植藤造園の桜 @京都・嵯峨野にある桜のマル秘スポット「佐野藤右衛門邸」

今回は京都の広沢池周辺で桜を鑑賞できるスポットを見に行って来ました。ここらへんは地元ですが、京都の有名な桜守でもある「植藤造園(うえとうぞうえん、佐野藤右衛門邸)」さんでは今の時期になると個人の敷地を自由参観できるように公開されているのです。2018年3月28日に訪問した時にはすでに満開で、地元の方々が自由に桜を見て賑わっていました。

今回はこの「植藤造園」さんの2018年「桜の開花状況」を写真で見ていきましょう。

最新情報:2020年と2021年はコロナ渦ということもあり一般公開は行われていませんでした。状況は公式サイトでご確認ください。

広沢池の近くにある大きな桜が見られるマル秘スポット


京都で大きな桜が見られる・・・この場所はどこ?

京都で大きな桜が見られる・・・この場所はどこ?

京都の広沢池周辺は、春には桜の鑑賞スポット秋には紅葉のキレイな所で、本ブログで何度も紹介しています。

四季折々の風景を見せてくれる場所ですが、そこにあまり知られていない桜のマル秘スポットがあります。

平安郷紅葉の紹介記事
植藤造園
平安郷は2018年も一般公開があります(3月30日~4月4日、入場無料、10時~16時、18:30~20:30はライトアップ)

平安郷は2018年も一般公開があります(3月30日~4月4日、入場無料、10時~16時、18:30~20:30はライトアップ)

平安郷はこれまで何度も紹介していますが、今年も2018年3月30日~4月4日まで一般公開があります。

入場無料で、昼間は「10時~16時」が開門、夜は「18:30~20:30」でライトアップも開催されます。

こちらも楽しみですが、実はこの「平安郷」の斜め前くらいに「植藤造園」さんという広大な敷地があり、春の桜の時期にだけ敷地を無料公開しているのです。

福王寺から府道29号線を広沢池方面へ向かうと、広沢池の手前から桜が咲いているのはご存知かと思います。

その敷地が「植藤造園」です。

府道29号線を広沢池方面へ向かうと「植藤造園」さんがあります

府道29号線を広沢池方面へ向かうと「植藤造園」さんがあります

植藤造園の桜 2018年開花状況


植藤造園の桜(2018年3月28日撮影)

植藤造園の桜(2018年3月28日撮影)

百聞は一見に如かず、写真を見てもらうのが一番早いのですが、嵯峨野にある植藤造園さんでは、とても立派な背の高い桜を見ることができます。

創業が江戸時代の天保3年という「とても歴史のある造園」なのですが「円山公園の祇園しだれ桜京都迎賓館庭園桂離宮」など多数の庭の造園を手がけるなど、京都の「桜守」で知られている植木屋さんです。

上の写真を見ても分かるように、自然に育ったかのように配置された桜が、どれもそれぞれの役割を持つかのように植えられて、ひとつの全体風景が出来上がっていました。

パッと見で「おぉスゴイ桜だなぁ」と感心するほどの桜で、しばし桜の撮影に夢中になってしまったほどです。

すでに満開となっている桜の木の下では地元の方が桜を鑑賞していました(2018年3月28日撮影)

すでに満開となっている桜の木の下では地元の方が桜を鑑賞していました(2018年3月28日撮影)

平安郷もそうなのですが、こちらの植藤造園さんも観光客(特に外国人)にはまだ知られていません

そのため、訪れて来る人々も地元の方や、桜が好きな人だけで、ゆっくりと桜を見ることができるのでオススメです。

桜の木の下から撮影すると良い写真が撮れました(2018年3月28日撮影)

桜の木の下から撮影すると良い写真が撮れました(2018年3月28日撮影)

庭園は広く、敷地の奥にも桜があります(2018年3月28日撮影)

庭園は広く、敷地の奥にも桜があります(2018年3月28日撮影)

普段入れない敷地内を見てまわりました(2018年3月28日撮影)

普段入れない敷地内を見てまわりました(2018年3月28日撮影)

どの桜も満開だったので、4月初旬くらいまでが見頃でしょう(2018年3月28日撮影)

どの桜も満開だったので、4月初旬くらいまでが見頃でしょう(2018年3月28日撮影)

植藤造園への行き方(アクセス方法)


植藤造園は広沢池の近くにあります

植藤造園は広沢池の近くにあります

さて、この植藤造園さんへの行き方(アクセス方法)なのですが、その前に「個人の敷地」を特別に自由参観できるようにしていただいているということにご留意ください。

まず駐車場はありません、自家用車での来訪はできません。当然、園内での飲食などもできませんし、ゴミを捨てる場所もありません。トイレもありませんし、ペットも入場できません。

個人の敷地なので当たり前のことですが、節度をもって見学させていただくということを守る必要があります。

当然ですが、訪問するのも節度のある時間帯(日中)でお願いします。

公共機関はバスのみで、一条山越通にバス停があります。

京都市バスの「山越バス停」で下車して、広沢池方面に歩くと左側に「植藤造園」さんがありますが、なにか看板が出ているわけではありませんのでご注意ください。

河原町からだと「10系統59系統」、京都駅からだと「26系統」のバスが「山越」を通ります。

「植藤造園」さんの入口

「植藤造園」さんの入口

京都府京都市右京区山越中町13番地
URL:http://www.uetoh.co.jp/


桜

京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。