京都の千代原口に家系ラーメンがあるのは知ってた?(大勝軒)

京都の千代原口に家系ラーメンのお店があるのをご存知でしょうか? 正確には「つけ麺で超有名なラーメン店」なのですが、メニューにらしからぬ「家系ラーメン」があるのです。そのお店とは「大勝軒 千代原口店」さん。本当に家系ラーメンなのか食べに行って来ました。

京都の千代原口に家系ラーメンのお店がある


京都の千代原口で食べた家系ラーメン

京都の千代原口で食べた家系ラーメン

京都の千代原口、国道9号線沿いに家系ラーメンを食べられるラーメン店があります。

そんなお店は聞いたことがないと多くの方はそう言うと思いますが、これは嘘ではなく本当の話です。

実際に食べたのが上の写真、家系らしい海苔3枚とほうれん草トッピングのラーメンです。

家系ラーメン専門店でありませんが家系ラーメンがあります

家系ラーメン専門店でありませんが家系ラーメンがあります

実はこちら、家系ラーメン専門店でありませんが家系ラーメンがあります。

お店はアノ有名なつけ麺の「大勝軒」さんです。

4種類あるラーメンのうち、1種類が家系ラーメンとなっていて、並盛110gが730円からあります。

家系ラーメン(並、110g)730円
家系ラーメン(大、220g)830円
家系ラーメン(特、330g)930円

大勝軒 千代原口店「家系ラーメン」は本当に家系なのか?


本当に家系ラーメンなのか食べて確認してみます

本当に家系ラーメンなのか食べて確認してみます

私は関東出身なので家系ラーメンはソウルフードみたいなものです。

過去には京都で横浜家系ラーメンを食べられるお店をまとめた記事もあるほどです。


関東では有名な「横浜家系ラーメン」ですが、京都ではあまり見かけません。大阪では、最近やっとチェーン店がやってきて家系ラーメンも増加中ですが、京都で家系ラーメンが新店オープンするのは非常に珍しいことです。しかし、探せば数軒あったりします。今回はそれらを周ってレポートしたいと思います。


スープはドロッとした濃厚タイプ

スープはドロッとした濃厚タイプ

家系ラーメンには相当うるさいつもりですが、この大勝軒の家系ラーメンはどんな味わいなのでしょうか?

さっそく飲んでみると・・・・

スープは一般的な家系ラーメンよりも相当濃厚でドロッとしたタイプ、食感は濃厚鶏豚骨に似ていますが、カエシに家系独特の香りを感じます。

大筋で家系ラーメンといっても良いかなという味わいですが、大勝軒独自の仕掛けとして「魚粉」を使っているのが印象的でした。

osumituki.comで推奨している家系ラーメンとライスの食べ方

osumituki.comで推奨している家系ラーメンとライスの食べ方

osumituki.comで提唱してきた家系ラーメンとライスの食べ方も試してみましょう。

これはスープで浸した海苔をライスにのっけて、それにニンニクを足してから海苔とライスを巻いて食べるという方法です。

実際に食べてみると、家系ラーメン店で食べるのと遜色ない味わいを楽しむことができました。

麺もやや短めの太麺を使用

麺もやや短めの太麺を使用

麺はやや太めのものを使っていましたが、これはこれで家系ラーメンに合う麺です。

短めのカットなので家系専用の麺であるのは間違いなさそうです。

チャーシューは厚みのあるもの

チャーシューは厚みのあるもの

チャーシューはよく味の染み込んだもので、家系ラーメンではあまり見ないものですが、これも美味しいチャーシューです。

家系ラーメンとして普段から食べたいかといえば、少し違う気もするのですが、概ね「家系ラーメン」と言って良いと思いました。

家系ラーメンではライスを注文するのが鉄則


お墨付き!考案の「にんにく海苔巻きライス」

お墨付き!考案の「にんにく海苔巻きライス」

昔から家系ラーメンではライスを必ず注文して、スープに浸した海苔ににんにくを乗せて巻いて食べるようにしてきました。

名付けて「にんにく海苔巻きライス)」でosumituki.comが発祥の食べ方です。

もう何十年もこの食べ方をしていますが、これが本当に美味しい

この食べ方を紹介した頃はまだ知られていなかった食べ方ですが、ここ3年ほど前から家系ラーメンでこの「にんにく海苔巻きライス」を推奨するお店が増えてきました。

ご飯が少なくなってきたら、スープにつけたチャーシューをほぐしてからのせて食べると、これまた格別です。

ぜひ、試してみてください。

大勝軒 千代原口店について


大勝軒 千代原口店(店舗外観写真)

大勝軒 千代原口店(店舗外観写真)

京都の「大勝軒 千代原口店」さんは、御存知の通り池袋にあったつけ麺の名店「大勝軒」のお弟子さんのお店です。

もう23年ほど前になりますが、大勝軒ブームが来た時に私は大勝軒の近くに住んでいたので、時どきでしたが「大勝軒(江戸川橋の弟子店)」などに食べに行っていました(当時は細麺があまり好みでなかったので時々です)。

ブームもあって大行列ができるお店として当時から知られており、そこにはお弟子さんがたくさんいて、修行して全国で独立していったのです。

この「大勝軒 千代原口店」さんも、そういった独立店のひとつです。

京都府京都市西京区山田車塚町5−2
営業時間:11時~13時30分、17時30分~21時15分
定休日:月曜日
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。