにあり、ほぼ滋賀県という立地のカフェです。メニューはコーヒー軽食などですが、ラーメンもあったりします。

京都市最北のラーメンがあるお店でもありますね。

広告

京都市最北の飲食店


京都市最北の飲食店へ行ってきました

京都市最北の飲食店へ行ってきました

今回の「京都案内」は、京都市左京区久多川合町にあるカフェ「ダイニングcafeいろは」さんを紹介します。

6年ほど前に新店オープンしていたのはずっと気になっていたのですが、なにぶんほぼほぼ滋賀県という立地なのでなかなか立ち寄る機会がありませんでした。

実は、こちらは久多エリアでは唯一とも言える飲食店だったりします。

いや!「京都市最北のお店」と言うべきでしょう。

これまで広河原のカフェ「庄兵衛」さんが京都市内最北だと思っていました

これまで広河原のカフェ「庄兵衛」さんが京都市内最北だと思っていました

これまで広河原のカフェ「庄兵衛」さんが京都市最北だと思っていたのですが、微妙に「ダイニングcafeいろは」さんの方が北にあるのです。

また、京都市内では一番北でラーメンを提供するお店でもあったりするのです。

ダイニングcafeいろは


店内は山の飲食店という雰囲気です

店内は山の飲食店という雰囲気です

さて「ダイニングcafeいろは」さんですが、カフェと軽食というお店で「カレーうどんラーメンピラフ丼ものチャーハンおにぎり」などがあります。

夏は「鮎そうめん・ざるそば」などもあり、朝は9時~11時までモーニング(500円)も出しています。

店内は、山の上にありそうなお店で、地元の林業の方や農家さんなどが食事をしていました。

お食事メニュー

お食事メニュー

飲み物メニュー

飲み物メニュー

メニューは基本的には軽食ですが、冬は予約(5名以上)で「軍鶏(しゃも)すき焼き(1人前7500円)」もあったりします。

お店は女将さんひとりでしたが、ご主人が久多川で「アユの引っ掛け漁」をしているので、夏は「」を使ったものもあります。(今年はアユが不漁ですでに今季は終了していました)

うどん 500円~700円
ラーメン 700円
カレー 800円
ピラフ・チャーハン 800円
焼肉丼 800円
鮎そうめん(夏のみ)800円
ざるそば(夏のみ)800円
コーヒー 300円
紅茶 300円
アイスコーヒー 400円
ジュース 400円

裏庭にはイノシシの「モモちゃん」や軍鶏がいます


看板イノシシの「モモちゃん」

看板イノシシの「モモちゃん」

さすが「久多」という立地というのもありますが、看板イノシシの「モモちゃん」が裏庭にいました。(特別に見せてもらいました)

ずいぶんと人なつっこいイノシシで、散歩なんかにも行ったりするそうです。

庭には他にも「軍鶏(しゃも)」が放し飼いになっていたり、ムササビが住みついていたり、さすが京都市最北の飲食店という感じでした。

ダイニングcafeいろは 基本情報


ダイニングcafeいろは  外観

ダイニングcafeいろは 外観

この京都市内最北のカフェダイニングcafeいろは」さんの場所ですが、久多川合町という久多川が流れる集落にあります。

ちなみに、久多中の町に「おくで」さんという農家民宿(そば店)があって、緯度的にはこちらのほうが北ではあるのですが、そちらは予約制で民宿でもあるお店です。

一般的な飲食店ということであれば「ダイニングcafeいろは」さんが最北と言えるでしょう。

京都府京都市左京区久多川合町235
営業時間:9時~17時
定休日:月曜(1月~2月は休業)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。