玉姫酢(タマヒメ酢)の一般販売が2021年5月末日で終了

玉姫酢(タマヒメ酢)の一般販売が終了

有名な京都の酢「玉姫酢(タマヒメ酢)」が一般販売を終了。3年ほど前にテレビや雑誌で紹介され「入手困難な幻の酢」と言われた人気のお酢です。京都市上京区の斉藤造酢店で製造販売していて、店舗に行けば入手はできたのですが、2021年5月末日をもって本当に幻の酢となってしまいました
Continue reading

京都でキジ肉が買える&食べられるお店 まとめ

京都のキジ肉(雉肉)販売店・料理店まとめ

京都キジ肉(雉肉)が買えるお店(販売店)食べられるお店(飲食店)の情報をまとめました。京都府では南部の和束町笠置町にキジ肉を購入できたり食べたりできるお店が集中しています。販売店は「キザキ食品(和束町)・ナカムラポートリー(笠置町)」の2店舗。料理店は「松本亭(笠置町)」です。
Continue reading

京都舞コーン(京都・久御山町)糖度18度コーン【青空レストラン】で紹介

京都舞コーン(久御山)直売所&通販 完全ガイド【青空レストラン】

青空レストランで紹介!京都府久御山町の「京都舞コーン直売所・通販・値段・販売期間の最新情報。京都舞コーンは平均糖度18度という甘いホワイトコーン。2021年は7月18日の週には直売所・通販での販売が終了しました。2021年7月17日放送『満天☆青空レストラン』で紹介された食材です。
Continue reading

錦 京野菜 川政 で購入「京都・西条の七草粥」パック

錦 京野菜 川政 で購入「西条の七草粥」パック

2021年1月7日は「七草粥」を食べる日です。七草とは「ほとけのざせりすずなごぎょうなずなはこべらすずしろ」のことで、早春にいちはやく芽吹く日本野草・根菜のことです。江戸時代からいち早く芽吹く野草は邪気を払うと信じられており1月7日に七草がゆを食べる風習が始まりました。京都・錦市場ではこの時期に七草のパックを買うことができるので行って来ました。
Continue reading

京丹波産「大黒本しめじ」は250gで540円程度で販売されています

大黒本しめじ @京都府京丹波町 巨大な本しめじ『満天☆青空レストラン』で紹介

京都府京丹波町の「大黒本しめじ」が2020年11月7日放送の『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。肉厚で旨味が豊富でコクのある本しめじ、大きな本しめじであることから「大黒本しめじ」と呼ばれるようになりました。京都では道の駅「スプリングひよし」で入手可能。楽天市場から通販でも購入可能です。
Continue reading

とても好みの味がする豆腐

こだわりとうふ 崎出屋 @京都・岩倉「誰が食べても美味しいと思う豆腐」実食レビュー

豆腐が美味しいお店が近くにあると嬉しいですよね? 今回は京都市左京区岩倉にある豆腐が美味しいお店の紹介です。お店の名前は「こだわりとうふ 崎出屋」さん。京都市北区と左京区で移動販売している車を見たことがあるかもしれません。
Continue reading

若菜粥、梅干し、昆布、西院小芋でいただきます

西院春日神社の若芽粥(七草粥)と西院小芋

2020年1月7日「七草粥」の日に京都市右京区にある「西院春日神社」では「若菜節句祭」が執り行われました。そのお祭りの際に「若芽がゆ(七草粥)」が毎年振る舞われ、地元の野菜「西院小芋」も食べることができるので、無病息災を祈願がてら京都の食材を堪能しにいってみましたよ。
Continue reading

小川豆腐店の白(左)と絹(右)ほとんど区別がつかない

京都では木綿豆腐を「白(しろ)」と呼び、湯豆腐には木綿豆腐が使われている

京都の木綿豆腐はなぜプルプル? そんな興味深い京都の謎が2019年7月29日放送の『新説!所JAPAN』で紹介されます。確かに南禅寺の参道にある湯豆腐屋さんの豆腐はプルプルと絹ごしのような食感ですが、実は木綿豆腐です。このプルプルな木綿豆腐こそ「京とうふ」と呼ばれるものなのです。
Continue reading

京都の久御山町にある農産物直売所「旬菜の里」

旬菜の里 @京都・久御山町農産物直売所が『Nami乗りジョニーの京街Diary』で紹介

京都の久御山町にある農産物直売所「旬菜の里」さんが2019年6月27日放送の『Nami乗りジョニーの京街Diary』で紹介されるようです。イオンモール久御山の駐車場の角にある直売所で、営業時間は「9時~17時」で、年末年始以外は無休となっています。
Continue reading