極楽湯茨木店-天然温泉温泉スーパー銭湯レビュー(大阪府茨木市)



庶民派スーパー銭湯


2014-09-03_011011

極楽湯は場所によっては銭湯価格でシャンプーなどがない場所がありますが、ここはスーパー銭湯と同じでシャンプーなどが設置されています。お値段は620円と安めですが、天然温泉が汲み上げられています。

極楽湯茨木店
大阪府茨木市田中町18−18
http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/tempo/ibaraki/

2014-09-03_010955

泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉


2014-09-03_011333

泉質を見ればわかりますが塩っ気のある温泉です。やわらかいお湯ですが、この手の泉質はヌルヌルはしません。

料金:620円(会員)


会員620円です。普通のスーパー銭湯で行きやすい価格です。
ただ、一般は720円します。

土日祝は720円(会員)になります。一般は800円です。

自分で印刷したクーポンを使えばだいぶ安くなります。(550円)
http://kansai.pokanavi.jp/coupon-print.php?eid=00043

使わない手はないです。

あと、極楽湯でややこしいのは「ロイヤル入浴料」と「一般入浴料」ですが、これは廃止されたみたいです。

設備:良い


2014-09-03_011349

設備が古いのと、居酒屋風デザインなので昭和臭がしますが、極楽湯は庶民派スーパー銭湯なのでどこもこんな感じです。

行き方


国道171号から府道15号を南下していれば、東海道本線の手前左手に見えます。大きな立体駐車場に「ゆ」と書いてあるのでわかりやすいです。

【総合評価】★★☆☆☆(近くに住んでるなら通いたい)


お湯は好きなタイプではありませんが、若干塩っ気もあり温泉っぽいです。


[browser-shot url=”//osumituki.com/kyotokanko/hotspring/” width=”100″]

関西圏で厳選した「お墨付き 温泉」です。全記事は右上のメニュー「温泉」からエリアで選べます。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。