任天堂の新社屋を撮影してきました


2014-07-31_133314

建物としては「任天堂 本社開発棟」です。研究開発拠点として、部署がここに集結しています。新設された「開発統合本部」もここにあります。

「開発統合本部」は家庭用ゲーム機と携帯型ゲーム機の開発部署を統合した新部署です。

なにはともあれ、2010年以来続くあの社内体質を変革しないとどうにもならないので、こういう取組は良いような気もします。

場所は「油小路通り」に面した、近鉄京都線の十条駅のはす向かいです。
本社とは敷地的につながっており、本社の北西部分にできました。

2014年に出来て、地上7階建て、延べ床面積5万㎡と、本社ビルを上回る規模です。
4万㎡の広大な敷地には起伏ある緑地も整備されました。

任天堂は4年連続で営業利益が赤字続きです。あれからなにも変えることが出来ず、このありさまですが、潰れないところが凄いです。

見た目は本社に比べて、窓が少し大きいくらいの違いしか判りません。

2014-07-31_133632


最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!