金ピカになりました!

京都で思わず「二度見したもの」5選 Part6

年に一度あるかないかのシリーズ「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の第六弾(パート6)! 今回の二度見は「60分5万円の駐輪場」、超が付いた「鉄道模型超専門店」、塀の上のネズミ捕り「黒猫ごじら」と「おふくろが金ピカになりました」に「京都の未来都市」です。
Continue reading

ハイ! あれが亀岡城でっすぅぅううう!!!(´◡`๑)

近代建築ビル「亀岡城」@京都「明智光秀の城」を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は京都府亀岡市にある珍百景の紹介です。その珍百景というのが「亀岡城」。でも、亀岡市に亀岡城は現存していないはずです。しかしアルのです・・・・「亀岡城」が近代建築の建物として実在していたのです!
Continue reading

京都にない!って思うものがよくあります

こういう普通が普通にない京都

東京から京都に移住して最初に思ったことは、今まで普通にあると思っていたものが「ない」ということでした。例えば「ラーメンショップ」は京都どころか近畿圏にはありません。そういったものを探してみると結構あることに気が付きました。今回は「こういう普通が普通にない京都」をテーマにお届けします。
Continue reading

嵐電嵐山駅、ここは「嵯峨」です

嵐山と嵯峨と嵯峨嵐山の違い(京都の地名)

今回の「京都秘境ハンター」は「京都の地名」を取り上げたいと思います。お題は「嵯峨嵐山」、嵐山は誰でも知ってますよね。有名な観光地ですね。では「嵯峨」はなんでしょうか? これ一般的には「嵐山」のことです。ん?嵯峨だけど嵐山?なんかややこしいですね。今回はそれを簡単に説明します。
Continue reading

京都のミステリーゾーンを探してきました

京都のミステリーゾーン「鹿喰墓、人が住めない町、おふくろ、伏見区の謎エリア」

今回の「京都秘境ハンター」のお題は「京都のミステリーゾーン」です。古来より政治と文化の中心地である京都は物の怪が住む町とも言われています。陰陽道により結界が張られた超ミステリーゾーンです。そんな京都で我々が探してきたミステリーゾーンを紹介します!
Continue reading

あ~、なんか美味しいもの食べたいな! と思ったら読んでください

京都の美味しいお店をジャンル別にまとめます

あ~、なんか美味しいもの食べたいな! と思ったら読んでください。京都を食べ歩き、京都で食べた「本当に美味しいと思ったお店」をジャンル別でまとめました。ジャンルはなるべくみんなが好きな「ラーメン、カレー、パスタ」とかなので、お高いお店とかは紹介していません。普通に行ける飲食店なのに「絶品!」ってお店だけを厳選しました。
Continue reading

伏見区のウルトラマンA

京都で思わず「二度見したもの」5選 Part5

年に1度の更新「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の第五弾(パート5)! 今回の二度見は「伏見区のウルトラマンA」、魔法使いが描く「3000円の似顔絵」、福知山市で発見「食べ物をカロリーゼロにする方法」と「日本の首都を目指す町」に「モコモコしすぎのゲームっぽい木」です。
Continue reading

京都には謎のスイーツ「KATAPAN」というのが存在していた

京都の謎スイーツ「KATAPAN」実食レビュー

今回の「京都スイーツ」は幕末「慶応2年(1866年)」に創業したお店で作られている謎スイーツ「KATAPAN」の紹介です。ものすごく甘いホットケーキに似た生地で作られているお菓子で、中がトロッとしたものから固すぎるものまで3種類の「KATAPAN」が売られています。お店は「カタパン屋」で河原町八条にあります。
Continue reading

天下の大泥棒「石川五右衛門」

十二月十二日を逆さにして玄関に貼る京都の風習 逆さ札『新説!所JAPAN』で紹介

2019年6月10日放送の『新説!所JAPAN』で、関西に伝わる風習「逆さ札」が紹介されることになっています。京都でもごくまれに見るものですが、番組では京都の風習として紹介されるようです。この「逆さ札」というのは「十二月十二日」と札に書いて玄関などに逆さまに貼るもので、泥棒よけになると信じられています。
Continue reading

木津川市でベッカムを見ました

京都で思わず「二度見したもの」5選 Part3

今回の「京都秘境ハンター」は年に1度だけ特集する取材で見つけた「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の第三弾(パート3)です。今回はさらにパワーアップした内容で「大盛りで、おわかりできるパチンコ店パーマカワァイ、鞍馬口の神か・・・・・と、木津川のベッカム六甲プレイランド」等、京都の街中で気になって二度見してしまったものを厳選しました。
Continue reading

ラーメン 480円(ラーメン藤 大手筋店)

京都民御用達の600円以下で食べられる京都ラーメン

京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。
Continue reading

琵琶湖に住む固有種ビワマス

びわ湖の珍味魚「ビワマス&ブラックバス」まとめ!青空レストランでも紹介

今回は2018年9月22日に放送される『満天☆青空レストラン』で紹介される食材「ビワマス」に「ブラックバス」の実食レビューや食べられるお店の紹介です。ビワマスというのは琵琶湖水系にしか生息しない国産の魚(固有種)で、サケ科なので味はサーモンに似ています。滋賀県の湖北(長浜や彦根)で観光用にメニュー化されていることが多く、湖南でも道の駅で食べられるお店があります。
Continue reading

本当に美味しいと思うラーメン店のみを集めました

最新2021年 京都ラーメン ランキング(地元ラーメンマニア厳選)

今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2021年4月時点の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。
Continue reading

五山送り火 松ケ崎妙法「妙」

幻の五山送り火 @京都では「い、一、蛇、長刀、鈴」の送り火が実在していた

今回の「京都秘境ハンター」は京都に「幻の五山送り火」がかつて実在していたという話題です。「五山送り火」は毎年8月16日(お精霊送り)に行われる京都のイベントで、お盆が終わり先祖が帰るのを見送るための祭事です。かつては10箇所以上で「送り火が行われていた」のが歴史資料から判明しています。
Continue reading

京都で一番という不思議スポット「佛返りの地蔵尊」への行き方

佛返りの地蔵尊 @京都 地蔵の姿をした延命・蘇生の神を見に行く【京都秘境ハンター】

ひさしぶりの『京都秘境ハンター』は、本当に誰も知らない京都最強!京都で一番不思議な!ミステリースポット佛返りの地蔵尊」を紹介します。なんと!どんな難病でも治してくれるという究極の地蔵さんです。場所は貴船神社(きふねじんじゃ)の奥、徒歩で9kmほど歩いたとんでもない山中にあります。
Continue reading

銀閣寺にサワラの置物なんてありましたっけ?

銀閣寺 屋根の秘密 @京都「銀閣の屋根にはサワラ」がいる?

京都にある世界遺産のひとつ「銀閣寺(慈照寺)」、日本史の教科書にも出てくる有名な建物ですが、この屋根の上に「サワラ」がいるのはあまり知られていません。お詳しい方であれば、屋根の上にいるのが「鳳凰(ほうおう)」というのはご存知だと思いますが、サワラもいるのです。
Continue reading

なんとラーメン300円

京都にある昭和の値段で食べられる「激安大衆食堂」厳選7店舗

今回の「京都ラーメンブログ」は、ラーメンとうどんが安く食べられるお店を厳選して紹介します。値段は「かけうどん 200円」と「中華そば 250円」が最安値で、どのお店も500円より安い値段のお店ばかりです。実は京都にはこういう昭和の値段のままで販売している大衆食堂(麺類一式の店)が多く残っており、学生も多い町であることからお値段据え置きのお店も多いのです。
Continue reading

Yume Wo Katare Kyoto(800円、麺300g、ニンニクぬき、野菜増し、味辛め)

最新2021年 京都にある「二郎系・二郎インスパイア」ラーメン大調査

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都にある「二郎系・二郎インスパイア」ラーメンを全部ランキング形式でまとめてみました。京都には「ラーメン二郎」のようなデカ盛り・大盛りラーメン店が全部で12店舗(2021年調べ)あるのですが、それらのお店をすべて食べて評価・実食レビューしています。
Continue reading

けしからん!うまい!どっちなの?

京都にある「二度見してしまった」もの5選 PART2

今回の「京都秘境ハンター」は取材で見つけた中でも「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」の続編(パート2)です。ラーメンたかばしにある謎の小学生看板けしからんラーメン店、山科のカタカナ地名に、謎のポストなど、京都の街中で気になって二度見してしまったものを集めてみました。
Continue reading

150年以上前の弾痕がいくつも残っています

蛤御門の弾痕 @京都御苑に残る「禁門の変」の歴史

今回の「京都案内」は、京都御苑に残る幕末の戦いの跡です。約150年前の幕末に起きた「禁門の変(1864年)」の時に残った「弾痕」です。弾痕が残っているのは「蛤御門(はまぐりごもん)」で、長州藩が薩摩藩・会津藩と戦った時の記憶が今でも京都には残っているのです。
Continue reading

「コシヒカリ」や「ササニシキ」のルーツ、京都の「旭米(旭1号)」

旭米(旭1号)@京都・向日市「入手困難な幻のお米」をご存知ですか

京都では「旭米(旭1号)」という品種の米がかつて栽培されていました。戦後すぐには西日本一帯で一番多く栽培されていた京都発祥の米で「西の旭米」と呼ばれるほど流通していました。この「旭米(旭1号)」をルーツにした米はおいしい品種が多く「コシヒカリ」も旭米を先祖にもつ品種なのです。
Continue reading

京都・白川の「私設図書館」が『ドキュメント72時間』で紹介

私設図書館 @京都 静かすぎる図書館 体験レビュー『ドキュメント72時間』で紹介

京都にある静かすぎる図書館(私設図書館)が、10月27日放送NHK『ドキュメント72時間』で紹介されます。なんと京都に72時間が来たのです。場所は京都・白川にある「私設図書館」という店名のカフェのような自習室のような図書館のような空間です。今回は、この「私設図書館」を実際に利用してきましたので「営業時間利用料金座席の雰囲気利用方法電源やwifiの有無駐車場や駐輪場の有無」などを詳細にレビューします。
Continue reading

山国納豆 @京都「納豆発祥の地」を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、京都が「納豆発祥の地」と言われる謎を探しに「京北」まで行ってきました。日本を代表する発酵食品「納豆」は京都が誕生の地だった?京都の京北には「山国納豆」や「つと納豆」という伝統ある納豆が存在する?京北の常照皇寺(じょうしょうこうじ)には証拠の絵巻が存在するなど盛りだくさんの内容です。
Continue reading

きぬがさ(きつねとじ)

京都「うどんの種類と特徴」違いがよくわかる写真まとめ

今回の「京都案内」は、とかく分かりづらい京都の一風変わった「うどん」メニューのお話です。京都では「きつね」は甘くないし、「たぬき」は刻み油揚げの餡かけだったりします。また「衣笠(きぬがさ)」とか「しっぽくのっぺい」に「花まき」など聞きなれないメニューがあります。
Continue reading

京都の「北野天満宮」に怖い童謡の道があるらしい

童謡「とおりゃんせ」の道はどこにあるのか?【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、もっともっと身近な場所の話です。その場所とは「北野天満宮」で、そこに「怖い童謡の道」があるらしいのです。童謡とは「通りゃんせ(とおりゃんせ)」のことで、今回は「行きはよいよい 帰りはこわい」の意味を解き明かしに行きました。
Continue reading

京都で見つけた「二度見してしまった」珍しいもの5選

京都で見つけた「二度見してしまった」珍しいもの5選【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は取材で見つけた中でも「二度見しちゃった京都の風景(珍百景)」です。餃子の王将にある謎のモーニングセット噂の八百屋さん、一乗寺にある珈琲ラーメン読めない看板など、京都の街中で気になって二度見してしまうものを集めてみました。
Continue reading

立派な石碑には「牛若丸誕生井」と書かれていました

牛若丸産湯井戸・胞衣塚 京都市内の無名な史跡を見に行く【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は京都市内の街中にある無名の名所を訪ねてきました。それもあの超有名な偉人である源義経(牛若丸)に関係がある場所です。その場所とは「牛若丸産湯井戸・胞衣塚」(えなづか)と呼ばれる牛若丸生誕の場所で、なんと大徳寺の北に今でも産湯に使った井戸も残っている場所なのです。
Continue reading