ちゅうちゅうパッション 西日本唯一「フルーツカフェ花の木@京都」で食べてきた

幻のフルーツである「ちゅうちゅうパッション」を実際に飲んで(食べて)きました!日本では沖縄くらいでしか流通していませんが、実は京都のとある場所で「ちゅうちゅうパッション」が食べられるのです。その場所とは・・・・?

西日本で唯一「ちゅうちゅうパッション」が飲めるのは、実は京都の「長岡天満宮」なのです。

ちゅうちゅうパッション


ちゅうちゅうパッションを食べてきました!

ちゅうちゅうパッションを食べてきました!

パッションフルーツというと沖縄ですが、この沖縄に「ちゅうちゅうパッション」というフルーツがあります。

沖縄では「水レモン」とも呼ばれるのですが、出荷量がまだ少なくて2013年頃から新品種として沖縄の国際通りにあるカフェなどで飲めるようになっていました。

2013年に『月曜から夜ふかし』や『スマステ』で紹介されたこともあり、酸っぱくない甘みの強いパッションフルーツとして人気があります。

実はこれ、沖縄以外で西日本で唯一飲めるのは京都の「長岡天満宮」境内にある「FRUITS CAFE 花の木」というお店だけなのです!

ちゅうちゅうパッションが京都で飲める西日本唯一のお店がある?


ちゅうちゅうパッションが京都で飲める西日本唯一のお店

ちゅうちゅうパッションが京都で飲める西日本唯一のお店

さて、この幻のフルーツ「ちゅうちゅうパッション」ですが、ヘタの部分を切って、中の果実を吸って食べたり、ジュースなどにして販売しているお店もあります。

沖縄では国際通りにお店があるのですが、本土にはほとんどお店がありません!

西日本では、ちゅうちゅうパッションが飲める唯一のお店は1軒だけと言われており・・・・

それがあるのが京都の長岡天満宮にある「フルーツカフェ 花の木」さんというお店です。

沖縄のフルーツを使ったカフェ

沖縄のフルーツを使ったカフェ

この「フルーツカフェ 花の木」さんは、沖縄のフルーツを使ったカフェで、食事やコーヒーに、フルーツパフェやかき氷などが楽しめるお店です。

長岡京市の繁華街から少し離れた「長岡天満宮」の静かな境内にあるお店で、森の中でのんびりとカフェが楽しめるお店となっています。

7月下旬は沖縄のマンゴーがメイン

7月下旬は沖縄のマンゴーがメイン

当日はすでに7月も終わりの時期で「ちゅうちゅうパッション」が入荷された7月上旬から、だいぶ時間が経過していました。

なので、本当に食べられるのかどうか不安になりながらも実際に食べに行ってみたのです。

ちゅうちゅうパッション 発見!


沖縄ソーダに「ちゅうちゅうパッション」が付いているらしい!

沖縄ソーダに「ちゅうちゅうパッション」が付いているらしい!

メニューを確認してみると・・・・

沖縄ソーダというのに「ちゅうちゅうパッション」が付いているらしい記載がありました!

さっそく入ってみましょう!

おしゃれな店内で女子力がアップしました

おしゃれな店内で女子力がアップしました

おおおぉぉぉ・・・・

我々の天敵「オシャレ」な店内となっています。

沖縄県・超希少種!「ちゅうちゅうパッションフルーツ」

沖縄県・超希少種!「ちゅうちゅうパッションフルーツ」

カウンターには「沖縄県・超希少種!ちゅうちゅうパッションフルーツ」と書かれていました。

お値段1個500円

女子力も高めですが、HPも高めのようです。

現在はフルーツのみの販売はしていません

現在はフルーツのみの販売はしていません

これが「ちゅうちゅうパッションフルーツ」です!

ただ、旬は7月上旬くらいまでで、今はジュース(沖縄ソーダ)に付けるだけの販売だそうです。

この時点で・・・・3個

私がひとつ食べたから・・・・残2個!です。

沖縄ソーダ ちゅうちゅうパッション付 1000円


沖縄ソーダ ちゅうちゅうパッション付 1000円

沖縄ソーダ ちゅうちゅうパッション付 1000円

というわけで、実際にこの「沖縄ソーダ ちゅうちゅうパッション付 1000円」を頼んでみました。

生まれてはじめての・・・・トロピカルです。

そして、見るのはじめての「ちゅうちゅうパッション」です。

ちゅうちゅうパッション

ちゅうちゅうパッション

ドーン!

ドーン!

これが「ちゅうちゅうパッション」

これが「ちゅうちゅうパッション」

小さい種が果実の中につまっている果物で、この種と果実を吸って食べるのだそうです。

食べてみると、さほど酸っぱくないトロトロした果実で、種はやわらかく食べることができました。

やわらかいゼリーみたいな食感

やわらかいゼリーみたいな食感

甘味は強く、いかにもトロピカルな味わいが口の中に広がります。

やわらかいゼリーみたいな食感で、その中に入っているスイカの種のやわらかい小さいものをプチプチと食べているような感覚が楽しめるフルーツとなっていました。

甘くてかなり美味しかったです!

フルーツカフェ 花の木 基本情報


テラスもあるしゃれたお店

テラスもあるしゃれたお店

というわけで、今回は京都の長岡京市にある「フルーツカフェ 花の木」さんで、幻のフルーツ「ちゅうちゅうパッション」を食べてきました。

お店の方も「西日本ではココだけ」と断言しておりました。

早い者勝ちです。

残2個です(笑)

もし、食べられない場合は来年になったら食べに行くか、通販で買うしかありません。

広告


新パッションフルーツ冷凍ちゅうちゅう約1Kg(約16個入り)(●冷凍便)沖縄県/城間さんが有機肥料農薬不使用で栽培

京都府長岡京市天神2丁目15−13
営業時間:11時~18時
定休日:木曜
URL:http://www.fruits-hananoki.com/


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。