はたけ菜(畑菜)初午の日に邪気払いで食べる京都にしかない京野菜

今回の「京都案内」は、京都にしかない野菜はたけ菜(畑菜)」を入手してきたので紹介したいと思います。はたけ菜(畑菜)は毎年2月の初午の日(はつうまのひ)に京都では辛し和えにして食べる(邪気払い)という風習があります。

流通量は少ないですが、実際に「はたけ菜」を入手してきました。

京都で『初午の日』(はつうまのひ)に食べる京野菜といえば?


今年は2月12日が『初午の日』(はつうまのひ)です

今年は2月12日が『初午の日』(はつうまのひ)です

今年は2月12日に『初午の日』(はつうまのひ)があり、伏見稲荷大社では『初午祭』が開催されます。

2017年 2月12日
2018年 2月7日

伏見稲荷大社では縁起物の授与などもあるという春の一大イベントですが、京都では古くから、この日に「はたけ菜(畑菜)」を食べる風習もあります。

はたけ菜は「アブラナ」に属する野菜で、京都の伝統野菜です。

京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)とは何か?


京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)

京都の伝統野菜 はたけ菜(畑菜)

京都の伝統野菜「はたけ菜(畑菜)」は2月の初午(はつうま)の日に「からし和え」で食べる風習があり、食べることで邪気払いができると信じられてきました。

実はこの野菜は京都にしかない野菜とも言われています。

一束150円で入手してきました

一束150円で入手してきました

普段から食べられるお野菜ではなく、この時期になると京都の八百屋さんで扱われます。

今回は一束150円で入手してきました。

味は少々苦みと青臭さがあるのですが、比較的クセのない味わいの野菜です。

ただし、少々保存に難があるので京都でもあまり見かけることはないと思います。

というのも・・・・

速攻でひなびていくのです。

すぐにひなびてしまうのですぐに調理しないといけません

すぐにひなびてしまうのですぐに調理しないといけません

すぐに傷んでしまうことから、八百屋さんでもあまり扱わない京野菜なんです。

でも、次の日曜日は邪気払いではたけ菜(畑菜)の辛し和えなどを食べてみるのも良いかもしれません。

ぜひ、京都の八百屋さんで探してみてください!


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせはTwitterアカウントにお願いします。