麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店(滋賀県大津市)2021年5月13日オープン

今回の「京都ラーメン速報」はお隣の県「滋賀県」で新店オープンする京都のラーメン店のニュースです。お店の名前は「麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店」で京都・一乗寺にあるラーメン店の「雄琴(おごと)店」となります。店内にミスチルが流れるお店として知られています。

2021年5月13日オープン 麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店


2021年5月オープン 麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店

2021年5月オープン 麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店

さて、この看板はどこのラーメン店か分かりますでしょうか?

そう「京都一乗寺 麺屋 聖~Kiyo~」の看板ですね。

一乗寺にあるミスチルがBGMで流れたり、メニュー名がミスチル風になっていたりするラーメン店です。

しかし、よくよく見ると・・・・

雄琴店

と書かれています!

麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店(滋賀県大津市)

麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店(滋賀県大津市)

そうなんです。

JR「おごと温泉駅」から琵琶湖方面へ県道558号(高島大津線)に出たところすぐ右側に一乗寺のラーメン店が支店を開店するのです。

場所は元「角煮ラーメン匠」があったテナントで、2021年4月時点で改装工事をしていました。

新店オープン日は2021年5月13日となっています。

このお店のメニューは?


「ギフト」というアサリとトビウオがベースの醤油ラーメン

「ギフト」というアサリとトビウオがベースの醤油ラーメン

ラーメンのメニューは「ギフト・シンプル・しるし」という名称がついており(一乗寺店)、ミスチルをイメージしたラーメンメニューになっているのが特徴です。

それぞれ食材が異なるラーメンで魚介のみの薄口のラーメンから濃口醤油を使ったものまであります。

値段は全品850円と告知されていました。

麺屋 聖~kiyo~ のラーメンはこんな感じ

麺屋 聖~kiyo~ のラーメンはこんな感じ

・ギフト(アサリとトビウオ)850円
・シンプル(鰹と昆布と肉)850円
・しるし(上の濃口醤油)850円

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店(店舗外観写真)

麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店(店舗外観写真)

今回紹介した「麺屋 聖~kiyo~ 雄琴店」の場所は、JR「おごと温泉駅」から徒歩5分ほどの場所です。

駅から東へ、琵琶湖方面へと歩くと県道558号(高島大津線)の交差点があります。それを渡って右に向くとすぐにお店があります。

住所でいえば「〒520-0101 滋賀県大津市雄琴5丁目222」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場は完備していました。

営業日は「11時~15時、17時~22時」ですが金曜日と土曜日は「~24時」まで営業です。定休日は「不定休」となっていました。

ジャンル「ラーメン」
食事予算「800円~」
駐車場・駐輪場「あり」
営業日「11時~15時、17時~22時」土日は24時まで
定休日「不定休」
住所「〒520-0101 滋賀県大津市雄琴5丁目222」
地図こちらをクリック(Google Maps)」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!