【台湾まぜそば】京都市でおすすめの美味しい店 最新2021年版

京都市内にある美味しい「台湾まぜそば」のお店まとめです。2021年時点での「おいしい台湾まぜそば」を厳選して紹介します。京都で台湾まぜそばがあるのは「麺屋はなびキラメキ系列祇園京乃や天骨庵慶心」といったラーメン店です。

最新2021年 京都市でおすすめの美味しい台湾まぜそば

最新2021年 京都市でおすすめの美味しい台湾まぜそば


麺屋はなび 京都拉麺小路店


台湾まぜそば発祥の店「麺屋はなび」は京都にもあります

台湾まぜそば発祥の店「麺屋はなび」は京都にもあります

台湾まぜそば発祥の店として知られる名古屋の「麺屋はなび」は京都にも支店があります。

そこで食べられるのが本場の台湾まぜそばで「辛い辛くない」の2種類があります。

麺はモチモチ、マイルドな味わいで旨味をとてもよく感じる美味しい台湾まぜそばのお店です。

麺屋はなび 京都拉麺小路店
麺屋はなび 京都拉麺小路店
画像クリックで拡大

【レビュー記事】
こちらをクリック

【値段】
880円(追い飯無料)

【営業時間】
11時~21時(ラストオーダー30分前まで)

【定休日】
伊勢丹準拠

【駐車場・駐輪場】
あり

【住所】
〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町 京都駅ビル 10階

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

【オープン日】
2019年6月14日

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

キラメキ系列


京都発祥のラーメングループ「キラメキ系」の台湾まぜそば

京都発祥のラーメングループ「キラメキ系」の台湾まぜそば

京都発祥のラーメングループ「キラメキ系」にも台湾まぜそばがあります。

京都では一番早く台湾まぜそばを販売したお店です。

鶏の旨味が凝縮したタレは追い飯にもとても良く合う美味しい台湾ラーメンです。系列店が京都にはたくさんありますので公式ページでお店を探してください。

キラメキ × チキンハート
キラメキ × チキンハート
画像クリックで拡大

【レビュー記事】
こちらをクリック

【値段】
860円(追いめし付き)

【営業時間】
11時~15時、18時~23時

【定休日】
不定休

【駐車場・駐輪場】
なし

【住所】
〒615-0074 京都府京都市右京区山ノ内苗町28

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

祇園京乃や


祇園京乃やの台湾まぜそば

祇園京乃やの台湾まぜそば

京都の観光地・祇園でも台湾まぜそばを食べることができます。

京都出身のシェフで今は中国・上海でラーメン店をしている方がプロデュースした台湾まぜそばやラーメンがあります。

コロナ渦の2020年7月17日に新店オープンしたので頑張ってもらいたいお店です。

祇園京乃や
祇園京乃や
画像クリックで拡大

【レビュー記事】
こちらをクリック

【値段】
780円

【営業時間】
11時~22時(ラストオーダーは30分前まで、営業時間短縮中は20時閉店)

【定休日】
火曜日

【駐車場・駐輪場】
なし

【住所】
〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570−52 八坂ビル 103

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

【オープン日】
2020年7月17日

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

天骨庵慶心


天骨庵慶心の台湾まぜそば

天骨庵慶心の台湾まぜそば

京都の台湾まぜそばで一番好きな味のお店が「天骨庵慶心」さんです。

うどん並みの極太麺を使い、香草パン粉(モリーカ)の香りがとてもよく適度な食感もあって、ものすごく美味しい台湾まぜそばです。

こちらの店舗は店主さんが病気療養中で2021年8月2日から当面の間休業となっています。営業再開については、こちらのインフォメーションページでご確認ください。

天骨庵慶心
天骨庵慶心
画像クリックで拡大

【レビュー記事】
こちらをクリック

【値段】
850円(追いめし付き)

【営業時間】
11時~13時30分、17時~21時

【定休日】
月曜日、木曜日、月に2回不定休あり

【駐車場・駐輪場】
なし(店頭に駐輪可)

【住所】
〒603-8408 京都府京都市北区大宮北椿原町45

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

香来 壬生本店


香来 壬生本店の台湾まぜそば

香来 壬生本店の台湾まぜそば

四条大宮エリアにある「香来 壬生本店」にも台湾まぜそばがあります。

京都発祥のラーメン店「宝屋・大王ラーメン」グループのDNAを持つお店で、京都の舞妓さんも食べにくる名店。

旨辛台湾ミンチと魚粉の香りが良い台湾まぜそばです(追い飯無料)。

40分無料の駐車場もあるので食べに行きやすいです。

香来 壬生本店
香来 壬生本店
画像クリックで拡大

【値段】
780円(追い飯無料)

【営業時間】
11時~深夜3時(駐車場は22時まで)

【定休日】
水曜日

【駐車場・駐輪場】
あり

【住所】
〒604-8805 京都府京都市中京区壬生馬場町35−5

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

ラーメン こんじき


ラーメン こんじき の台湾ラーメン

ラーメン こんじき の台湾ラーメン

今出川の「ラーメン こんじき」にも台湾まぜそばがあります。

鶏の濃厚なタレで食べる台湾まぜそばで、麺量で値段がかわり150g~400gが選べます。

卓上にラー油とお酢があるので好みの味にして食べるのがお薦めです。

ラーメン こんじき
香来 壬生本店
画像クリックで拡大

【値段】
800円~950円

【営業時間】
11時~20時

【定休日】
不定休

【駐車場・駐輪場】
なし

【住所】
〒602-0033 京都府京都市上京区今出川町319−4

【地図】
こちらをクリック(Google Maps)

※値段と営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

まとめ


今回は京都市でおすすめの美味しい「台湾まぜそば」の店を紹介しました。

2021年8月3日時点で現地で確認した情報で、確実に台湾まぜそばを食べられるお店ばかりです。

この記事を投稿した時点で検索エンジンで「台湾まぜそば 京都」と検索すると、この記事は全く掲載されていません(追記:投稿翌日に掲載されましたが順位は下のほうです)。上位掲載されているサイトは台湾まぜそばを提供していない店舗も含まれていたり、現地で確認しないでネットだけで調べたような情報を掲載しているサイトが上位の検索結果を占めています。ひどい場合は閉店した店舗まで掲載しているサイトが上位検索に表示されています。

2020年12月4日から始まった検索エンジンのコアアップデート以降、検索結果に表示される飲食店情報(とくにまとめ情報)は精度が低すぎると考え、今回この情報をアップしたしだいです。


京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。