出張時に便利!壬生温泉はなの湯(旧名:やまとの湯 壬生店-)天然温泉スーパー銭湯(京都府京都市)

※やまとの湯 壬生店は「2014/06/08」に閉店し、6/22に「壬生温泉はなの湯」としてリニューアルオープンしました。

滋賀県守山市にある「守山天然温泉ほたるの湯」、滋賀県甲賀市「水口温泉つばきの湯」を運営する朝陽物産株式会社がオーナーとなりました。

同時に温泉は「守山ほたるの湯」からの運び湯に変更となっています。

京都出張で四条に宿泊するならココ


2014-01-07_212631リニューアル前

2014-08-07_194234リニューアル後

京都出張では、オフィス街は四条付近にしかないため、宿泊も四条付近になるというのがセオリーです。

その四条といいますか、京都中心部でスーパー銭湯[日帰り温泉]は、ここくらいしかないので、自然と「京都出張で使うスーパー銭湯[日帰り温泉]」という位置づけになります。

2014-08-07_194248

泉質:アルカリ性単純温泉(運び湯)


2014-05-16_175545リニューアル前

2014-08-07_194717リニューアル後

内湯は白湯、露天が天然温泉(運び湯)。
3年ほど前の「やまとの湯」時代は、亀山の「タートル温泉」を使っていました。ヌルヌルする良いお湯でした。

その時からお湯は運び湯でしたが、当時は三重県亀山市の「ダイワロイヤルゴルフ倶楽部」の敷地内に湧く、良質の温泉です。以前は「やまとの湯」全店で使っていました。

しかし、経営危機で銭湯事業を親会社のダイワが切り離すことになり、「ダイワロイヤルゴルフ倶楽部」から供給されていた「タートル温泉」を使用しなくなり、その代わりに大阪市内(平野店)の「やまとの湯」から湧く別の温泉に切り替わりました。

その温泉は、無味無臭で「井戸水?」というくらい特色がなく、常連さんも「お湯がつまらなくなった」と言っていたのを思い出します。経営上の問題なので仕方のないことですが、残念な出来事でした。

2014-08-07_194448

その後、2014年に運営母体変更とともに「はなの湯」と改名し、運び湯も姉妹店の「守山天然温泉ほたるの湯」のお湯になりました。

ほたるの湯は、やや褐色で独特の麦わら臭のする「おごと温泉」に近い泉質です。湯上り後に肌がベタベタする特有の感覚があります。

しかし、運び湯で循環ろ過しているせいか、かぎりなく白湯に近い感覚でした。ただ、以前よりもやわらかいお湯であることは確かです。

また、出た時におごと温泉特有のべたつき感がありました。

料金:700円


2014-08-07_194425

平日700円、土日祝800円です。やまとの湯時代より50円安くなりました。ただし、以前の会員価格がなくなっているので実質高くなっています。

営業時間は10時から深夜1時までと変わっていません。

設備:普通


2014-01-07_212648

ごくごく普通の中堅規模のスーパー銭湯[日帰り温泉]です。中に、食事処や散髪屋などがあります。

平日でしたが、結構人が入っていました。
そのためか、脱衣所は人が多いと蒸し暑く、やや体臭が気になりました。人が少ないと涼しかったですが、もう少し冷房が効いていてもよかったかもしれません。

浴場などは変わりありませんが、露天は少し日陰が多くなっており、小鳥のさえずりの効果音を流していました。また、お香の匂いがしましたが、よくよく見ると蚊取り線香でした(笑)。

2014-08-07_194325

以前、食事処の座敷だった場所は「休憩スペース」となっており、テレビ付ソファが30台ほど設置されています。これは「守山天然温泉ほたるの湯」にあるものと同じものでした。

奥は女性専用となっていましたが、誰も使っていませんでした。あまり目立たないのか、女性も手前の方にいました。

2014-08-07_194803

リクライニングは手動ですが、テレビもついてかなり快適でした。設置数はさほどないのですが、平日で混雑していなかったので使ってみました。

2014-08-07_194749

すわり心地は上々です。これで、700円ならいいかなという気もします。

受付が入口右手の下駄箱の隣に変更されており、以前は休憩処から再入浴できない間取りだったのですが、現在は可能になっています。

2014-08-07_194823

お食事処は以前の場所に「さくら亭」としてリニューアルオープンとなりました。以前はホールから丸見えだったのが見えなくなり、改善されたように思います。

2014-08-07_194400

カットサロンやマッサージ処も以前同様残っていました。

駐車場はかなり広いので、安心して車で行けます。ただ、京都市内は一方通行が多いので、次の「行き方」にご注意ください。

2014-05-16_175409

上の食堂の写真は「壬生温泉はなの湯」リニューアル前の写真です。

行き方


上の地図はルートがズレて表示されてしまっていますが、セブンイレブンのところを左折です。

車の場合でも、徒歩でもこのルートです。
国道9号を大阪方面から、JR丹波口駅高架越えてすぐのセブン-イレブン左折です。

進むと、一方通行になるので左折。すぐ右に駐車場入口があります。地図の「スズキ鏡」の左脇です。

【総合評価】★☆☆☆☆(再訪は難しい)


2014-08-07_194735

お湯が残念すぎて、旧「やまとの湯」は行かなくなりました。

経営が変わってから、「守山天然温泉ほたるの湯」のお湯を運んできてはいるものの、白湯に近いのが残念です。

ただ、市内中心部では唯一のスーパー銭湯[日帰り温泉]とも言える存在です。長く存続してもらいたい施設ではあります。

2014-08-07_194658

お湯以外のところに結構気を使っているし、四条付近には他に天然温泉スーパー銭湯もありませんから、近くに出張などで来た場合は使ってみるのも良いかもしれません。


温泉・銭湯一式グッズを最小限にまとめる方法です。必要最低限のものをどこまで減らせるかの参考にしてください。



温泉

関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。