花の里温泉山水館(大阪府高槻市)摂津峡渓流の露天風呂がある温泉旅館


天然温泉の旅館が日帰り利用できる


2014-05-17_190004

こちらはオススメ温泉の「美人湯 祥風苑」の本店「山水館」になります。

本格的な温泉旅館で、渓流の脇にあり景色もかなりのもの。

露天風呂は渓流を眺める最高の位置にあります。

2014-05-17_190312

泉質:ラドンを含むアルカリ単純泉


2014-05-17_190527

単純泉です。

すぐ近くにある姉妹店の美人湯 祥風苑の方は、アルカリ性ナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)なのでヌルヌルするのですが、本店のお湯はさほどヌルヌルはしません。

料金:1400円


1400円です(レンタルタオル付)。

温泉旅館で、かつ旅館の浴場にしては随分と凝っているので、この値段は妥当かもしれません。

別途貸切温泉もあります。

※営業時間と定休日と料金は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

設備:豪華


2014-05-17_190445

旅館なので豪華です。中には渓流脇の喫茶エリアもあります。私が行った時は、入るのに30分待ちでした。別に混んでたわけではなく、なにかの整備みたいなようでした。

しばし、渓流の川床でアイスコーヒーを飲みました。

2014-05-17_190251

お客は男性で5名くらいでしたでしょうか。

2014-05-17_190549

脱衣場も清潔で結構でした。
ベランダに喫煙所があったのが嬉しいですね。

2014-05-17_190734

2014-05-17_190808

お風呂は岩石風呂でした。

2014-05-17_190527

浅めのお風呂で結構広くてごきげんです。
こちらは内湯なのですが、奥の扉の先に渓流が見える露天風呂があります。そちらはたいぶ狭いです。

行き方

京都からは国道171号を大阪方面に向かい、府道6号を北上です。このルートならほぼまっすぐでわかりやすいです。

これ以外のルートだと、高槻の住宅街は迷路なので止めたほうがいいです。

ただ、わかりづらいのが高槻市立青少年キャンプ場に入った先なんです。ここで、道がわからなくなっている車が多数見受けられました。

実は、このキャンプ場に入ったところで「車立ち入り禁止」みたいな看板がある細い道が右方面にあるんです。ここを入らないと行けないのです。

近くで確認したら「みなさん花の里温泉に行く場合は入っちゃってますよ」とのことでした。細い道ですが、渓流脇の林道みたいな感じで(離合困難)、その行き止まりに花の里温泉がありました。

〒569-1051 大阪府高槻市原3−2−2(地図
営業時間:11時30分~15時、16時~20時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.sansuikan.com/

※営業時間と定休日と料金は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。


温泉

関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。