おふろの王様 相模原店 閉店!年末で閉鎖予定

おふろの王様 相模原店が平成29年(2017年)12月31日をもって閉店すると告知されています。東京建物リゾートの公式リリースで確認済です。「ゆめみ処おふろの王様 相模原店」は2014年2月に開業したスーパー銭湯。

2002年にオープンした「スーパー銭湯ざぶん」から考えると15年ほど営業していました。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店が閉店へ


ゆめみ処おふろの王様 相模原店が閉店へ

ゆめみ処おふろの王様 相模原店が閉店へ

スーパー銭湯「ゆめみ処おふろの王様」は関東では知られたスーパー銭湯ですが、その「おふろの王様 相模原店」が平成29年(2017年)12月31日で閉店となることが告知されています。

運営は「東京建物リゾート」さんで「おふろの王様」といえば人気のあるスーパー銭湯としてメディアで紹介されることも多かった銭湯です。

閉店日:12月31日 23時
入浴回数券販売:5月31日まで
入館ポイント付与:11月30日まで
ポイント景品交換:12月31日まで

閉鎖の理由は「定期借地権満了」とのことで、経営上の問題ではないとされています。

いつもおふろの王様をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
おふろの王様相模原店は、定期借地権満了に伴い、2017年12月31日をもちまして
閉店することとなりました。
長い間、ご愛顧を賜りまして誠にありがとうございました。
閉店までの間も、これまでと変わらず全力投球でお客様をお迎え致しますので、
何卒よろしくお願い致します。
尚、お持ちの回数券・御招待券等は、有効期限をご確認の上、期限内にご利用ください。
また、お持ちのポイントに関しましては、他のおふろの王様全店でご利用頂けますので
ご安心ください。

おふろの王様 相模原店

おふろの王様 相模原店のオープンは平成14年(2002年)で、相模原では15年ほどの運営実績がありました。

ただし、2002年というのは「スーパー銭湯ざぶん」として開業してからの歴史です。

スーパー銭湯ざぶん ※2002年開業
ゆめみ処ここち湯 相模原店 ※2004年~
ゆめみ処おふろの王様 相模原店 ※2014年2月に東京建物リゾート運営へ

スーパー銭湯ざぶん」は2002年にオープンして2年後に「ゆめみ処ここち湯 相模原店」にリニューアルオープンしています。

その後、東京建物リゾートさんが2014年2月に運営権を取得して現在の「ゆめみ処おふろの王様 相模原店」となりました。

神奈川県相模原市南区大野台3丁目20−19
入場料:700円(会員630円)※平日
営業時間:9時~24時
定休日:年中無休
URL:http://www.kokochiyu.com/sagamihara/


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



温泉

関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。