天骨庵慶心 移転@京都市北区のオリジナリティあるラーメン 実食レビュー

京都の御薗橋にあるラーメン店「天骨庵 慶心」さんに行ってきましたので実食レビューします。慶心さんは濃厚ラーメンのお店で、3年ほど前のオープン時に訪問していますが、2016年秋に「台湾まぜそば」が始まりました。今回は評判が良い「台湾まぜそば」と名物の「濃厚とりとん」を実食レビューします。

※この記事は2017年公開の記事ですが、2020年の最新情報に更新されています。こちらの店舗は2020年2月13日で閉店し、2月22日にすぐ近くに移転再開しています。

天骨庵 慶心 京都市北区のラーメン店に行ってきました


天骨庵 慶心 @京都市北区のラーメン店

天骨庵 慶心 @京都市北区のラーメン店

今回の「京都ラーメンブログ」では、京都市北区に3年ほど前に開業した「天骨庵 慶心」さんに行ってきました。

近くには「彩心」さんと「餃子の王将」もある立地ですがラーメン店はさほど多くはありません。

ですが、京都産業大学の学生が多く住んでいることもあり、学生さんの需要がある場所だったりします。

テーブル2席にカウンターの小さなお店です

テーブル2席にカウンターの小さなお店です

お店はテーブル2席とカウンターが5席程度のお店です。

交通機関が京都市バスだけで、駐車場がないのでコインパーキング(少し東のフレスコ隣にあります)を使うことになります。

この「天骨庵慶心」さんでは素材にこだわりをもったオリジナリティのあるラーメンを2種類食べることができます。

台湾まぜそば 実食レビュー


台湾まぜそば 750円

台湾まぜそば 750円

台湾まぜそばは750円

麺はうどん並みの極太麺を使っており、トッピングも豪勢な台湾まぜそばです。

ニラ
カツオ粉
フライドオニオン
台湾ミンチ
ネギ
香草パン粉(モリーカ)

トッピングの「香草パン粉(モリーカ)」は香りもよく、台湾まぜそばのトッピングにとても合っていました。

モリーカはパン粉なので味自体はさほど主張が強くはないのですが、適度なザラザラ感を出すのに一役かっていると思います。

麺は極太麺で、味はカツオ粉で魚介醤油のまぜそばという感じです

麺は極太麺で、味はカツオ粉で魚介醤油のまぜそばという感じです

味はカツオ粉と醤油のベースが主張しているので魚介醤油のまぜそばです。

トッピングが多いので混ぜづらいですが、よく混ぜて醤油ベースのタレと絡めるとなかなか良い味わいになりました。

ミンチはフライドオニオンと混ざってフレークのようなサクサク感になります

ミンチはフライドオニオンと混ざってフレークのようなサクサク感になります

さほど辛くはないので食べやすく、台湾ミンチフライドオニオンと混ぜると食感がサクサクとフレークのようなものになりまました。

トッピングのチョイスが良いと思います。

卵黄もかなり赤みのあるものなので、食材選びには気を使っているお店だと思いました。

濃厚とりとん 実食レビュー


濃厚とりとん(750円)極鶏レベルの濃度です

濃厚とりとん(750円)極鶏レベルの濃度です

こちらが名物メニューの「濃厚とりとん(750円)」です。

鶏と豚のみで調理されたスープで、お肉をミキサーしてこの濃度にしてあります。

味わいは鶏で、それに少し強めの醤油の辛味をつけたスープになっていました。

スープはドロッとした箸が立ちそうな濃度です

スープはドロッとした箸が立ちそうな濃度です

スープは飲むより食べるに近い濃度で、一乗寺の有名店「極鶏(ごっけい)」とほぼ同じ濃度があります。

これに合わせてあるのが太麺(ミネヤ食品)で、コシ強めの茹で加減ですが、スープによく合っていました。

麺は太麺(ミネヤ食品)

麺は太麺(ミネヤ食品)

トッピングの「ももチャーシュー」は下味がしっかりと付いて美味しいチャーシューでしたし、こちらもトッピングのひとつひとつにこだわりを感じるラーメンでした。

天骨庵 慶心 旧店舗


天骨庵 慶心 基本情報

天骨庵 慶心 基本情報

今回紹介した「天骨庵 慶心」は近くには京産大がある御薗橋と呼ばれるエリアにあります。

ラーメンに大きなから揚げとライスのセットにすることもできるので(+200円~)、おなか一杯食べたい時には重宝すると思います。

営業時間は「12時~13時30分、18時30分~21時30分」で、定休日は「日曜日」となっています。

濃厚ラーメンを食べた後は、お向かいのコーヒースタンドで一休みすると良いでしょう。

京都府京都市北区大宮東総門口町38−6
営業時間:11時30分~13時30分、17時~21時
定休日:月曜日・木曜日
URL:http://info.tenkotsuan-keishin.com/
Twitter:https://twitter.com/tenkotsuan

天骨庵 慶心 新店舗(移転先)


天骨庵 慶心 新店舗(移転先)は御薗橋通沿い

天骨庵 慶心 新店舗(移転先)は御薗橋通沿い

なお、旧店舗での営業は2020年2月13日で終了し、2月22日にすぐ近くで移転再開しています。

お店の広さは2倍になり、家族連れでも気軽に入れるようになっています。

御薗橋通沿いになったことで、高齢者の方でも気が付いて入店してくれるようになったそうです。

広さが倍になっており、家族連れでも気軽に入れるようになった

広さが倍になっており、家族連れでも気軽に入れるようになった

この「御薗橋・西賀茂・上賀茂」エリアは特に高齢者や家族連れを取り込めたお店が人気店となるエリアです。例えば「とうひち麺家しょうりん」さんなどが学生が多いと思われるかもしれませんが、近隣の家族連れや高齢者の方が通ってくれるからこそ人気店になっているのです。

慶心さんもこの移転で新しいスタート地点に立ったように思えます。

〒603-8408 京都府京都市北区大宮北椿原町45(地図
営業時間:11時~13時30分、18時~21時
定休日:日曜日+月2回の不定休
URL:http://info.tenkotsuan-keishin.com/
Twitter:https://twitter.com/tenkotsuan

評判(口コミ)


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。