アインソフジャーニー「博多とんこつ風ヴィーガンラーメン」実食レビュー(京都)

ヴィーガンレストラン「アインソフジャーニー」には実はラーメンがあります。京都店で期間限定販売されている「自家製マー油香る「Vegan TONKOTSU Ramen(1300円)」です。今回はそれを実食レビューします。

アインソフジャーニー京都店のラーメン

アインソフジャーニー京都店のラーメン

アインソフジャーニー京都店ラーメンを食べてきました。

アインソフジャーニーはカフェ・レストランでハンバーガーやパンケーキなどを提供するお店でラーメンがあるという印象がなかったのですが、メニューがヴィーガン対応しているのが特徴でその一環でヴィーガンラーメンを提供しています。

博多豚骨風のラーメンでチャーシューも入っているのに「ヴィーガン」というラーメン、食べていて本当にヴィーガンなのかと思うほど完成度の高いラーメンです。

今回はこの「アインソフジャーニー京都店」がどんなお店で「ラーメン」がどんなラーメンなのかを実食レビューします。

アインソフジャーニー京都店(店舗外観写真)

アインソフジャーニー京都店(店舗外観写真)

場所は四条通から新京極通を北へ、3筋目を東へ曲がったところにお店があります。

住所でいえば「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町538−6」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

アインソフジャーニー京都店(店内写真)

アインソフジャーニー京都店(店内写真)

さて、入店すると古びた木製チェアが良い雰囲気を出しているお店でした。

テーブルでラーメンを注文、店員さんがプラス300円で「玄米ごはんナッツサラダカツレツハーフサイズ」のいずれかひとつを追加できますとのことなので、名物の「カツレツ」をオーダーしました。

ちなみにラーメンの値段は1300円(税別)となっていました。

ラーメン・カツレツ、お肉は使っていません

ラーメン・カツレツ、お肉は使っていません

注文してそんなに待たずにラーメンが着丼。

香ばしいマー油の香りがただよい、紅ショウガの匂いもする博多とんこつラーメンです。

でも、これお肉は一切使っていません

チャーシューは豚肉にしか見えませんし食べても豚肉としか思えませんが大豆です

チャーシューは豚肉にしか見えませんし食べても豚肉としか思えませんが大豆です

このラーメンがすごかった!

まず、チャーシューなんですが「見た目・食感・味わい」すべてにおいて動物性の肉にしか思えない味わい。

でも、これ原材料は「大豆」なんだそうです。

肉すぎる肉じゃないチャーシューは私も初めて食べましたが、なるほどこれが「アインソフジャーニー」の実力なのかと感心しました。

ヴィーガンとは思えない完成度の高いラーメン

ヴィーガンとは思えない完成度の高いラーメン

スープはパンチの効いた野菜・植物性ミルクの白いスープです。

これがまたものすごくクリーミーで野菜の旨味がつまっており、動物性食材で作られたラーメンと比較して・・・・

勝ってました

ちなみに材料は「大豆アーモンドゴマアルコールとうもろこしりんごみかん」という構成。

この材料でここまでのレベルのラーメンを作るものかと驚愕しました。

麺はグルテンフリー

麺はグルテンフリー

麺はグルテンフリーの中太麺。

固めの茹で加減で麺もかなり美味しいです。

名物の「大豆のカツレツ」もおすすめ

名物の「大豆のカツレツ」もおすすめ

大豆とは思えないヴィーガンチャーシュー

大豆とは思えないヴィーガンチャーシュー

このラーメンは2021年1月時点で京都店限定、さらに期間限定で提供しているそうです。

この驚きのラーメンがいつまで食べられるかは不明なので、食べたい人は今すぐ急ぐべきでしょう!

アインソフジャーニー京都店(河原町)

アインソフジャーニー京都店(河原町)

ジャンル「ヴィーガン料理店」
食事予算「1000円~2000円」
営業時間「12時~19時(本来は12時~17時・18時~22時)」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町538−6」
地図こちらをクリック(Google Maps)」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!