ジョンノ ハットグ(JONGNO、京都・河原町)

京都・河原町の韓国ハットグ店「ジョンノ ハットグJONGNO)」実食レビューです。2020年12月27日に開業した新店で京都では初出店となります。東京・新大久保にもある有名ブランドで韓国庶民のおやつチーズハットグをテイクアウトできます(イートインも可能)。

2020年12月27日開業「ジョンノ ハットグ(JONGNO)」京都

2020年12月27日開業「ジョンノ ハットグ(JONGNO)」京都

2020年12月27日に京都市中京区(河原町)に韓国庶民のおやつチーズハットグのお店「ジョンノ ハットグ(JONGNO)」が新店オープンしました。

12月24日からプレオープンしており、東京・新大久保にある有名店「元祖ジョンノホットク」や「ジョンノハットグ」の系列店になります。韓国では1995年に創業した人気店です。

京都では初出店で河原町の「ジョンノ ハットグ」が京都1号店となります。

今回はこの「ジョンノ ハットグ」がどんなお店でどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

ジョンノ ハットグ 京都河原町店(店舗写真)

ジョンノ ハットグ 京都河原町店(店舗写真)

場所は河原町蛸薬師を南に歩いた東側で、四条河原町からなら徒歩3分ほどのところにあります。ドン・キホーテの近くと言うと分かりやすいかもしれません。

先に紹介したネネチキンの一階にあるテイクアウトカウンターが店舗となっておりイートインスペースもあります。

住所でいえば「〒604-8025 京都府京都市中京区下大阪町350」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場や駐輪場はありません。自家用車の場合は近隣のコインパーキングを利用してください。

バイクは最寄りだと先斗町バイク駐車場があります。自転車もすぐ近くの立誠ガーデンヒューリック京都のところに駐輪場があります。

ジョンノ ハットグ 京都河原町店(店内写真)

ジョンノ ハットグ 京都河原町店(店内写真)

お店は一階が「ジョンノ(JONGNO)」で二階が「ネネチキン(NENE CHICKEN)」となっており経営は同じ会社です。

ジョンノでは韓国庶民の伝統的なおやつハットグや餅料理であるトッポギを販売していました。

二階はネネチキンです

二階はネネチキンです

ジョンノを利用する場合は一階の注文カウンターで注文して、一階のイートインスペースで食事をします。

ネネチキンを利用する場合はイートインスペース奥の階段から二階に上がってネネチキンの注文カウンターへ、二階と三階にあるネネチキンのテーブル席を使ってください。

ジョンノはハットグとトッポギのお店です

ジョンノはハットグとトッポギのお店です

メニューは「ハットグトッポギ」がメイン商品で、他にはカラフルなフルーツキャンディーがあります。

ハットグは10種類あって値段は380円~580円、トッポギは500円でチーズをトッピングすると600円です。

ポテトモッツァレラ米ハットグ(480円)
ポテトジャンボソーセージ米ハットグ(480円)
ポテトチェダー&モッツァレラ米ハットグ(580円)
ポテトモッツァレラアンコ米ハットグ(530円)
ポテトモッツァレラサツマイモ米ハットグ(580円)
モッツァレラ米ハットグ(380円)
ジャンボソーセージ米ハットグ(380円)
チェダー&モッツァレラ米ハットグ(480円)
モッツァレラアンコ米ハットグ(430円)
モッツァレラサツマイコ米ハットグ(480円)
トッポギ(500円)
チーズトッポギ(600円)
モッツァレラ米ハットグ(380円)

モッツァレラ米ハットグ(380円)

モッツァレラ米ハットグ(380円)はモッツァレラチーズをお米の生地で包んで揚げたものです。

韓国では人気のあるスナック菓子で屋台などで売られていたりもします。

チーズトッポギ(600円)

チーズトッポギ(600円)

トッポギというのは韓国の餅料理のひとつで、マカロニのような形をした餅「トック」とキャベツを甘辛いスープで食べるものです。

日本では「トッポギ」と表記されることが多いですが「トッポッキ」とも言われます。

トッポギは朝鮮半島の餅(トック)煮込んだ料理です

トッポギは朝鮮半島の餅(トック)煮込んだ料理です

今回はモッツァレラチーズをトッピングしたものを食べてみました。

日本のお餅とは少し食感が違って歯ごたえがあるお餅で食べ応えがありました。

ジョンノ ハットグ(JONGNO、京都・河原町)

ジョンノ ハットグ(JONGNO、京都・河原町)

ジャンル「韓国食堂」
食事予算「1000円以内」
営業時間「11時~22時30分」
定休日「年中無休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8025 京都府京都市中京区下大阪町350」
地図こちらをクリック(Google Maps)」

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!