よだれ鶏 @京都・餃子の王将「創業50周年感謝メニュー」実食レビュー

餃子の王将が2017年10月にだけ限定販売している「よだれ鶏」を食べてきました。中国醤油を使った甘辛ダレの「よだれ鶏」で、ごはんススムためライス2杯は楽勝です。餃子もしくは麻婆豆腐とのセットがあり、オススメは餃子とのセットです。

ということで、餃子の王将「創業50周年感謝メニュー」実食レビューです。

2017年10月限定メニュー「よだれ鶏」@餃子の王将


2017年10月限定メニュー「よだれ鶏」@餃子の王将

2017年10月限定メニュー「よだれ鶏」@餃子の王将

2017年10月限定メニュー「よだれ鶏」を食べてきましたので実食レビューします。

この「よだれ鶏」は、京都が発祥の「餃子の王将」さんが「創業50周年感謝メニュー」として実施しているもので、10月だけの限定発売となっています。

国産若鶏を使い、香味ラー油のタレをかけたもので、単品だと584円(税別)です。

今回は「フェアセットB」の麻婆豆腐とのセットを食べてきましたので実食レビューします。

単品 584円
フェアセットA 843円(餃子)
フェアセットB 899円(麻婆豆腐)
フェアセットC 926円(ドリンク&餃子)

よだれ鶏 @餃子の王将 実食レビュー


フェアセットB 899円(麻婆豆腐)

フェアセットB 899円(麻婆豆腐)

ということで、こちらが「フェアセットB 899円(麻婆豆腐)」です。

いわゆる「四川料理 口水鶏」のことで、日本語では「よだれ鶏」と呼ばれています。

中国語でも同じ意味ですが、旨すぎてヨダレが出る鶏という意味です。

蒸した鶏を冷やして「ラー油山椒」のタレをかけ、「唐辛子白ごまピーナッツ白ネギもやし」がトッピングされています。

甘辛のタレがかかっておりご飯がすすみます

甘辛のタレがかかっておりご飯がすすみます

食べてみると、甘辛のタレがかかっておりご飯がすすむ料理になっています。

結構な量があるので、ライス(中)を2杯も食べてしまいました。

「よだれ鶏」というと辛いイメージがありますが、餃子の王将の「よだれ鶏」は、そんなに辛くありません。

むしろ「甘辛ダレ」になっており、辛さよりも甘味が特徴的です。

中華醤油の甘辛ダレを使った「よだれ鶏」

中華醤油の甘辛ダレを使った「よだれ鶏」

黒いタレなので、これは中華醤油を使っています。

メニューには「山椒」を使っていると書かれているのですが、いわゆる中国の山椒「花椒」のことで、これに辛みがあります。

あとはラー油ごま油は使っていると思います。

そんなに複雑な味ではないのでシンプルな材料のようです。

餃子の王将「よだれ鶏」まとめ


刻んだ白ネギと鶏でご飯がすすみます

刻んだ白ネギと鶏でご飯がすすみます

餃子の王将「よだれ鶏」ですが、甘辛ダレを使っており、辛味はさほどありません。

そのため、ご飯に合うようになっており、ライスおかわりしてしまいました。

セットで麻婆豆腐がついていたのですが、餃子のセットの方が無難だと思います。

・2017年10月だけの限定発売
・中国醤油、ラー油、山椒のタレ
・唐辛子、白ごま、ピーナッツ、白ネギ、もやしがトッピング
・甘辛いタレだが辛くはない
・若鶏なのでサッパリした肉でタレの味が重要になる
・フェアセットAの方がオススメ

価格は「フェアセットB 899円(麻婆豆腐)」とライス(中)で1142円(税込)でした。


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。