【めだかcafe】メダカ大好きっ子専用カフェでメダカ300匹を眺めるメダカcafe

京都市北区に新しいカフェができました。めだかだらけの喫茶店です。なんだそれ。

メダカ好きっ子という非常にニッチな業界があります(?)

メガネ好きっ子ではありません。「めだか」です。

【めだかcafe】2014年7月15日、京都市北区の御薗橋近くにできた喫茶店


medakacafe

洒落たお店です。

中には、めだかの水槽がたくさん並んでおり、席でメダカを愛でることができます。

コンセプトは悪くありません。

今回、入ってないけど、いくつか理由があります。

コンセプトは悪くないけど、改善点はたくさんありそう


2015-03-08_170116

「めだか300匹展示・販売中」

これを紙に印刷したものではなく、ちゃんとするか取ってしまえば、おしゃれなカフェで通用しそうです。

2015-03-08_170547

表もスクーターどけて、立て看板を大きく綺麗に書けば、客入りそうな気がします。

メニューのライトのコードも雑な感じで、入口の透かしみたいなトレードマークも目立っていませんでした。

この辺が気になって、入ってまで紹介すべきか悩みました。

表面は入店判断のポイントなので、そこらへんが気になってしまいました。

私が半年以上も何度も前通って、気が付かないレベルなので、もうちょっと気をつかってもいいのかなって思いました。

改良メダカを飼育するカフェ


「改良メダカ」を飼育するカフェのようです。メダカは詳しくないのでコメントしがたいところがあります。3倍速とかでしょうか?

3月は「ミシシッピニオイガメ」がいるとの話もあります。

コンセプトは悪くないし、好きなことを仕事にするのも成功への道だと思います。

コーヒーは400円からとのことですが、コーヒーの種類は結構あるみたいで、コーヒーも凝ってそうです。コーヒー好きなんで、今度は入ってみようとは思います。

京都市北区大宮南田尻町53
営業時間:11時~16時、18時~22時
定休日:不定休
Blog:http://ameblo.jp/satootoshio/

北大路駅からは市バス「京都産業大学」行き、または「西賀茂車庫前」とか乗れば、近くまで行きます。

系統でいえば「3」「4」「9」「37」「46」「北3」とか乗れば、なんとかなります。


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせはTwitterアカウントにお願いします。