【みくりが池温泉】日本一高い場所にある「みくりが池温泉」標高2410mで日本一高所にある天然温泉

4/16に雪で埋まっていた「標高2410m!日本一高所にある天然温泉」が、アルペンルート全線開通にともない営業開始(オープン)となります。

山の山荘にある温泉ですが、日帰り入浴もできる「100%源泉かけ流し」「無加水」「無加温」というピュアな温泉です。

標高2410m!日本一高所にある天然温泉」

広告


みくりが池温泉

「100%源泉かけ流し」「無加水」「無加温」で、「標高2410m!日本一高所にある天然温泉」とまで売れ筋が揃っているのが「みくりが池温泉」です。

場所は富山県の立山アルペンの山の上の上。

長野と富山の中間くらいにあります。長野も富山も日本海側ですが、その間には立山と立山黒部アルペンルートがあるエリアです。もちろん、行くのが大変?

いえ、登山自体はほぼなくて、松本方面からは「関電トンネルトロリーバス」「黒部ケーブルカー」「立山ロープウェイ」「立山トンネルトロリーバス」を乗り継いでいけますし、富山方面からはアルペンルートにバスがあります。

泉質は酸性の強い(pH2.28~3.1)温泉なので皮膚病などの療養で使えます。源泉は少し北にある「地獄谷温泉」のものです。硫黄泉なので少し白く濁ります。

「地獄谷温泉」は野猿が温泉にはいるところで知られていますが、そことは違います。立山の地獄谷温泉は、源泉には入ることができません。

喫茶・レストラン(ランチのみ)・売店・宿泊施設のある山荘にある天然温泉なので便利です。また、山頂にある温泉ですが、観光地なので下水などもちゃんとしており「シャンプー・リンス」が設置されています。

富山県中新川郡立山町室堂平
入浴料:700円(シャンプー類は設置あり)
営業時間:9時から16時(日帰り)※宿泊の場合はほぼ常時
URL:http://www.mikuri.com/
Blog:http://mikuri.seesaa.net/
Twitter:https://twitter.com/mikurigaike

評判(口コミ)

飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。