【一泊9800円】熱海ニューフジヤホテル(伊藤園ホテルズ)熱海格安ホテル


昭和の時代、関東では「温泉」というと熱海に行くことが多かったと思います。今と違って、熱海は歓楽街ですごくにぎわっていました。少し足を伸ばして伊東方面まで行くと別荘地がたくさん出来ていた時代でした。

そんな時代も1980年代にほぼ終わって、大規模ホテルであった熱海の象徴とも言える「熱海ニューフジヤホテル」も経営悪化となり、今は別の経営者が格安ホテルとして運営しています。

一泊9800円 熱海ニューフジヤホテル


2014-11-15_191934

伊藤園ホテルズの特長は「リーズナブルな価格で食べ放題飲み放題」なところです。

伊藤園ホテルズの特長
シーズン関係なく均一価格
食事はバイキング食べ放題(90分)
アルコールも飲み放題(夕食のみ)
ダンスホールがあるホテルもある

zuwai_top1

熱海ニューフジヤホテルをはじめ、11月から年末までは関東圏を中心に「ずわい蟹食べ放題」も行っています。(土曜・祝祭前日は除外)

11月半ばでもシングルプランで9400円程度で一泊できるようになっていました。

2014-11-15_192003

2014-11-15_192036

2014-11-15_192052

天然温泉大浴場


image_20140525142600_1_l

泉質は塩化物泉です。熱海は海側は塩化物泉(ナトリウム・カルシウム―塩化物)が多く、山側は硫酸塩温泉になります。後者はぶっちゃけ「単純泉」に近いです。熱海ニューフジヤホテルは塩化物泉になります。

貸切風呂もあります。

上野から往復2500円の直行バス


熱海は東京から車で3時間ちょっとくらいです。電車だと昔は185系「踊り子号」でよく行ったものです。これでも、だいたい3時間くらいかかりました。

現在は上野から直行バスサービスをやっており、なんと往復2500円で上野駅から熱海ニューフジヤホテルまで行くことができます。申し込みは宿泊するホテルに直接連絡して申し込み必要があります(インターネット不可)。

熱海ニューフジヤホテル(伊藤園ホテルズ)
静岡県熱海市銀座町1−16
チェックイン:15時
チェックアウト:12時
http://www.itoenhotel.com/

チェックアウト12時なのも嬉しいですね。

別記事:【格安スイートルーム】一泊7000円、ウェルネスの森 伊東(癒しの湯宿)伊豆格安ホテルスパ

画像は公式サイトより


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。