2020年11月22日オープン モトイギョーザ

京都府京都市中京区、四条柳馬場上ルに餃子が食べられるダイニングバー「モトイギョーザ」が2020年11月22日に新店オープンしたのでランチ時間帯に食べて来ました。

2020年11月22日オープン モトイギョーザ


2020年11月22日オープン モトイギョーザ

2020年11月22日オープン モトイギョーザ

京都府京都市中京区、四条通から柳馬場通を北に上がったところに「モトイギョーザ」が2020年11月22日に新店オープンです。

餃子のお店ですがワインやビールなどのあるダイニングバーのようなお店で、カウンターやテーブル席で飲みながら餃子を食べるというスタイルになっています。

そのため、ランチタイムでも定食などのメニューはなく餃子サラダよだれ鶏などの一品もの」があるだけです。

一応、ごはんもあるので組み合わせて定食のように食べることもできます。

ランチメニューなどはありません

ランチメニューなどはありません

訪問した時は8割程度の混雑具合、お祝いの花で飾られた店頭はカフェのような雰囲気で目立っていました。

こちらは京都市役所から富小路通を上がったところにあるフランス料理店「モトイ(地図)」がネット通販のみで販売していた餃子の実店舗になります。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


カウンターとテーブル席がありました

カウンターとテーブル席がありました

入口を入ると少しスペースがあり、そこで順番待ちをできるようになっていました。

手指消毒液の自動噴霧器があるのでそれで消毒して入店します。

ひとりだったのでカウンター(二名ごとに透明シールドがある)に通されましたが、入って右側には2名~4名程度のテーブル席もいくつかあります。

カウンター奥に見えるのはメニューにも書かれている「手作りシロップのフルーツサワー」です。

このお店のメニューは?


餃子が4種類、あとは「ポトフ、自家農園ハーブサラダ、鶏胸肉の冷製コンフィ」だけ

餃子が4種類、あとは「ポトフ、自家農園ハーブサラダ、鶏胸肉の冷製コンフィ」だけ

メニューはかなりシンプル、食べ物は「餃子、ポトフ、サラダ、冷製コンフィ」のみです。

あとは「大原野菜ぬか漬け3種盛、ごはん」と定食にできそうなメニューもあります。

そう、ここは定食とかランチセットとかはなく、餃子で飲むお店だからです。

プレミアムパパ(餃子8個、800円)
モトイ(餃子8個、600円)
トーチ-豆鼓(餃子8個、600円)
セロリ(餃子8個、600円)
〆のポトフ(1350円)
自家農園ハーブサラダ(650円)
大原野菜ぬか漬け3種(280円)
鶏胸肉の冷製コンフィ よだれ鶏ソースがけ(780円、ハーフ400円)
ごはん普通(200円)
ごはん大盛(250円)

プレミアムパパ(餃子8個、800円)


プレミアムパパ(餃子8個、800円)

プレミアムパパ(餃子8個、800円)

餃子はいわゆる皮付き円盤餃子です。

正直、名前からはなんの餃子かはまったく分かりませんが「プレミアムパパ」というのが通販で販売していた餃子です。

人気お取り寄せとしてテレビでも紹介されているものですね。

モトイ」というのはオリジナルの肉餃子のようで、「豆鼓(トウチ)」というのは中華食材の黒豆を発酵させたもの。「セロリ」というのはそのままでしょう。

メニューの「〆のポトフ(1350円)」も水餃子のようなものでコンソメスープに餃子と野菜が入ったものだそうです。

豚肉、海老、キャベツ、ニラ、パクチーの餃子

豚肉、海老、キャベツ、ニラ、パクチーの餃子

プレミアムパパという餃子には「豚肉海老キャベツニラパクチー生姜」の餡が入っています。

食べた感じではニラの軽い香り、海老のプニッとした食感が少々、あとはお肉の味がするかしないかです。

香りも餃子らしさはなく、味もキャベツの甘みとかはありません。

それでいて皮付きの円盤餃子なので香ばしさが先に立つので、そちらの味しか分かりませんでした。

良くいえば「ワインに合うような餃子」という感じで、ごはんで食べる餃子ではありません。

鶏胸肉の冷製コンフィ よだれ鶏ソースがけ(ハーフ400円)


鶏胸肉の冷製コンフィ よだれ鶏ソースがけ(ハーフ400円)

鶏胸肉の冷製コンフィ よだれ鶏ソースがけ(ハーフ400円)

低温調理した鶏ムネ肉によだれ鶏ソースをかけて食べるのが「鶏胸肉の冷製コンフィ よだれ鶏ソースがけ」です。

ハーフサイズなので値段は400円でした。

こちらもコンフィとはなっていますが、香りや風味は薄く味があまりしませんでした。

よだれ鶏ソースはシビ辛で、それを付けて食べるようになっています。

ごはんには合わない感じ、こちらも「ワインくゆらせながら食べる鶏肉」というのが私にできる最良の表現です。

このお店への行き方や営業時間は?


モトイギョーザ(店舗外観写真)

モトイギョーザ(店舗外観写真)

この「モトイギョーザ」があるのは烏丸の河原町通から柳馬場通を上がって右側です。

お薦めというわけではありませんが、夜に飲みながらオシャレに餃子食べたいなら良いかもしれません。

の割には営業時間は20時までです。

定休日は「月曜日」で祝日の場合は営業して翌日が休みとなります。

〒604-8122 京都府京都市中京区瀬戸屋町470−2(地図
営業時間:11時~20時
定休日:月曜日(祝日は営業して翌日休み)


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。