メイトー「京都 宇治抹茶プリン」最強バランスで激ウマ!

今回の「京都案内」はメイトーから発売されている京都・宇治抹茶を使ったプリン「京都宇治抹茶プリン」を実食レビューします。コンビニで120円程度のリーズナブルな価格ですが、抹茶の味が濃く、それでいて苦味はほろ苦くバランスの良いプリンです。

シロップは「黒蜜ソース」を使っており、抹茶の味とたいへんよく合っていました。

抹茶の良い感覚が絶妙な「京都宇治抹茶プリン」


メイトー「京都 宇治抹茶プリン」最強バランスで激ウマでした

メイトー「京都 宇治抹茶プリン」最強バランスで激ウマでした

京都・宇治抹茶を使ったプリン「京都 宇治抹茶プリン」が、名糖(メイトー)から販売されています。

実際に販売されている場所が少なく、京都では「ミニストップ」で若干量見かけるくらいですが、これがまたバランスの良い美味しさなのです。

抹茶プリンは数あれど、安いものは味がライトだったりしますし、高価なものでもガチで作ってしまって苦みが出てしまっているものがあります。

しかし、この名糖(メイトー)「京都 宇治抹茶プリン」は苦みは「ほろ苦」でシッカリした宇治抹茶の味わいと舌触りが味わえる逸品となっており、スーパーやコンビニで抹茶プリンを食べ比べた中でも、ダントツで美味しい抹茶プリンだったのです。

京都宇治抹茶プリン 実食レビュー


これが噂の「メイトー 京都 宇治抹茶プリン」

これが噂の「メイトー 京都 宇治抹茶プリン」

ということで、これが「メイトー 京都宇治抹茶プリン」です。

見た感じはシッカリしたプリンで、最近よくある軟らかいプリンではないのも良いところです。

他と比較しても、抹茶の味らしい味わいがするプリンで、それでいて苦味はちょうど良いという優等生プリンになっていました。

黒蜜との相性がバッチリ

黒蜜との相性がバッチリ

普通は抹茶を多く使ってコクすると、かなり苦みが出てしまうのですが、ほろ苦いところで抑えており食べやすいプリンです。

また、重要なポイントとして「黒蜜」が使われているのも見逃せません。

この和風の「黒蜜」が、抹茶味に大変合っていて味わいを引き立たせていました。

ひさしぶりに「これはヒットするな・・・・」と思わせるプリンが出たと感じました。

メイトー 京都宇治抹茶プリン まとめ


なかなか売っていない「名糖 京都 宇治抹茶プリン」

なかなか売っていない「名糖 京都 宇治抹茶プリン」

この「名糖 京都宇治抹茶プリン」なのですが、なかなか入手が難しいようです。

地域の素材を使ったプリンシリーズの第一弾として6月から7月の期間で販売されることになっていますので、販売は7月いっぱいなので見つけたら購入したいところです。

今のところ、京都では「ミニストップ」でのみ見かけます。(値段は120円程度)

広告


[京都お土産] 宇治抹茶プリン(袋付き) (京都 土産 京都 お土産 京都 おみやげ 京都 みやげ 日本 国内土産)【あす楽対応】


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。