梅・桜の開花情報2018 @京都御所 梅は満開で近衛桜は咲き始め

京都の桜もシーズンまでもう少しで、今は梅が見頃になっています。桜は例年4月15日頃が見ごろですが、早ければ3月下旬頃から桜の話題が出てきたりします。もちろん「寒桜」ではなく、4月に咲く「ソメイヨシノ」などの桜です。そこで、今回は「京都御所」に梅と桜を見に行って来ました。

梅は3~5分咲き桜はまだまだツボミがやっと出てきたところでした。

最新状況2019年の梅の開花状況はこちらの記事でご覧ください。

京都御所 梅・桜の開花情報2018


広大な敷地の京都御所の梅と桜はこれからが見頃です

広大な敷地の京都御所の梅と桜はこれからが見頃です

2018年3月の京都は13日から3日間「暖かい日」が続いており、京都市内の梅もほぼ満開となっています。気温も21℃~23℃で、コートは・・・いるかもしれないけど下着などは薄くても問題ないほどの気候です。

そこで、今回は京都で一番広い場所「京都御所」の梅と桜の開花状況を見に行って来ました。

京都御所」というのは天皇の住んでいた所のことですが、敷地には京都御所以外にも「迎賓館大宮御所仙洞御所閑院宮邸跡」といった建物があり、敷地の半分は公園のように自由に散策できるように一般公開されています。

2018年3月15日時点の「梅・桜の開花状況」写真は梅です

2018年3月15日時点の「梅・桜の開花状況」写真は梅です

ということもあり、京都御所の中をブラブラして「梅と桜の開花状況」を見て来たわけです。

2018年3月15日時点の「梅・桜の開花状況」は、以下の通りとなっていました。

近衛桜(咲き始め)
・黒木の梅(見ごろ)
・梅林(80本ほど見ごろ)
・中山邸跡白梅(3分咲き)
・桃林(咲き始め)
・マンサク(見ごろ)
・ロウバイ(見ごろ)

最新情報:近衛桜は2018年3月18日に満開となり見頃となっていました。

桜はまだツボミがやっと出てきたところでした

桜はまだツボミがやっと出てきたところでした

梅林周辺にある梅は3分咲き


京都御所の梅は、まだまだこれからが「見ごろ」という印象

京都御所の梅は、まだまだこれからが「見ごろ」という印象

梅林周辺にある梅は五分咲きくらいでしょうか。

もっと北の北野天満宮の梅はもう満開でしたが、京都御所の桃はまだツボミがたくさんあり、まだまだこれからが「見ごろ」という印象でした。

京都御所の中でも一番梅の多いエリアが「梅林と出水の小川周辺」なのですが、そこには西洋人観光客や日本人の方々が思い思いに梅を見て回ったり、芝生に寝転ぶ姿がありました。

中国人観光客は少なめで、混雑というわけでもなく「ちょうど良い」感じで梅を見ることが出来ました。

京都御所の中でも一番梅の多いエリアが「梅林と出水の小川周辺」

京都御所の中でも一番梅の多いエリアが「梅林と出水の小川周辺」

出水の小川周辺にある梅は満開のものもありました


白雲神社前の梅、一斉に真上に伸びる梅の姿が目立ちます

白雲神社前の梅、一斉に真上に伸びる梅の姿が目立ちます

さて、白雲神社前の南側には小川があって、そこでは木陰もあるので読書をしたり、川で子供を遊ばせる周辺住民の姿が目立ってきます。

ここには、枝が真上を向いて伸びているという梅を見ることができます。

京都御所の中でも一番満開となっていて、白い大きな花が一斉に真上に伸びている様子は圧巻でした。

京都御所の通りをブラブラするだけでも梅が見られます

京都御所の通りをブラブラするだけでも梅が見られます

京都御所の通りをブラブラするだけでも楽しいのですが、芝生の小川が流れるところを歩いて南へ向かうと「閑院宮邸跡」という無料で一般公開されている旧宅もあります。

京都御所の一番南にあるので、梅や桜と一緒に見ていくと良いでしょう。

無料で一般公開されている「閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)」


四親王家のひとつ閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)

四親王家のひとつ閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)

閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)というのは、四親王家「伏見宮家、桂宮家、有栖川宮家、閑院宮家」のひとつで、明治2年の東京遷都まで使われていた邸宅です。

創建は1710年ですが、今の建物はその後再建されたものです。

入場無料で一般公開されており、中には京都御所の歴史が分かる資料などが展示されています。

館内には御所に関する資料が展示されていました

館内には御所に関する資料が展示されていました

京都御所の解説などもしてくれたり、御所の「梅・桜の開花情報」もこちらで公開されているので、最初に立ち寄るのも良いと思います。

京都市営地下鉄「烏丸丸太町駅」から徒歩1分という場所にあるので、京都駅方面から行くと最初に立ち寄ることになりますね。

梅の見頃は3月下旬頃、桜の開花は4月上旬くらいなので、京都で梅や桜を見るなら「京都御所」も候補に入れてみるのはいかがでしょうか。

京都府京都市上京区京都御苑8
入場料:無料
参観時間:9時~16:30
休館日:月曜日、年末年始
URL:https://www.env.go.jp/


桜

京都の春といえば「桜」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では桜の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。