紅りょうぜん @京都「御室のよしむら」で販売スタート!実食レビュー

幻の果実「紅りょうぜん」が、京都・御室の京野菜プロショップ「御室のよしむら」さんで販売スタートしていたので早速食べてみました。とても柔らかい「すもも」の一種で、糖度13度と甘く、かぶりつくと果汁が滴り落ちてくるほどジューシーなフルーツです。

旬はわずか2週間、いますぐ食べないとなくなります。

幻の果実「紅りょうぜん」を「御室のよしむら」で入手!早速食べてみました


超フレッシュでジューシーな「紅りょうぜん」が売られているノン!

超フレッシュでジューシーな「紅りょうぜん」が売られているノン!

2018年7月3日から、京都・御室の京野菜専門店「よしむら」さんで「紅りょうぜん」の販売がスタートしていました。

紅りょうぜん?

平たくいえば「すもも」の品種で、ものすごく甘くてジューシーなことで知られています。

ちょうど今が旬・・・・なのですが、これ実は・・・・

旬はわずか2週間

なんです。

まさに「幻の果実」で、食べるなら今がチャンスです。

紅りょうぜん 実食レビュー


とても柔らかく、かぶりつくと果汁が弾けます

とても柔らかく、かぶりつくと果汁が弾けます

この「紅りょうぜん(べにりょうぜん)」は、とても柔らかく、かぶりつくと果汁が弾けます。

柔らかすぎるので、持ち帰る際にはちょっとの振動で果実同士がぶつかるのも防止しながら持ち運びする必要があるほどです。

というわけなので、その場でかぶりつくことにしました。

表皮は紅紫色、中は黄色く果汁が滴ります

表皮は紅紫色、中は黄色く果汁が滴ります

「紅りょうぜん」とても甘いフルーツですが、表皮と種の付近のほんのり酸味もあるなど楽しめるフルーツです。

糖度は13度ほどあり、甘味と酸味だけというフルーツの王道とも言える味わいです。

通常は7月中旬から出荷されるのですが、今年は何でも少し早い出荷で、2018年7月3日に店頭に並んでいました。

値段は1個100円程度、4個1パックの販売が一般的です。

紅りょうぜん 京都で買えるお店は?


京野菜・地野菜の専門店「御室のよしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室のよしむら」

では、この幻の果実「紅りょうぜん」は、京都のどこで購入できたのでしょうか。

御室仁和寺すぐ近く「御室のよしむら」さんで、今回は購入しました。

京野菜のプロショップで、本ブログでも以前から紹介させてもらっている八百屋さんです。

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

「御室 よしむら」さんの行き方ですが、仁和寺の東角の道を真南に行くとあります。

途中で踏み切りがありますので、それを渡ってすぐ右側です。

「紅りょうぜん」はすぐに売れるので数に限りがあります。旬もわずか2週間なので、入荷状況などは電話で確認したほうが良いでしょう。(075-432-7815

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~18時
定休日:日祝(2017年12月31日~2018年1月8日は正月休業)
公式サイト:https://omuronoyoshimura.com
公式Twitter:https://twitter.com/omuroyoshimura


京都の野菜無人販売を大調査してきました。京都市内の北側「西賀茂鷹峯太秦岩倉」あたりは農家さんが多くて畑も多いのですが、野菜の無人販売も結構あったりします。珍しい野菜だと「オレンジ白菜」や「鷹峯ねぎ」などがあったり、季節や地域で売られている野菜は様々です。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。