雪の金閣寺 @京都 2018年冬 1月14日の雪化粧を見に行って来ました

2018年1月14日朝から、京都の金閣寺が雪化粧になっています。深夜から降った雪で降雪3cmほどあるのですが、気温が朝でも低く、そのまま雪が残っています。今年初めての「雪の金閣寺」ですが、事前に雪が降ることは周知されていなかったので混雑はしていませんでした。

駐車場なども渋滞はなく、楽に「雪の金閣寺」を見ることができました

最新情報:2018年1月14日昼過ぎの時点で屋根の雪が溶けています。

雪の金閣寺 2018年1月14日


雪の金閣寺(2018年1月14日10時撮影)

雪の金閣寺(2018年1月14日10時撮影)

2018年1月14日の深夜から京都では雪が降っており、そのため朝から「雪の金閣寺」を見ることができるようになっています。

朝から雪の降った京都を歩いて金閣寺まで行って写真を撮影してきましたので公開したいと思います。

今年は事前に雪が降るということを予測されていた方が少なかったようで、朝の開門前で100名程度の行列の行列で「金閣寺の雪化粧」を見ることができました。

金閣寺の雪化粧(2018年1月14日10時撮影)

金閣寺の雪化粧(2018年1月14日10時撮影)

2018年1月14日は日曜ですが、朝10時でも金閣寺はさほど混んでいません

2018年1月14日は日曜ですが、朝10時でも金閣寺はさほど混んでいません

2018年1月14日は日曜で、朝から「雪の金閣寺」が見られる日ということで、大混雑も覚悟していたのですが、開門前に100名程度の行列があったくらいで、その後は朝10時には金閣寺はさほど混んでいませんでした。

人の多さは、目測では「2017年1月15日の1/10の規模」で、普通に前の方で撮影できる状況です。

昨年は、金閣寺の池の前は幾重にも人が並んでおり、前に出ることすらも出来なかったのと比較すると雲泥の差に思えました。

2018年1月14日の金閣寺はちょうど良い雪化粧


ちょうど良い雪化粧の金閣寺(2018年1月14日10時撮影)

ちょうど良い雪化粧の金閣寺(2018年1月14日10時撮影)

2018年1月14日は、雪の量は多くありませんが、ちょうど金閣寺の屋根に白い雪が積もってキレイな状況です。

道が歩きやすいし、極寒でもないので楽に「雪の金閣寺」を見ることができる日と言えそうです。

積雪は3cmほどで、京都市内も厚い雲に覆われて気温も低いので、午後でも雪は溶けなさそうでしたが、昼過ぎには屋根の雪が溶けてしまいました

雪化粧の金閣寺 接影(2018年1月14日10時撮影)

雪化粧の金閣寺 接影(2018年1月14日10時撮影)

雪の金閣寺 混雑状況


雪の金閣寺 混雑状況(2018年1月14日)

雪の金閣寺 混雑状況(2018年1月14日)

朝の9時には、金閣寺の開門を待つ観光客で100名程度の行列があったのですが、1時間後の10時にはだいぶ空いていました。

上の写真は、雪の金閣寺を撮影しに来た観光客(中国人観光客がほとんど)です。

普通に柵のところで写真を撮影できるほどの混雑状況なので、撮影は楽に行うことができました。

参考までに、下に昨年の豪雪日(2017年1月15日)の混雑状況の写真を掲載しますが、2018年の写真と比較して人の多さが全然違うのが分かります。

10時頃で去年の1/10くらいの混雑具合でした。

雪の金閣寺 混雑状況(2017年1月15日)

雪の金閣寺 混雑状況(2017年1月15日)

2018年1月14日「雪の金閣寺」積雪4cm← New!
 → 金閣寺ライブカメラ
2017年12月14日「雪の金閣寺」朝のみ若干降雪(テレビの取材などあるも普通に混雑)
2017年1月15日「雪の金閣寺」積雪20cm~30cm(朝から行列で大混雑)
2016年12月28日「雪の金閣寺」積雪3cm(テレビの取材などあるも普通に混雑)
2014年12月18日「雪の金閣寺」積雪4cm

金閣寺 駐車場と駐輪場


金閣寺には駐車場があります

金閣寺には駐車場があります

金閣寺駐車場にはバイクや自転車も駐輪することができます。

自動車・バイクは有料、自転車は無料駐輪場です。

駐車料金は、乗用車「最初の60分 300円、以後30分ごとに150円」で、バイクは「最初の60分 100円、以後30分ごとに50円」です。

もし満車でも、近隣のコインパーキングを紹介する記事「京都の金閣寺と平野神社エリアのコインパーキング全一覧まとめ」で詳細にまとめてあります。

自転車駐輪場は無料で金閣寺道の途中

自転車駐輪場は無料で金閣寺道の途中

自転車駐輪場の場所は、金閣寺道の途中にあります。

原付はバイク扱いなので、有料駐輪場へ駐輪してください。

・営業時間は8:45~17:10
・自動車は入口右手の大駐車場
・バイクも入口右手の大駐車場
・自転車は金閣寺道の途中右手に駐輪場(金閣寺ソフト店舗隣)

金閣寺 アクセス方法


雪の金閣寺へ行くには京都市バスを使います(2018年1月14日10時撮影)

雪の金閣寺へ行くには京都市バスを使います(2018年1月14日10時撮影)

金閣寺へのアクセス方法は、基本的に「京都市バス」のみです。

嵐電「北野白梅町駅」からも歩ける距離ではあるのですが、30分近く歩くのと、そもそも嵐電は主要駅とは繋がっておらず不便です。

・京都市バスがオススメ
・JR京都駅から「205系統101系統
・四条烏丸・四条河原町からは「203系統101系統(四条烏丸からのみ)」
・北大路駅から「204系統205系統
・北大路駅からタクシーという方法もあり

前述のように駐車場があるので、自動車でも行くことはできますが、金閣寺は「正月、初雪で雪の金閣寺」の日は大混雑しますのでご注意ください。

京都市バスはJR京都駅から「205系統101系統」が直通でバス停「金閣寺道」まで行きます。

四条烏丸・四条河原町からは「203系統101系統(四条烏丸からのみ)」が金閣寺へ向かっていますので、主要な場所からはだいたい京都市バスが出ています。

地下鉄烏丸線で「北大路駅」まで行って、京都市バス「204系統205系統」もしくはタクシーという方法もあります。ただし、タクシーの場合は混まない手前の道(西大路通)で下車すると運転手に伝えておくべきです。そうしないと、金閣寺道の大渋滞で料金メーターだけ上がっていきます。

京都府京都市北区金閣寺町1
参拝時間:9時~17時(駐車場は17:10まで)
ライブカメラ:金閣寺ライブカメラ
URL:http://www.shokoku-ji.jp/k_access.html


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。