餃子の王将 裏メニュー「両面焼き」を実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は餃子です。それも京都を代表するチェーン店「餃子の王将」で出来る特殊な注文方法裏メニュー)「餃子の両面焼き」を食べてきましたので実食レビューします。

ということで、餃子の王将裏メニュー「両面焼き」の実態を探ってきました。

餃子の王将 特殊な注文「両面焼き」とは?


餃子の王将にある特殊な注文方法とは?

餃子の王将にある特殊な注文方法とは?

京都が発祥の有名な中華料理チェーンといえば四条大宮に本店のある「餃子の王将」さんです。

我々も頻繁にお世話になる京都の台所とも言えるお店ですが、このお店の目玉商品といえば・・・・

餃子です。

今回は、その「餃子の王将」で出来る特殊な注文方法である「餃子の両面焼き」を食べてきましたので実食レビューします。

餃子の王将で美味しい餃子が食べたい!


両面焼き(プライスレス)とはなんぞ?!

両面焼き(プライスレス)とはなんぞ?!

今回も夜にお腹を空かせた温泉担当が、こんなことを言い出しました・・・・

温泉担当 「おいしい餃子が食べたい!o(*º▽º*)o」

しかし、ここは京都・・・・

餃子は「餃子の王将」でしか食べてはいけないルールのある町です。

すると・・・・フード担当がこんなことを言い出したのです。

フード担当 「じゃ・・・王将で両面焼きを食べてこい」

深夜の餃子の王将

深夜の餃子の王将

両面焼き?

そうなんです。

京都の餃子の王将では餃子の焼き方を細かく注文できるようになっているのです。

ということで、今回もうちの困ったちゃん温泉担当に1000円札を握らせて、深夜の「餃子の王将」へと行ってきてもらったというわけです。

餃子の王将「両面焼き」を実食レビュー


餃子定食(2人前)889円(税別)

餃子定食(2人前)889円(税別)

注文は「餃子」だけでも良いわけですが、今回は「餃子定食(2人前)889円」で注文してみました。

発注は「ひとつ両面焼きひとつノーマル」です。

2人前なので、1人前を「両面焼き」という特殊な注文方法です。

下の餃子は皮のつなぎ目の部分が焼けています

下の餃子は皮のつなぎ目の部分が焼けています

よーく見ると違いがわかります。

上の餃子は普通の餃子なのですが・・・・

下の餃子は「皮のつなぎ目の部分が焼けている」のです。

つなぎめ部分が焼けています!

つなぎめ部分が焼けています!

普通は焼かない餃子の上の部分(つなぎ目)が焼いてあるのがわかるかと思います。

・ノーマル
・両面焼き
・よく焼き
・うす焼き

王将では餃子の焼き方に「ノーマル両面焼きよく焼きうす焼き」があるのです。

左端のは上を焼いていないので見比べてください

左端のは上を焼いていないので見比べてください

普通の餃子と並べてみるとよく分かりますよね。

左端のひとつが「ノーマル」で、右の2つが「両面焼き」になっています。

こんな特殊な注文方法が餃子の王将にはあるんですね!

餃子の王将 裏メニュー「両面焼き」まとめ


「ゆず風味 餃子のたれ」で両面焼きをパクリ!

「ゆず風味 餃子のたれ」で両面焼きをパクリ!

今回は餃子の王将の「餃子 両面焼き」にチャレンジしてきました。

・餃子の上下の両方を焼いたもの
・注文方法は「両面焼き」と伝えるだけ
・POSにも入っているポピュラーな注文方法
・プライスレス

餃子の王将の「両面焼き」というのは、餃子の両面を焼いた餃子だったのです!(そのままです)

おすすめタレは「ゆず風味 餃子のたれ」

おすすめタレは「ゆず風味 餃子のたれ」

これをカウンターにある「ゆず風味 餃子のたれ」という最近置かれるようになった餃子のタレでいただきました。

さて、実食レビューですから、肝心の味を温泉担当に聞いてみましょう!

温泉担当 「普通だったぁ~(*⁰▿⁰*)」

ちょっ・・・・

おまえ怒られるぞ!(笑)

ま・・・でも、東京の「餃子の王将」ではどうか知りませんが、京都なら通用しますので、ぜひお試しください。

ちなみに「パリパリ餃子」ではありませんよ。

広告


【メール便対応送料無料】タカラトミーアーツ 餃子の王将スマホカバー iPhone5/5S/SE専用


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。