桜花祭の前に桜が咲いている?京都・平野神社 桜の開花情報2018

2018年の京都は、そろそろ「」の季節になってきました。そこで京都では早い時期から桜を楽しめる桜の名所「平野神社」開花状況を見に行ってみることにしました。平野神社では4月10日に「桜花祭」が開催され、本格的に花見のシーズンになりますが、3月でも咲いている桜はいくつかあります。

今回は3月でも見られる京都の桜を紹介したいと思います。

桜花祭(平野神社)は2018年4月10日に開催!直前の桜はどのくらい咲いているのか見て来ました


平野神社の桜、かなり咲いていました(2018年3月14日撮影)

平野神社の桜、かなり咲いていました(2018年3月14日撮影)

上の写真、梅ではありません「」です。

京都の桜の名所「平野神社」の桜ですが、すでに写真のようにかなり咲いています。

これを見て「え?もう咲いてるの!」と思う方も多いかと思いますが、桜が春に咲くというのは「ソメイヨシノ」などの品種であって、桜自体は冬でも咲いているのです。

いわゆる「寒桜(冬桜)」などとも呼ばれますが、10月から咲き始めて4月までずっと咲いている桜があるんです。

桃桜は見頃で7分咲き(2018年3月15日)


平野神社の「桃桜」は見頃です(2018年3月14日撮影)

平野神社の「桃桜」は見頃です(2018年3月14日撮影)

さて、冒頭の写真は「桃桜」という品種の桜でした。

この桜は3月初旬に咲いて中旬には見頃を迎えており、2018年3月14日の時点では7分咲きくらいになっています。

白い小さい花がたくさん咲いており、摂社へと続く参道の鳥居と一緒に撮影できる場所にあります。

ちょうど今の時期だと、この「桃桜」が一番咲いている桜になりますが、4月初旬までは開花しているという桜です。

本殿の左側にも「桃桜」が並んでいます

本殿の左側にも「桃桜」が並んでいます

摂社の桜がほぼ満開に(2018年3月26日)


2018年3月26日には満開になる桜もありました

2018年3月26日には満開になる桜もありました

上記の「桃桜」の奥には摂社があるのですが、そこへ向かう参道は3月15日の最初の訪問ではまだツボミでしたが、2018年3月26日には8分咲きくらいになっており、かなり開花していました。

昨年は4月頭くらいには、この大鳥居入ってすぐ右の桜が先出して、4月中旬の桜の公園(平野神社南側)が満開になると、こちらは花が散るという流れだったのですが、2018年は少し早く満開を迎えていました。

鳥居が連なる撮影スポットなので、見たい場合は早め(4月初旬)には見に行く必要がありそうでした。

十月桜はもう開花も終盤間近(2018年3月15日)


十月桜は満開にならず10月からボチボチと咲いていく桜です

十月桜は満開にならず10月からボチボチと咲いていく桜です

十月桜(じゅうがつさくら)は、10月から咲き始めて、春になるとちょうど見頃になるという不思議な桜です。

二度咲きするので3月中旬以降に咲いて、京都市内にはいくつかあることから「京都最速の開花?」などと間違われることもあります。

平野神社の「十月桜」は門を入ってすぐ右側、社務所の前に咲いていますし、境内に4本くらいあります。

写真でみるとボチボチの咲き具合ですが、これはこういう桜で10月から少しずつ咲いていきます。

そして、4月になると花が目立ってきて終わりという桜なんです。

つぼみ・満開・咲き終わりの花が一度に見られるのが「十月桜」です

つぼみ・満開・咲き終わりの花が一度に見られるのが「十月桜」です

河津桜は少しだけ開花(2018年3月15日)


今年は少し早く咲いた平野神社の河津桜(2018年3月14日撮影)

今年は少し早く咲いた平野神社の河津桜(2018年3月14日撮影)

平野神社で知られているのが「河津桜(かわづさくら)」です。

3月になるとテレビなどで「桜が咲き始めました」と報道されることがありますが、全国に分布しているこの「河津桜」のことです。

平野神社の「河津桜」は3月の中旬以降に咲くことが多いのですが、今年は暖かいので3月14日の時点ではいくつか咲いていて10日ほど早いようです。だいたい、毎年3月後半くらいまでボチボチ咲いている桜です。

去年は3月21日頃に1分咲きくらいでした(昨年の記事)。

扁桃(アーモンド)もほぼ満開(2018年3月15日)


扁桃(アーモンド)は少しだけ咲いていました

扁桃(アーモンド)は少しだけ咲いていました

さて、こちらも早く咲く桜・・・・というか「扁桃(へんとう)」です。

桜と似ているというか属は同じで、カタカナでいうと「アーモンド」の花です。

こちらも3月から咲き始めているはずなのですが、境内にある2本ほどの「扁桃」はどちらも少しだけ花がついている状況でした。

しだれ桜は4月初旬に開花予測(2018年3月15日)


しだれ桜はツボミがたくさん!

しだれ桜はツボミがたくさん!

平野神社では一番の桜スポットが「しだれ桜」です。

参道の中ほど、手水のすぐ近くにある大きな桜の木で、桜のシーズンになると一番人が集まる桜です。

こちらは少し早い4月1日頃から咲き始めて、見頃は4月5日くらいです。

4月10日の「桜花祭」の頃には散り始めているので、これは早めに見に行かないといけない桜なんです。

満開時の写真は2017年の記事にありますよ。

手水のすぐ近くにある大きな桜の木が「しだれ桜」です

手水のすぐ近くにある大きな桜の木が「しだれ桜」です

しだれ桜が3月下旬には満開に(2018年3月26日)


しだれ桜は満開(2018年3月26日)

しだれ桜は満開(2018年3月26日)

2018年3月26日に、もう一度「しだれ桜」を見に行ったところ、すでに満開になっていました。

3月24日頃には見頃になっていたようで、4月初旬に見頃だと思っていたところ、やはり例年より10日ほど早い開花となっていました。

しだれ桜は大鳥居を出て、一番最初に目に入る桜です。

大きな桜で、一番の撮影スポットでもあることからたくさんの方が写真撮影をされていました。

桜の庭園で一番目立つ桜は7分咲きくらいです

桜の庭園で一番目立つ桜は7分咲きくらいです

桜の公園は3分咲から満開とマチマチ(2018年3月26日)


桜の公園では満開になる桜もありましたが、全体的にはまだツボミの状態です(2018年3月26日)

桜の公園では満開になる桜もありましたが、全体的にはまだツボミの状態です(2018年3月26日)

平野神社の南側は「桜の公園」があり、そこには満開の時期になると花見屋台がたくさん出店を始めます。

例年であれば4月10日頃から始まる花見ですが、2018年は早めの開花とあって、2018年3月26日の時点では桜によっては満開のものもありました。

ただ、全体的にはまだまだ咲いていない桜がほとんどで、満開というのは程遠い雰囲気です。

しかし、この暖かい日が続くと4月初旬には一面満開になる可能性もありそうでした。

開花しかけの桜が多いので4月初旬には満開になるかも

開花しかけの桜が多いので4月初旬には満開になるかも

桜の公園の桜が一斉に花ひらく(2018年3月27日)


桜の公園は2018年3月27日に一斉開花しました

桜の公園は2018年3月27日に一斉開花しました

前日(3月26日)には「全体的にはまだツボミの状態」と報じた桜の公園の開花状況ですが、なんと3月27日にツボミが一斉開花していました。

1日違うだけで、ここまで桜の開花状況が違うものかと思うほど咲いていました。

すぐ南の今出川通の桜も3月24日から満開になっているので、平野神社の桜も3月末~4月初旬が「満開のピーク」になると予測されます。

平野神社「桜の公園」も3月末には満開になるでしょう

平野神社「桜の公園」も3月末には満開になるでしょう

2018年の桜花祭(平野神社)は4月10日開催


2018年の桜花祭は4月10日10時から開催です

2018年の桜花祭は4月10日10時から開催です

さて、4月の満開の時期には平野神社では屋台などが出て賑わいますが、2018年の「桜花祭」は4月10日10時から開催と告知されています。

10時~ 本殿祭
13時~ 神幸祭

本殿祭は10時からで、午後は13時に神幸祭も行われます。

現在、組み立て中の桜の屋台も同時に始まりますので、4月10日から平野神社は一気に混雑することになります。

平野神社、桜の屋台村は4月10日から本格稼働です

平野神社、桜の屋台村は4月10日から本格稼働です

2018年3月の平野神社「桜・開花状況」まとめ


京都の平野神社ではもう桜は咲いていますが、4月にはもっと見頃になります

京都の平野神社ではもう桜は咲いていますが、4月にはもっと見頃になります

ということで、2018年3月の平野神社「桜・開花状況」でした。

桜花祭が4月10日なので、本格的な花見のシーズンはこの日からですが、平野神社では3月初旬から桜が咲いています。

1月に御池通で見られる「御池桜」や、妙蓮寺の「御会式桜」も1月です。

・妙蓮寺の「御会式桜櫻(おえしきさくら)」
・大原の実光院「不断桜
・平野神社の「十月桜
・御池通の「御池桜


桜

京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。